FC2ブログ
プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通院日~血圧が急に…、そして尿たんぱくが止まらない(-_-;)

今日は、派遣になって初めて有給休暇を取り病院に行ってきました。

実はここのところ血圧が急に上がって気になっていたので、腎機能の方もやばいのでは、とおびえていました。
いつもいつも、通院日が来るたびに、こうやってビクビクするってみっともないとは分かっていてもどうしようもありません。その程度の人間なのです。

本日の担当医は2年前アメリカ旅行に行ったころに担当だった人で、大学病院のシステムでいろいろとローテーションしているようです。

気になる検査結果です。

クレアチニン: 1.45   前回 1.45
血中尿素窒素:  14.9   前回 13.4
尿酸値: 6.9   前回 6.8

腎機能はあまり変わらず、と言ったところで一安心でしたが、尿たんぱくがまた上がってました。(-_-;)
血圧の上昇の原因が何だか分からないのですが、それなりの体調の変化が影響したのかもしれません。

尿潜血とか尿たんぱくが相変わらずと言うことはIgA腎症が「寛解」したとはとても言えない状態のようです。そのこともあってかもしれませんが、担当医から「Bスポット療法」の話が出ました。塩化亜鉛溶液を用いた慢性上咽頭炎の治療法のようで、IgA腎症患者さんのブログで読んだことがありました。

担当医としては特に進めるわけではないけれど、そういう情報も患者に与えておいたほうが良いと判断したそうです。ただ、この「Bスポット療法」、めっちゃ痛いらしいんです。痛みに弱い僕としては…(;'∀')

とりあえず、降圧剤を増量してもらい、次の検査は12月18日となりました。
スポンサーサイト

通院日20180807~しぶとく…

8月7日は通院日でした。

ここまでの1ヶ月間というもの、記録的猛暑、落ち続けた現場事務所のブレーカー、断熱性能の低い事務所やらで、エアコンが入っていても室内温度が昼を過ぎるとドンドン上がる状況で、ほんとうに久しぶりの夏バテでした。工場敷地内を朝と夕方には報告業務で往復1キロ以上歩くので、平日の歩数は軒並み1万歩超え。

朝、現場に着くと汗びっしょり。夕方、帰宅すると汗びっしょり、と言う毎日で、風呂上がりの酒が増え、体重も上がりました。

血圧も上下5ポイント程上がり、食事も酒に合わせて塩気の多い物が増えました。

何もいい要素が見当たらず、前回1.5台だったクレアチニンも1.7を超えてなければ御の字、とビクビクして採血。

ちなみに、いつも読んでいるブログで「腎不全あるある10」と言う記事を読み、思い当たることばかりだったのだけど、その中でも「他人のクレアチニン値がやたら気になる」と書かれた部分には自分の心を見られた気がしました。

自分のクレアチニン値より高い人の事を読めば、何となくホッとして、自分より低い人の事を読むと羨ましく思う、と言う風に「自分と言う人間の小ささ」が見えるのです。

さて、診察室に呼ばれても検査結果を聞く前に、いかに夏バテだったか、酒も体重も増えた事、まるで言い訳をする子供の様に医師に話しました。

「でも、そんなに悪くなってないですねー。」by医師

は⁈

前回よりクレアチニンの値、下がってた…(@_@) (検査誤差範囲だろうけど)

なんで?

Mihoちゃん曰く「少しキツイくらいの仕事が体にいいのかも?」 オイ!

尿たんぱくがまた増えたのが不安材料ですが、肝機能も大丈夫で、尿潜血も減ってました。

今回も現状維持、達成できて胸を撫で下ろしてます。

結果:
クレアチニン: 1.45   前回 1.52
血中尿素窒素:  13.4   前回 13.1
尿酸値: 6.8   前回 6.5

食事療法もかなりずさんになり、記録も血圧と体重くらいしかトラッキングしておらず、疲労がたまって(いると感じてます)も数値に目立った変化がない、ということは、結局何をやっても悪くなる時はなるし、ならない時はならない、という事なのでしょうか?

