プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

新しい?それとも本来の「ゴジラ」映画?

今、話題になっている「シン・ゴジラ」を見てきました。

感想は面白かったし、よく出来た映画だと思います。少なくとも前回見たアメリカ制作の「Gozella」よりは、優れた映画だと思います。

 子供の頃観ていたゴジラ映画は、いわゆる怪獣プロレスの様なものでしたし、さすがに今となっては、そう言う類のものには興味はわきません。その点、今回のゴジラ映画は、ある程度の大人でないと楽しめないものでしょう。

 監督の庵野さんはエヴァンゲリオン映画で知られている方らしいですが、エヴァンゲリオンを全く知らない僕には未知の存在でした。映画の後、30代くらいのカップルの人が「エヴァだよね〜」と言ってたのが印象的です。

 


メイン・テーマにゴジラを持ってきたのは必然なのか、単にメッセージを運ぶ媒体だったのかは分かりませんが、ゴジラ自体よりも人間、社会、そして政治がメインに置かれていたと感じます。

見方によっては反核であり、また自衛隊礼賛でもあり、反米的でもあり、親米的でもあります。その辺の作りは面白いのでは無いでしょうか。

英会話のCMにでて流暢な英語を披露している石原さとみは、少々映画に不釣合いな位に目立つ存在でした。実際、あんなキレイに文法ばっちしの英語を喋るアメリカ人がいる事自体が不自然。(笑)
スポンサーサイト

最近見た映画

60歳になった途端、シニア割引が使える映画を見る機会が増えました。
面白い映画を見たときの興奮は格別だし、面白くない映画もシニア割引のおかげで(?)ガッカリ感も軽減されます。

9月26日に見たのは「ピエロがお前を嘲笑う(ドイツ映画)」でした。(新宿武蔵野館)

英語以外の言語の映画を見るのも久しぶりでした。
字幕が頼りなのですが、僕が座った席からスクリーンを見ると、丁度字幕の出るスクリーン下方に前列に座っている人の頭が丁度かかっていて、同頭を動かしても字幕の中央部分が読めないことに気が付き、仕方なく、席を立って最後部の立ち見スペースで2時間近く立ち見することになりました。

立ち見で映画を見るとか何十年ぶりでしょうか?足が疲れた。

映画の内容は5点満点で3~3.5と言ったところでしょうか?
「どんでん返し」が売りのようですが、ハッカー・ストーリーにこだわらなくても、この筋は可能かな、とも思います。ハッカー・ストーリーであればこそのどんでん返しも作れたかとも。

ハッキングの世界と言うかコミュニティの環境を暗い地下鉄の車内のシーンを使って描写している部分は、すぐにはその意味が分からず(年寄なもので)、少しの間戸惑いました。字幕が読めなかった最初の10分程度の内容もちょっとした理解不足につながったかもしれません。

DVDで見るならお勧めかも。

9月30日には、久しぶりにMihoちゃんと二人で有楽町角川シネマで上映されていた「Dearダニー 君への歌」を観てきました。
カップルで観るにはお勧めできるハートフル・コメディ映画の王道の様な映画です。オープニングに流れる「イマジン」に涙が出そうになりました。
アル・パチーノの演技がとにかく光っていて、それだけでも観る価値があると言ってもいいかもしれません。
個人的にはヒゲ面のアル・パチーノってロバート・ダウニーJrに似てると思いました。

コメディー映画には余り高得点は付けない僕も5点満点で3.5点は固いと思いました。

DVDでも十分楽しめる映画です。

日本のいちばん長い日~新旧のヴァージョンを観た感想

一昨日、「ジュラシック・ワールド」を観に行ったついで、と言っては映画製作者の人には失礼かもしれないが、同じ映画館で上映されていた「日本のいちばん長い日」を併せて観てきました。シニア割引があったのが大きな理由ですが、たまたま昭和42年に公開された旧ヴァージョンの「日本のいちばん長い日」がNHK-BSで放送されたのを録画していたので、見比べてみるのも面白いだろうと思ったのです。旧作が上映されたころ僕は中学に入ったばかりで、まだ怪獣映画とか若大将とか忍者映画の方がメインでした。

