プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう点眼薬まで処方されたよ・・・(´д`)

今日はステロイド治療の副作用の可能性のある緑内障のモニタリングのための眼科検診でした。

もともとは近所の眼科クリニックで良かったはずなのですが、クリニックで「視野狭窄」の疑いを指摘され、大学病院へ「差し戻され」たのです。(^^;)

今月初めの診察の際、多少左目に狭窄の傾向が見られるということで、眼圧に問題がなければ、元の眼科クリニックで引き続き様子を見る、ということだったのですが・・・

今日は眼圧検査の後の診察で、緑内障予防、眼圧管理の点眼薬を左目に処方されました。

次から次に薬が増えていきますね。トホホ

次回は9月9日、また大学病院です。凹
スポンサーサイト

久しぶりの我が家~服薬管理計画開始

病院で最後の昼食を食べた後、歩いてすぐの自宅に行き、荷物をおろして、ちょっと休憩。

近いけど、坂があるので、重い荷物にサイレント・ギターは結構疲れるのです。

少し回復してから、近所へお買い物。

とにかく、種類が増えた薬の服用をどれだけ確実にできるかが、まず、慣れていかなければいけないことだと感じています。

入院期間中は1週間単位の処方で、他にする事も余りないので、割と各自に服薬できますけれど、日常生活ともなると、ちょっとルーチンが乱れただけで飲み忘れの可能性は高くなります。

入院中、まず、使ってみたのが、iPhoneアプリの「お薬ノート -薬歴・服薬管理-」です。

飲むタイミングの少しあとぐらいの時間を設定しておけば、iPhoneの画面に「通知」が表示されます。アプリに入って登録するまで、ずっと通知し続けのかどうかは試していませんが、その機能があればもっといいでしょう。

次に、このアプリの設定に従って、月曜日の起床時に飲むフォサマック、月曜と木曜の朝食後飲むバクタ、そして曜日ではなく、隔日に飲むブレドニン、と頭が痛くなってしまう服薬スケジュールを手帳にマークしました。

まぁ、汚いですが、徐々に改善を試みてみます。実は、最初、ブレドニンの開始日を間違えて、大量にホワイトアウトを使うことになったのです。(T_T;)

image_20130404170319.jpg

最後ですが、最も効果があると思われふる、ピルケースの利用です。

image_20130404170242.jpg

僕と同じようにステロイド治療で隔日のブレドニン服用が必要な人は多くの人が1週間用ピルケース、1日4回復薬のタイプを購入されていますが、変則的なのはブレドニンの服用だけで、他はどの週も同じです。

そこで、僕は1日4回復薬、1週間用ピルケースを二つ購入し、ブレドニン服用が、「日、火、木、土」のパターンと、「月、水、金」のパターンの物を一つずつ作り、現時点の週に適用されるケースを上に置き、これが空になった時点で、下のケースと入れ替え、できるだけ早く再補充するのです。

再補充するピルケースには、予めどのセルにブレドニンが入るかマークをしておけますので、補充でのミスも少なくなるはずです。

外出時に持ち歩くピルケースも二種類。一つにはフォサマックを含む完全版と、もう一つはフォサマックのみ覗いたパターンです。

まずは服薬の習慣を身につけること、その次に副作用に関する初期評価をして行こうと考えています。

食事療法はこれまでの内容を調整・改善していく部分が多いので、しばらくは優先順位が低いでしょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。