いつか、またIgA腎症が再発したら、もうそれで最後まで行ってしまうのでしょうかねぇ?

それでも、変化なしは「いいニュース」でした。お盆休み(自宅警備員的な生活をしてた頃は「お盆休み」とか関係なく休んでましたが)はゆっくりと楽しみたいと思います。

派遣生活も折り返し(のはず?)

3月から始めた人生初(しかも人生残り少なくなってから)の派遣労働者生活も4か月半が過ぎ、一応11月までの話なので、計算上は折り返し地点に達しました。と言うことでいろいろとここまでに思ったことを、経験したことを手短にまとめて「備忘録」的に残しておこうと思います。

1.通勤はやっぱり辛い。
これだけの期間、首都圏で電車通勤するということは今までありませんでした。混雑する電車は予想はしていましたが、やはりとても嫌でたまりません。人々がいら立ちを隠さず、他人を突き飛ばすように歩き、ホームで乗客整理をする駅職員に肩をぶつける人などを見ていると、この通勤システムは確実に人心をむしばんでいると思います。電鉄会社の不動産を高く売るための混雑はどうにかしてほしいものです。

2.腎機能は今のところ横ばい。
2月の中頃から、朝は5時半に起きるように生活を変えてきたのだけど、それもストレスになったのでしょうか、4月の中頃までは血圧が10~15ポイント上がり、降圧剤を一時的に増やしました。4月に少し落ちた数値も6月の検査では少し改善し、今のところ目立った悪化は見えないようですが、ここしばらくの夏バテはどう影響するでしょう。

3.現場事務所のトイレや水は大事。
5月の連休過ぎまで現場事務所には水道もトイレもありませんでした。発注者の工場の下水システムへの接続ができなかったことによるのですが、これには本当に困りました。仮設のトイレは汚くて臭くて、100mほど離れた工場のトイレを使っていましたが、これも和式便器下おいてなく、嫌でした。

4.夏バテしました。
水道が引かれて、トイレ生活も改善されると、今度は厳しい暑さが襲ってきました。一応エアコン完備の現場事務所なのですが、フル稼働すると、すぐにブレーカーが落ちる事態が続き、事務所内でうだる日々が続きました。首に保冷剤を巻くタオルをしてもほとんど役に立たず、これもとても体にこたえました。皆さん、年寄りは見かけ以上に弱ってます。気を遣ってやってください。
数日前に仮設電気の盛替えでやっとブレーカーが落ちることはなくなりましたが、午後はやはり事務所内は暑くなります。(^^;)

5.翻訳・通訳への理解が足りない。
まず、翻訳と通訳のそれぞれに求められるスキルが理解されていない。スキルを十分理解しないままに採用して、低品質の翻訳や通訳をしてもチェックできる人がなかなかいない。翻訳に至っては「日本語の文章が優先する」と書けば英文の品質なんか知ったことか、ぐらいの態度が見られたことも。それじゃ、ちゃんとしたコミュニケーションは取れないよ。
中途半端に英吾ができる人が、翻訳者や通訳のチェックも受けずに文書を提出し、「??」となるような英語を使う。用語の統一もできない。困った事だ。

6.後一か月半は頑張る。そうすれば有給がつく。
派遣契約では6か月働くと10日の有給がつくらしい。これは僕にとって9月から。11月までに全部使い切るつもりなので、それが楽しみ。

7.評価するのは主に外国人
発注者は欧州国籍とアジア国籍の混成チーム。日本人も含めて英語は皆にとって第二外国語。彼らも英語の文章はあまり書くのが得意ではないと感じることも多い。そういう彼らにとって通訳・翻訳の品質は敏感に感じ取られるのだと思う。
日本人に比べて人を褒めたり批判したりすることに抵抗が少ないのもあると思うが、僕の通訳・翻訳を褒めたことがあるのはすべて外国人。日本人は通訳・翻訳を頼りにはするけど、その品質を評価する基準を持たないせいか、褒められたことはほとんどない。
まぁ、いいです。僕の英語も建設知識もBクラス。それらがうまく組み合わさってここで働くことができていることはラッキーというしかない。