それぞれの解説についてはウィキペディアの項目を参照してください。



まず、旧作品と大きく異なるのが「昭和天皇」です。旧作品では(松本幸四郎が演じたとされています(声のみ?))天皇は体の一部、後姿、遠景でしか映されておらず、その扱いには当時、存命されていた昭和天皇への配慮が強くうかがわれています。一方、新作では本木雅弘が天皇を演じ、この映画における大きな要素を果たしています。ただ、本木の演じる天皇の所作には旧作の影響が見て取れました。

50年近くの時を経て、天皇の存在が変化し、それに対して社会も対応を変えてきているのを実感します。

旧作同様、新作でも鈴木貫太郎首相と阿南陸相がメイン・キャラクターですが、阿南陸相を演じた役所広司はとても良かったと思います。旧作で三船敏郎が演じた阿南陸相のイメージはそのままに、更に、家族や部下、兵士を気遣う人柄も出せていたと思います。振り返ってみれば三船敏郎って「三船敏郎のイメージそのまま」の役を演じる事がほとんどだったのに対し、役所広司はシリアス、サスペンス、コメディなど様々なシチュエーションに対応できる俳優です。その面では役所広司は三船を上回る俳優と言っていいと思います。

上映が終わった時に、親と来ていたらしき中学生か高校生の女の子が「全然、わかんなかった(^_^;)」と言っていたのを耳にしました。

確かに史実に関する知識なしに見ると、この映画はとても分かりづらいです。話の流れや登場人物の解説がほとんどなく、理解がおぼつかないうちにストーリーがどんどん展開し、誰と誰がどういう理由で、どういう思いで連携し、反発しあっているのか混乱してくると思います。

昭和天皇と、二.二六事件で瀕死の重傷を負った鈴木貫太郎の関係など、僕もNHKの歴史秘話ヒストリアを見ていなければ知ることもなかったでしょう。阿南陸相が最後までポツダム宣言受諾に抵抗したのにはどういう理由があったのかも必要な予備知識だったかもしれません。

その点において旧作は新作より分かりやすいドキュメンタリー映画の要素を織り込んでいます。



この映画の最初の30分ほどはナレーション(仲代達也)が多用された、ドキュメンタリー映画のような作りです。それによって予備知識のない人にもある程度の背景情報が与えられています。

新作では取り上げられていた阿南陸相や鈴木首相の家族に関するストーリーはほとんどありません。それによって映画のテンポが良くなっていると感じました。

この映画を観る前は旧作に出演された方たちの中には戦争の記憶を生々しく持っている人もいるので、その記憶が演技を通して伝わってくるのでは、と言う思いがありました。それは今年観た映画「SELMA(邦題グローリー)」を見たときに感じた思いに似ています。

ただ、この旧作映画においては役を淡々と演じる人と、狂気を演じる人とのコントラストの方が目立ちました。

黒沢年男演じる畑中少佐、天本英世の演じる佐々木大尉(横浜警備隊隊長)は秀逸だったと思います。 新作でそれぞれを演じた松坂桃李、松山ケンイチは残念ながら十分にその役を演じ切れていなかったようです。それは本人たちの責任と言うよりは映画の作り方なんだろうと思います。

余談ですが、加山雄三もチョイ役で旧作に出ていて、黒沢年男と加山雄三が共演したラブコメ映画を確か小学生のころに怪獣映画と併せて観た記憶がよみがえりました。(^_^;)

映画全体のつくりとしては、やなり旧作は「反戦」を意識した作りです。軍の意向に従ってばかりの大新聞、終戦前夜に飛び立つ特攻隊を歓喜の声で送り出す民衆の描写も、戦争を身近に感じていた人たちの意識の表れだろうと思います。

どちらか一つ、と言われたら躊躇なく旧作と答えます。ただ、新作の方も、昭和天皇、鈴木首相、阿南陸相の演技はお金を払って観ても損はないと思います。録画した昭和42年の「日本のいちばん長い日」はDVDに残して長く保存したいと思います。

