プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

パブリックコメント

外国人である僕が余計な事をと思われるかもしれないけど、折角、こういう制度があるのだから、日頃思っていることを書いて送ってみたらどうでしょう。

http://www.sentakushi.go.jp/

自分がどの様な職業についているかも明らかにしてね。原発賛成であろうと反対であろうと。
スポンサーサイト

いっそのこと汚染ガレキなんか、日本全国に撒き散らせ。

そうすれば、少しはフクシマの被害者の気持ちが分かるんじゃないのだろうか。

所詮、川の向こう岸から、野次馬よろしく、あーしろ、いやそーしろ、と騒ぎ立てているだけの人間じゃないのだろうか、僕たちは。

昨日と今日の10時からのNHK総合テレビは真剣に見てしまった。疲れた。

新潟県柏崎市は原発マネーが最も多く支払われているにもかかわらず、市の財政は赤字なんだって。

原発マネーは「ハコモノ」にしか使えないという事で(これもどーかと思うが)、採算性など度外視した公共施設をジャンジャン建てて(さぞかしゼネコンが潤ったのだろう)、それが年々赤字を垂れ流しているという。

どっかの博物館みたいなところは、維持管理費が年間収入の100倍とか、どれだけ思考回路を汚染させれば、そういう芸当ができるのか、失礼ながら笑ってしまった。

原発を誘致する自治体も、原発を推進する側も、「明るい未来」などと言う理念など見えない。あるのは自分の生活、自分の生きてる間の「金」だけだ。

原発反対側にも同じような奴らがいる。

青森県は電事連の寄付金は県全体の市町村に配分されるのだそうだ。一時期、原発建設反対運動が盛んだったころ、反対運動をしている人たちが県内の他の市町村から来ている人たちが多いことに気付いた電事連が、この青森県に限っては「カネ」を、全県規模でばら撒いたのである。

その後、原発関連施設は問題なく建てられてきている。

結局、カネか。

番組に出てくる、元村長とか、元市長、元役人、元官僚、元電力マン、何故か、ずいぶんと穏やかな顔をして話をしているのが、何だか気味が悪かった。

今日放送された、南相馬に残った(取り残された)人たちの顔と比べると、同じ日本人とはとても思えない。


原発やめますか?人間やめますか?

経産省前の座り込みの様子を見てきました

仕事が無い午後、ツイッターで知った「女たちの経産省前座り込み」の様子を霞が関まで電車に乗って行ってきました。

KC3V0022


先週行われた「原発いらない福島の女たち」の座り込みを、それを受け継いだ「連帯する女たちの座り込み参加者一同」が行っている座り込みです。

これまで、反原発デモにも参加していないし、反対運動も実際に目で見ないと感じ取ることが出来ないのでは、と言う思いから出かけたという所です。

カンパと署名はしました。

いろいろなチラシをもらいました。ざっとチラシを読んでみると、いろいろな立場や考え方をベースにした「反原発」運動があるのが分かります。

それぞれのグループの主体やメインとするテーマは微妙に違いますが、それでも原発に反対する点で協働していると考えればいいのでしょう。

ただ、それは逆にマイナス面もあるのだと思います。

沢山のグループが同じレベルの統率や正当性を持つのは難しいかもしれません。

中には、政治理念、組織方針、はたまた経済的理由が反対の動機になっている場合もあるでしょう。それは全体の運動に対してマイナスの効果を生むこともあるでしょう。

僕はなかなかこう言ったグループの一員になって活動することが出来ないのですが、原発反対の立場を、維持しつつ、彼らの活動を見守りたいと思います。

カンパは彼らの行動を全て是認するというより、権力に対して行動を起こしたことへの共感からのものであると思っています。

避難しなくてはいけない人を避難させるどころか…

所詮、仮設構造物で核燃料を覆っただけの施設に、更に接近して住まわせようとするとは、僕の理解を超えている、と言いたいところだが、4月以降の政府、東電、原子力ムラの対応を見ていると、特に驚くにあたらない。

緊急時避難準備区域、30日に解除へ

お金や支援者、仕事に不自由しない人は、より安全な所へ自主、いや自費避難することができるが、そういうリソースの無い人は心ならずも安全上、差別的な扱いを受ける。基本的な人権が護られていない。

もし、避難区域を解除した後に、また大地震が起きて、また避難しなくてはならないような放射能漏出が起こったら、どうするつもりなのか?

「安全ですよ」と言う「おまじない」のご利益が無い事はもう実証済みなのに。

人の安全、健康、特に子供たちのそれを犠牲にしてまで守ろうとしているお金や企業に何の価値があるのだろう。