8.通勤時の習慣。
通勤には1時間くらいかかるけど、ほぼ毎日Podcastでアメリカのリベラル・メディアの報道番組を聴いています。英語で会話する機会はそれほど多くないので、自分のリスニング能力だけでも上げておこうという認識です。通訳案内士の受験のころからやっていたので、最近は耳に入った言葉を頭の中で文字起こしする訓練もやってます。これはなかなか疲れるけど、これくらいしか自己訓練の方法が見つかりません。

また気がついた事をツラツラ書いてみることにします。

通院日2018/06/05~近況など

派遣で工事現場に通って3か月が過ぎました。早起きはだんだん慣れてきたけど、南武線の混雑にはなかなか慣れません。(^^;)

これから暑い時期に向かい、体力が保てるか心配の種は尽きません。仕事がある前日はお酒も控えています。

そういうなか先日6月5日は午後のお休みをもらって検査・診察に行ってきました。

結果:
クレアチニン: 1.52   前回 1.61
血中尿素窒素: 13.1    前回 12.1
尿酸値: 6.5   前回 6.4

検査数値は安定しているのですが、尿たんぱくと血尿の結果が相変わらず悪いままです。この状態でクレアチニンが上がらないのも珍しいといわれています。

そういう事で次回は8月7日です。

フルタイムで働き始めてから初の通院日でした。

3月の初めから川崎にある工場敷地内の建設現場で通訳・翻訳の派遣社員として朝8:30~夕方17:30まで働くことになりました。

同じところに毎日通う通勤は最初の会社の一時期にあった程度でほぼ初体験です。体や心が耐えられるか心配でしたが、案の定、血圧が上がりました。(^^;)派遣で働くのも初めてなのでまだまだ戸惑ったり、少しイライラしたりとかありますね。

そんな中、先日の火曜日は通院日でした。

結果:
クレアチニン: 1.61   前回 1.45
血中尿素窒素: 12.1    前回 14.5
尿酸値: 6.4   前回 6.8

クレアチニンが上昇しましたが1年前にも、もっと悪い数値が出ているので変動誤差範囲かもしれず、一応経過観察です。

血圧は上が120を超えた朝は降圧剤を2錠飲むようにして様子を見ることになりました。

担当医がまた代わりました。半年ごとに異動があるようで今回の担当医も後1回で別の医師になるようです。
若い世代の医師に様々な分野を経験させるのは医療サービス提供側にとってはいいことなのでしょうが、患者にしてみれば(苦手な担当医でない限り)余りうれしいことではありません。彼らの経験が患者のメリットとなって帰ってくることを願います。

腎臓内科検査からのバックインタウン

昨日は今年初めての腎臓内科通院日でした。

年末からはしゃぐ機会が多く、体重オーバーも何度か繰り返しての2月。低たんぱく食事療法もダレダレになりがち。
いつもながらの不安を抱えての採血・検尿でした。

結果:
クレアチニン:  1.45  前回1.54
血中尿素窒素:  14.5  前回13.1
尿酸値:  6.8  前回6.7

尿たんぱく、尿潜血は依然として出続けています。(^^;)

クレアチニンが3回続けて下がったのはいいニュースと言えるでしょう。何とか今年も現状維持できますように。

夕方からはバックインタウンへ益田洋さんのソロ・ライブへ。益田さんのステージを見に行くのも随分と久しぶりです。前回は2009年の秋だったかな?