最後に「ジュラシック・ワールド」について。

突っ込みどころ満載です。それを楽しむならお勧めです。(笑)

映画「しあわせのパン」~絵本そのもの、と言っていい映画

昨日の日曜日はOgarinさんと一緒に映画「しあわせのパン」を見に行ってきました。

上映館が限られていて、ネットで上映時間を調べて、まず行ったのがラゾーナ川崎の109シネマ川崎。

とてもたくさんの人出で、おまけに広場に韓流男性グループが来るらしく、余計に混雑していました。人ごみはとても苦手です。(-_-;)

で、映画館に行ったら、次の上映時間は夜の10時頃からしかないとのことにショ~~~~~ック!!
(」゜ロ゜)」

ネットで調べた先のサイトの表記間違いか、僕の「認知症」の進行による間違いかは、確かめられなかったけど、さぁ、どうしよう、という事になりました。

で、川崎→東神奈川→鴨居で、「ららぽーと横浜」に行けば4:45の上映に間に合う、と判断し、また電車に乗って移動。疲れる話ですが、僕のミスの可能性はあるので文句は一切言いませんでした。(笑)

「ららぽーと横浜」で少し時間をつぶして、入った所が、「プレミア・スクリーン」と言う、100~150人くらいの収容人数のスクリーンで、座席スペースはとてもゆったり、リクライニングまでします。\(@O@)/

普通の映画館のように座席がスプリングで跳ね上がるタイプでもなく、僕らの後ろの列は「カップルシート」になっていました。

20120212CA6VIAV1


多分、スクリーンの割り振り上、たまたまこうなったんでしょう。

さて、映画ですが、この映画を見る前に必ずお腹を満たしていってください。空腹で見てはいけません。お腹が鳴ります、絶対。

賞賛も、否定も余り強く出ない映画だろうと思います。

北海道の自然はきれいです。

出てくるパンや料理はどれも美味しそうです。

映像もシンプルで整っていました。

原田知世は可愛いです。

大泉洋も悪くありません。

心温まるストーリーです。

絵本のような、いや、絵本そのものといっていいほどの映画だと思います。原田知世の真っ直ぐな立ち姿や身のこなしを見ていると、ますます絵本の世界のように思えてきます。

ストーリーに破たんも無ければ大きな盛り上がりもどんでん返しもありません。

男女関係、親子関係、夫婦関係もシンプルに描かれていて、奇をてらった部分は一切ありません。

そういう映画です。

先日、BSで放送されたので僕も初めて見た「かもめ食堂」と同類に称されることもあるようですが、全然違います。「かもめ食堂」を期待するとがっかりするでしょう。

突っ込もうと思えばいろいろ突っ込む所はありますけれど(あんなところで、経営は成り立つのか、とか)、「絵本」だと思えば、何でもありなのです。

それを受入れられる方ならば「おすすめ」です。

あがた森魚がアコーディオンを弾くシーンが印象に残っています。その曲が、以前、奈緒美さんがライブで弾いたミュゼットの曲に似ていたのです。

調べてみたら「LOVE& SPRING(愛と春)」と言う曲で、実際にあがた森魚を映画で指導された方の演奏をYouTubeで見つけました。



何度も言いますが、「空腹で見に行ってはいけない」(笑)

そうだ、映画館に行こう…

ここ数か月の間に見た映画をいくつかさらっとおさらいしてみよう。(順番は見た時期とは必ずしも一致してません。)

『フェア・ゲーム』(Fair Game)

比較的評価が高い割には、あまり知られていないようです。
アメリカのブッシュ政権によるイラク攻撃の理由となった「大量破壊兵器」、つまり核爆弾が実際は存在しなかったのは、既に知られているけれど、その裏ではどのような事が進められていたかは、当時の政権中枢にいた人たちが口を開かない限り、この映画を見ても本当の所は分からないだろう。
骨太のいい映画だと思います。全てを真実ととらえるよりも、あくまでエンターティメントとしてとらえることが大事ではあるけれど、戦争の裏には、軍需の恩恵をあずかりたい産業界を含め、「戦争をしたくてたまらない人たち」がいることはしっかり頭に留めておきたい。

