プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

通院日2018/06/05~近況など

派遣で工事現場に通って3か月が過ぎました。早起きはだんだん慣れてきたけど、南武線の混雑にはなかなか慣れません。(^^;)

これから暑い時期に向かい、体力が保てるか心配の種は尽きません。仕事がある前日はお酒も控えています。

そういうなか先日6月5日は午後のお休みをもらって検査・診察に行ってきました。

結果:
クレアチニン: 1.52   前回 1.61
血中尿素窒素: 13.1    前回 12.1
尿酸値: 6.5   前回 6.4

検査数値は安定しているのですが、尿たんぱくと血尿の結果が相変わらず悪いままです。この状態でクレアチニンが上がらないのも珍しいといわれています。

そういう事で次回は8月7日です。
スポンサーサイト

フルタイムで働き始めてから初の通院日でした。

3月の初めから川崎にある工場敷地内の建設現場で通訳・翻訳の派遣社員として朝8:30~夕方17:30まで働くことになりました。

同じところに毎日通う通勤は最初の会社の一時期にあった程度でほぼ初体験です。体や心が耐えられるか心配でしたが、案の定、血圧が上がりました。(^^;)派遣で働くのも初めてなのでまだまだ戸惑ったり、少しイライラしたりとかありますね。

そんな中、先日の火曜日は通院日でした。

結果:
クレアチニン: 1.61   前回 1.45
血中尿素窒素: 12.1    前回 14.5
尿酸値: 6.4   前回 6.8

クレアチニンが上昇しましたが1年前にも、もっと悪い数値が出ているので変動誤差範囲かもしれず、一応経過観察です。

血圧は上が120を超えた朝は降圧剤を2錠飲むようにして様子を見ることになりました。

担当医がまた代わりました。半年ごとに異動があるようで今回の担当医も後1回で別の医師になるようです。
若い世代の医師に様々な分野を経験させるのは医療サービス提供側にとってはいいことなのでしょうが、患者にしてみれば(苦手な担当医でない限り)余りうれしいことではありません。彼らの経験が患者のメリットとなって帰ってくることを願います。

腎臓内科検査からのバックインタウン

昨日は今年初めての腎臓内科通院日でした。

年末からはしゃぐ機会が多く、体重オーバーも何度か繰り返しての2月。低たんぱく食事療法もダレダレになりがち。
いつもながらの不安を抱えての採血・検尿でした。

結果:
クレアチニン:  1.45  前回1.54
血中尿素窒素:  14.5  前回13.1
尿酸値:  6.8  前回6.7

尿たんぱく、尿潜血は依然として出続けています。(^^;)

クレアチニンが3回続けて下がったのはいいニュースと言えるでしょう。何とか今年も現状維持できますように。

夕方からはバックインタウンへ益田洋さんのソロ・ライブへ。益田さんのステージを見に行くのも随分と久しぶりです。前回は2009年の秋だったかな?

昨夜は、それこそ10数年前、新橋のライブハウスまで一緒に益田さんのライブを聴きに行った飯塚さんとご一緒できました。お店で昨年の緑ギタークラブの定期演奏会に僕が持って行った差し入れのお返しを頂いたのですが、僕の差し入れしたのよりも随分と高価なものを頂き、この調子で贈り物を重ねていけば僕は「わらしべ長者」みたくなるのでは、と思いました。(笑)



ひたすらにギターを弾く益田さんは、なんとなく修行者のような雰囲気があります。
お酒もかなり飲んで、飯塚さんと楽しいお話もできたひと時でした。

益田さん、飯塚さん、ありがとうございました。

通院日でした。〜今年も腎機能35%をキープ

今日は今年最後の通院日でした。

またまた担当医が変わりました。(^^;)なかなか担当医と患者との関係を築くのが難しいですね。
最初の担当医は検査入院から扁摘パルス、寛解の状態まで診てもらい、それなりに信頼をしていたので、ここ数年の担当医の頻繁な交代は残念です。

