プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

江部先生のムック版楽譜集



ふと、思い立って、これまでに買った江部先生のムック版の曲集を引っ張りだして見ました。

曲の多くは別途、出版されていたり、マイナーな焼き直しだったりしますが、この中でしか見られない曲もあったりします。

再版とかないムック版なので、意外と貴重かも知れません。

見直してみたら、あれやこれや、好きな曲だけでも僕が一生かけても弾けきれないほどの数です。

大事にしなければいけません。
スポンサーサイト

江部先生の告別式

先日亡くなられた江部賢一先生の告別式が12月28日午後0:30から近くの市が尾で開かれ、僕も参列してきました。
小さめのセレモニーホールはご家族、親戚の方たち。
入り口にある待合スペースは来訪者が立っている人も含めて20人ほど。僕が案内された二階の部屋もあっと言う間に埋まってしまい、全体で60~70人ほどだったでしょうか。
音楽葬と言う形式でBGMはご家族が選ばれた曲、ボサノバやビートルズが流れる式でした。
入院中の病院で息を引き取られる前に、病室内のいろいろなものを見渡して「Fmaj7だね」と言われたとの事でした。
先生、カッコ良すぎます。
また、先生の曲の数々、チャレンジさせてもらいます。天国で聴いてくださいね。

江部先生がワタミでよくオーダーしていたとん平焼き。写真はウェブから拝借。

江部先生。この一冊

江部先生の著作との出会いは大学を卒業したての頃、僕が25歳前後だったでしょうか?
それまで、ギター向けの映画音楽、ポピュラー音楽、ボサノバなどの曲集が少なかった頃、斉藤まもる氏の曲集ぐらいしか興味がわかなかった僕でした。

江部先生のこの曲集を手に入れて間もなく僕は建設会社のアメリカ駐在員として日本を離れました。アメリカにいた16年間、ずっと手元にあったにもかかわらずろくすっぽ弾きもしなかったギターでしたが、日本に戻りギターを再開してから改めて江部先生のアレンジの秀逸さに気付くようになりました。

江部先生の曲集から一冊をあげるとしたら迷わず、この一冊です


椎野みち子さんの紹介で江部先生のご自宅にお伺いした時に頂いたサインも残っています。

江部先生、ありがとうございました。

昨晩遅く、ギタリストの益田さんのFBで江部賢一さんが亡くなられたのを知りました。

昨年の手術以降、先生の体力を考慮して直接お会いするのを控えていましたが、再会する機会なく、この様な事になり、残念です。

江部先生のアレンジに会ってからもう30年以上の月日が経ちましたが、今でも多くの楽譜、曲集が私の音楽とギターの手引きとして手元にあります。

一年ほど、先生に直接レッスンを受けた事はとても貴重な財産になりました。これらはこれからも私のギターの強い支えになってくれることでしょう。

江部先生、本当にありがとうございました。

古い楽譜②~クラシックやらゴンチチやら

昨日は横浜市青葉区の山内地区センターの図書館に行って古い楽譜の寄贈について情報をもらってきました。

基本的に洋譜やムック(定期刊行誌の増刊号など)を除き受け付けてくれるそうです。

今回公開するのは以下の楽譜です。

クラシック・ギターのコンクールや発表会で使われる曲を集めたクラシックギター曲集の発表会用ギター名曲集2/中川信隆・監修


内容はリンク先を参照ください。

セゴビア編による「ソルの20の練習曲」
難しいけどソルの練習曲はとても美しいのが多いですね。




次は僕が大学時代に読んでいた「現代ギター」の増刊号として35年くらい前に出された曲集3冊。


解説が乗っている本誌の方はこれまでに捨ててしまっていて商品価値はゼロです。収録曲は見づらいとは思いますが、写真を見てください。





最後はゴンチチのスコア譜、3冊。アコースティック・ギターを弾き始めた10数年前に買い込んだものです。

それぞれの情報は下記のサイトでどうぞ。
GONTITI DUO~Just Two Guitars
ゴンチチ GUITARS
ゴンチチ ベスト