昨夜は、それこそ10数年前、新橋のライブハウスまで一緒に益田さんのライブを聴きに行った飯塚さんとご一緒できました。お店で昨年の緑ギタークラブの定期演奏会に僕が持って行った差し入れのお返しを頂いたのですが、僕の差し入れしたのよりも随分と高価なものを頂き、この調子で贈り物を重ねていけば僕は「わらしべ長者」みたくなるのでは、と思いました。(笑)



ひたすらにギターを弾く益田さんは、なんとなく修行者のような雰囲気があります。
お酒もかなり飲んで、飯塚さんと楽しいお話もできたひと時でした。

益田さん、飯塚さん、ありがとうございました。

通院日でした。〜今年も腎機能35%をキープ

今日は今年最後の通院日でした。

またまた担当医が変わりました。(^^;)なかなか担当医と患者との関係を築くのが難しいですね。
最初の担当医は検査入院から扁摘パルス、寛解の状態まで診てもらい、それなりに信頼をしていたので、ここ数年の担当医の頻繁な交代は残念です。

検査結果は:
( )は前回値

クレアチニン  1.54 (1.56)
BUN 13.1 (9.2)
尿酸値 6.3 (6.7)

と、まぁまぁの線で収まりました。

通院日12・5

今年は中盤にクレアチニンが1.6を超えて、悪化の兆候か?と気をもんだのですが、今のところeGFR=35をキープできているようです。

さぁ、年末年始モードに入ります。(笑)

通院日でした。〜下降が一旦止まる(^◇^;)

昨日は7週間ぶりの通院日でした。ここ2回続けてクレアチニンの上昇があり、今回も上がっていたらIgA腎症の再発はまず間違いないのかな、と恐れていました。

なんとか現状維持は出来たようです。(^^;;
( )は前回値

クレアチニン 1.56 (1.67)
BUN 9.2 (12.8) 低っ!
尿酸値 6.7 (7.2)

本人は一喜一憂してますが、冷静に見れば日単位の誤差範囲内でしょうね。(・・;)

ちょうどこのブログを立ち上げた頃からの腎不全記録ですが、当時からブログを通して知り合った方や、閲覧オンリーでフォローしてきたブログ主さん達にもいろんな変化が起きて来ました。私の状態よりもずっと重症だった方達の多くは、すでに透析に入られたり、透析が現実的になったりしてます。私と同じ位の症状だった方達は現状維持だったり、悪化したりしているようです。

いつまで、この状態を維持できるのか分からないと言うのはなかなか慣れる事が出来ません。

扁摘パルスを実施した頃からお世話になってきた栄養士さんが急遽異動になり、ご挨拶出来ないままにお別れすることになりました。とても真面目に患者と向き合ってくれた方でした。博士課程を目指しておられたので、頑張って欲しいです。

次の通院日は9週間後になりました。

通院日でした~5年前を思い出すようなトレンド(-_-;)

今日は通院日。

尿たんぱくが出続けています。(-_-;) これがクレアチニン上昇と連動しているようです。

クレアチニン: 1.67  (前回1.58)
BUN: 12.8  (前回15.3)
尿酸値: 7.2  (前回6.8)

担当医からは「脱水?」と聞かれたけど、結構気にして水は取っていたつもり。
推定GRE が35を切りました。2013年に扁摘パルスをした時は最大クレアチニン2.2、eGRFが24まで落ちました。

IgA腎症であることから、今のところ経過観察して、また悪くなるようであればたんぱく制限をもっと厳密に管理することになるようです。

打つ手がないまま悪くなっていくのを見るのは嫌なもんですね。(-_-;)

通院日でした~いいニュースは無い。(-_-;)

8週間ぶりの検査・診察。今回は骨塩定量検査も受けました。結果は次回。

検査結果

クレアチニン: 1.58 (前回 1.48)
BUN: 15.3 (前回 11,7)
尿酸値: 6.8(前回 7.0)

尿たんぱく、潜血反応共に+2、炎症反応を示すCRPが基準値越え、と今回はいいニュースが無く、担当医は「それほど気にする値ではない」と言ってましたけど、正直凹みます。

ステロイドパルスのきっかけになったIgA腎症が原因の炎症反応がどのようなものだったか過去のデータをじっくり見てみる必要があるかもしれません。

次回の診察はお盆の真っただ中8月15日です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。