検査結果は:
( )は前回値

クレアチニン  1.54 (1.56)
BUN 13.1 (9.2)
尿酸値 6.3 (6.7)

と、まぁまぁの線で収まりました。

通院日12・5

今年は中盤にクレアチニンが1.6を超えて、悪化の兆候か?と気をもんだのですが、今のところeGFR=35をキープできているようです。

さぁ、年末年始モードに入ります。(笑)

通院日でした。〜下降が一旦止まる(^◇^;)

昨日は7週間ぶりの通院日でした。ここ2回続けてクレアチニンの上昇があり、今回も上がっていたらIgA腎症の再発はまず間違いないのかな、と恐れていました。

なんとか現状維持は出来たようです。(^^;;
( )は前回値

クレアチニン 1.56 (1.67)
BUN 9.2 (12.8) 低っ!
尿酸値 6.7 (7.2)

本人は一喜一憂してますが、冷静に見れば日単位の誤差範囲内でしょうね。(・・;)

ちょうどこのブログを立ち上げた頃からの腎不全記録ですが、当時からブログを通して知り合った方や、閲覧オンリーでフォローしてきたブログ主さん達にもいろんな変化が起きて来ました。私の状態よりもずっと重症だった方達の多くは、すでに透析に入られたり、透析が現実的になったりしてます。私と同じ位の症状だった方達は現状維持だったり、悪化したりしているようです。

いつまで、この状態を維持できるのか分からないと言うのはなかなか慣れる事が出来ません。

扁摘パルスを実施した頃からお世話になってきた栄養士さんが急遽異動になり、ご挨拶出来ないままにお別れすることになりました。とても真面目に患者と向き合ってくれた方でした。博士課程を目指しておられたので、頑張って欲しいです。

次の通院日は9週間後になりました。

通院日でした~5年前を思い出すようなトレンド(-_-;)

今日は通院日。

尿たんぱくが出続けています。(-_-;) これがクレアチニン上昇と連動しているようです。

クレアチニン: 1.67  (前回1.58)
BUN: 12.8  (前回15.3)
尿酸値: 7.2  (前回6.8)

担当医からは「脱水?」と聞かれたけど、結構気にして水は取っていたつもり。
推定GRE が35を切りました。2013年に扁摘パルスをした時は最大クレアチニン2.2、eGRFが24まで落ちました。

IgA腎症であることから、今のところ経過観察して、また悪くなるようであればたんぱく制限をもっと厳密に管理することになるようです。

打つ手がないまま悪くなっていくのを見るのは嫌なもんですね。(-_-;)

通院日でした~いいニュースは無い。(-_-;)

8週間ぶりの検査・診察。今回は骨塩定量検査も受けました。結果は次回。

検査結果

クレアチニン: 1.58 (前回 1.48)
BUN: 15.3 (前回 11,7)
尿酸値: 6.8(前回 7.0)

尿たんぱく、潜血反応共に+2、炎症反応を示すCRPが基準値越え、と今回はいいニュースが無く、担当医は「それほど気にする値ではない」と言ってましたけど、正直凹みます。

ステロイドパルスのきっかけになったIgA腎症が原因の炎症反応がどのようなものだったか過去のデータをじっくり見てみる必要があるかもしれません。

次回の診察はお盆の真っただ中8月15日です。

通院日でした 〜 新しい担当医

2か月以上たっての通院日でした。

大学病院という事なのでしょうが、異動とか個人都合とかで、腎臓病が分かってから今回で5人目の医師になりました。
印象としてはとても真面目そう。健康診断受けてるか!とか、運動はしてるか、とか、いろいろ聞かれました。初めてという事もあるのでしょうね。

尿たんぱくや尿潜血反応がなくならないのも気にされてるようです。

次回は骨密度検査も入りました。

数値は変化なし、といったところです。

クレアチニン: 1.48 (前回 1.49)
UA: 11,7 (前回 15)
尿酸値: 7.0 (前回 6.2)