少し昔、ジャック・レモンが出演していた「ミッシング」と通じる雰囲気があるように思います。

5点スケールで4点。


『ハングオーバー2』The Hangover Part II

1作目をDVDで見たときは、久しぶりに面白い映画を見たと思いました。
このパート2は、1作目を「忠実」に踏襲した、「ベタ」ともいえるパート2ムービーでした。
ストーリーの設定、品の無さ、スピード感は1作目を上回ってはいるけれど、笑いのエッセンスは基本的に1作目をコピーしているので、それ程の違いは感じません。違いを感じないからこそいいと思えるパート2です。
これを見る人は、「必ず」1作目をDVDで見てください。そうしないとパート2の面白さは半減です。
僕は娘と観に行きましたけど、若い女性は結構「ヒイテ」しまうかも。

5点スケールで4点。


『ステキな金縛り』

ここの所の三谷幸喜作品は、ちょっと宣伝がおおげさじゃないか、と感じています。
出演者はいつも豪華です。演技派の俳優さんもそろっています。
ただ、なんだろう。笑えないんだなぁ、今一つ。
『THE 有頂天ホテル』みたいなオムニバス形式じゃないのに、メインのストーリーと主人公がはっきりしない。
西田敏行の落ち武者が「あの世」に帰る部分が全く描写されなかったのも合点がいかない。『ラヂオの時間』はそこそこだったけど、最近の三谷幸喜は…

5点スケールで2点。


『ニューイヤーズ・イブ』 (New Year's Eve )

2011年のアメリカ映画。大晦日のニューヨークを舞台にしたロマンティック・コメディ映画。
もう、単純にアメリカらしい、とてもとても軽い映画。(笑)
いくつかの男女の恋模様がオムニバス形式で繰り広げられ、あり得ないだろう、と言う展開も、「まぁ、ホリディ・シーズンだからいいとするか」的なノリで無視できるのかもしれない。
もともと、大きな期待はしない分、満足度はそれほど低くなかった。楽しい1日を過ごすには、これぐらい「人畜無害」の映画がいいのかもしれない。(笑)

5点スケールで2点としたい所だけど、少なくとも楽しい1日をぶち壊さなかったので4点(笑)。


『宇宙人ポール』(Paul)

TBSラジオ「キラキラ」や、同じくTBSラジオ「宇多丸のウィークエンド・シャッフル」で「絶賛」されていた映画。スピルバーグ作品や、様々な宇宙人ストーリー、SF映画(特にスター・ウォーズ)のパロディやオマージュがてんこ盛りです。

どれだけ過去の作品からの引用部分があるかは、本当にオタクの人しか分からないでしょう。
「宇多丸のウィークエンド・シャッフル」のシネマ・ハスラーで紹介されたときのポッドキャストがこちら:
http://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20120107_hustler.mp3

映画自体はとても面白い物でしたけど、事前情報のおかげで「ハードル」がやや高くなっていた感じはします。
映画のあちこちにちりばめられたパロディや引用も、僕には分からない所もかなりあったと思います。
少なくとも以下の映画を見て、よく知っていないと、余り楽しめないかも。
「E.T.」、「未知との遭遇」、「スター・ウォーズ」、「スター・トレック」、「Men In Black」etc.

5点スケールで4点。


『ロボジー』

娘のお勧めで一緒に観に行きました。
映画を見た後で「ジーサン」役の五十嵐信次郎がミッキー・カーチスだったと分かってビックリ(笑)。
ストーリーは単純で、展開はいいテンポでした。2時間の上映時間が短く感じたのは久しぶりでした。
突っ込みどころは結構あるし、ちょっと無理がある展開、よく分からない演出もあり、矢口監督の他の作品に比べて、それ程にインパクトを感じない映画、と言った印象はぬぐえませんでした。
ただ、吉高由里子は、その「壊れっぷり」が非常に良く演じられていました。あれって、彼女の「素」なのか?
サントリーのハイボールのCMの吉高由里子を思い出してもらうと丁度いいかな?

5点スケールで3.5点。


いやぁ~、映画ってほんっとに面白いですねぇ~(笑)