思えば、最初に検査入院でここに来たのがもう8年も前の事になりました。

2月21日通院日記録~その他近況

一週間前の通院記録をアップしていませんでした。
Mihoちゃんがリオデジャネイロのカーニバル参加&観光で不在になったタイミングで確定申告提出やら見たかった映画を観たりとかいろいろと慌ただしかったと言う言い訳ですが…(-_-;)
主な数値です。
クレアチニン: 1.49 (前回1.47)
BUN: 15 (前回13)
尿酸値: 6.2 (前回6.0)
尿潜血も尿たんぱくもそれぞれ変わりない、と言うか最近は常に+が出ています。(・_・;)
またまた担当医が代わることになりました。おかげで次回の通院日は11週間後の5月9日です。
いつかは透析になるのだろうと思っていた2~3年前と違って、最近は「ひょっとしたら透析を受けずに人生を終えることができるかも?」と言う根拠のない期待感を持ち始めています。3か月のアメリカ旅行の後も数値に変化が無かったこともその一つの理由ですが、その期待への根拠は「気分」でしかないことも頭では理解しているのです。
数年前、慢性腎臓病が分かったころ、僕とさほど差の無い慢性腎臓病患者さんのブログをフォローしている中で、悪化していった人、何年も維持できている人、それぞれが存在します。悪化する、しない、それぞれのメカニズムの違い自体、個人差、原疾患、食生活、いろんな要素によって決まるのでしょうから、Aさんが大丈夫で悪化しなくてもも私には何の関係もないこともあり、その逆もあるのです。
僕に残された人生の時間、腎臓の持ちこたえる期間、そしてお金が尽きる時期、これらのバランスがうまくいけばいいのに、と思うのですが、単にさっさと死んでしまえばいいのですよね?(笑)
さて、Mihoちゃんが出かけて一週間、最初のうち、少し調子に乗って外食と飲酒が続きました。^_^; 今週は少しペースダウンしています。

通院記録&近況など

20日、火曜日は今年最後の通院日でした。

ここのところ、数値が安定しているせいか、気持ちがたるんできていて食事管理がちゃんとできていません。
14日はYuta君夫妻と飲み会。16日の金曜日はYuta君のライブがあったカフェで飲み、土曜日も5Crownsで飲みと外食が続いていました。

そんな中での検査結果です。

クレアチニン: 1.47 (前回1.43)
BUN: 13 (前回12)
尿酸値: 6.0 (前回7.1)

尿潜血が上がりました。(-_-;) なかなかひきません。
悪玉コレステロールが上がりました。 薬を半分に減らしたからかな?

医師は「脂っこいものは控えてみましょう」と言ってたのだけど、栄養士さんは「悪玉コレステロールと食事の内容はあまり関係が無い」と言ってました。普通にたんぱく制限と塩分制限をしていれば食事のせいで悪玉コレステロールが上がることは考えにくいそうです。

何とか今年も顕著な悪化が見られずに終わりホッとしています。
腎機能を記録し始めてからもう7年以上たちました。当時から腎不全保存期に関する情報をブログなどで発信されていた人たちの中にも透析に入っていった方が何人かおられます。その方たちは、それまで出来てきていた自己管理が功を奏しているようにも見えます。

自分もこれからちゃんと自己管理できる状態になっていけるかが、病状が悪化した時に大事な事だろうと思います。

でも、年末年始は余り気にせず飲み食いしようと思います。IgA腎症が再燃しない限り、そうそう悪化しないことは分かりました。
ただ、IgA腎症がいつ再燃するかが分からないところが不安ですね。


毎年クリスマスにはMihoちゃんとクリスマス・イルミネーションを見に行くようにしています。
今年は横浜のみなとみらいへ。


そして北海道にいるYuta君とシゲ子さんからお芋やらが届きました。ありがとうございます。マッシュドポテトを作ります。