プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日と月曜日は…(&肌寒い朝…)

今日は丸1日、気持ちが沈みがちでした。

昨夜は選挙速報を見ながら、カナディアン・ウィスキーを飲んだのですが、どうも最近、量は多くないにせよ、飲む日数が増えていて、それが睡眠に影響を及ぼしているのか、単に心理的にダウナーな状態にあるだけなのか、よく分らないモヤモヤがついて回ります。

今朝の血圧も、本当に久しぶりに135を超える高さで、これは寒さのせいもあるとは思うのだけど、グッドニュースとは言えません。

降圧剤を服用し始めてからの冷え症もあって、今日の気温の低さは少々びっくりしました。あわてて、ジャージやらフリースのパーカなどを朝から引っ張り出して着込んでいました。

料理を作る気も起らず、三食ともありあわせ、というかチョー手抜き。

何かをしていることが、欝に陥らない最善の手段とは分かっていても体が動かない、そういう1日でした。

ギターを弾いていても、やけにお尻が痛くて(折りたたみのスチール・スツールで丸い座面がとても小さい)なかなか続けることもできませんでした。

こう言う時、一人暮らしだから寂しくなっていると思いがちなのですけど、それだと余計に鬱になりそうなので、「一緒にいないこと、そばにいないこと、それ自体が寂しさを生みだすのではなく、人との心のつながりを失った時に初めて寂しさを感じる」と思うようにしています。

ところで、果たして、僕の心はいまでも誰かとつながっているんだろうか?

明日は腎臓内科の診察日です。
スポンサーサイト

投票日に思うこと。

今、練習中の曲に「星に願いを」があります。この歌の最初の部分は

When you wish upon a star
Make no difference who you are

となっていますが、直訳すれば、「星に願いをかける時、あなたが誰であるかは問題ではない」という訳になるのでしょうけど、投票も似たようなものです。

投票する人が大富豪であろうと、一国の総理大臣であろうと、キムタクであろうと、生活保護を受けている人であろうと、ヤクザであろうと、リストラにおびえるサラリーマンであろうと、その一票は皆同じ重さを持っているはずです。(一票の格差問題を無視すればの話ですが)

政治家に「しっかり仕事をしろ」と思っている人は多いだろうし、実際、チャンと仕事をしない政治家が多すぎるのかもしれないけれど、今、政治家に望まれるのは「政策立案」とか「予算作成」とか言った、いわゆる管理能力、マネジメントの力では無く、指導者、リーダーシップの能力だろうと思います。

俺たちが当選させてやったのだから、俺たちの事を優遇するのは当たり前だと選挙民が思っている限り、政権政党が自民・公明であろうが、民主であろうが、何も変化しないでしょう。

多くの人に、より良い社会を作るのは市民一人一人が社会に貢献する必要があること、困っている人を一人でも救おうとする姿勢を身につける必要があることを訴え、納得させるだけのリーダーシップのある人こそが政治家にふさわしいのだろうと思います。

そして、政治家には学校で優秀な成績を収めたり、企業で大儲けをする人が尊重される社会よりも、本当に心優しい人が、少しでも心安らかに生活できる社会を作っていく事を訴えていってほしいと思います。

投票の一票は大事ですけれど、それで選挙民が「みそぎ」が済んだとは思わないことが大事です。

アメリカでオバマ氏が大統領に選ばれたとき、マイケル・ムーアはメーリングリストの登録者に向けて、「これからが本当に険しい道のりなのだ。これからも一人一人がオバマを支えること、彼が過ちを犯したらそれを見過ごさないこと、社会的活動に参加していくことがアメリカを良くする道なのだ」と言った内容のメールを送りました。

マイケル・ムーアのすべてに賛同するわけではないけれど、彼がメールで述べたことは間違ってはいないと思います。

引っ越し後、初めての来訪客

昨日(金曜日)、大学が夏休み真っ只中の娘が遊びに(食べ物、買い物をたかりに?)やって来ました。これまで、僕のアパートに来た人は宅配便以外の人はおらず、ましてや「泊まりがけ」など初めての初めてです。

ランチを食べて、駅周辺の文具店、雑貨屋、ユニクロなどをウィンドー・ショッピングしてから、アパートに戻りました。狭いアパートに、あれやらこれやら詰め込んでいるし、玄関ドアを入ったら、すぐに浴室があって、ちょっとビックリしていました。

午後は、娘はクーラーを効かせた部屋を独り占めして、水彩で絵を描いたり、ゲームをしたりしてくつろいでいました。

僕の方は、前夜も余り寝つきが良くなかったので、少し部屋で休憩をしていましたが、小さな仕事が夕方入ったので、そちらの準備作業に入りました。

夕方は、また駅前に、今度はショッピング。娘は水彩画用の筆、画用紙、そしてユニクロで衣類少々、僕はまたまたユニクロで下着、パーカなどを購入。そのまま居酒屋に向かって二人で飲み会。

思えば、娘と二人で、サシで飲むなんて、父親の夢のようなものですよね。

アパートに戻って、DVDプレーヤーの小さい画面でワンセグTVを見ながら、グダグダと二次会。ちょっと最近飲み過ぎかな?

今朝は僕が先に出かけて、娘は少し後になってから、たまプラーザへ帰ったようですが、また泊まりに来てくれるかなぁ?

090828_mirabakesso


ちょっと調子が…

昨日は初めて、でんぷん茹でうどんと塩分調整だしつゆを使ったウドンを昼食にとってから、センター南駅近くのノースポート・モールに出かけました。

娘とカミさんも合流して、二手に分かれてウィンドウ・ショッピング。適当な靴を探していたのですが、サイズの合うものが無くて、今回はパス。他の二人がおやつを食べたいと言ったので、フードコートで軽くスナックを取り(僕は持参の低たんぱくおにぎり1個)、その日1本目の映画を見に行きました。

1本目の映画は「サマーウォーズ」。「デジモン」と何となくかぶっているらしいのですが、「デジモン」を見たことが無い僕には、その辺は余り気になりませんでした。

なかなか良質の、面白い映画だと思いました。この監督の「時をかける少女」の方が、深みのあるストーリーだったような気もしますが…

映画の後は、再びフードコートで夕食。僕はビーフ・ステーキを選び、肉を半分ほど娘とカミさんにあげて、残っていた、もう一つの低たんぱくおにぎりで済ませました。ちょっと固いビーフだったけど、久しぶりで美味しかったです。

二本目の映画まで、まだ時間があったので、また、抹茶カフェのようなお店で飲食。もう、ドンドンお金が出て行った1日でした。

二本目はレイト・ショーで「ナイト・ミュージアム2」。これは単純に笑える映画で、それなりに楽しめました。でも、やはり1作目の方がストーリー的に面白かったなぁ・・・

帰りはエスカレーターが殆ど動いていなくて、ビルの外に出るのに右往左往しました。(汗)

他の二人をアパート前まで見送って、12:20頃に電車に乗り、帰り着いたのは1時前。それから、シャワーを浴びて、寝ようとしたのですが、睡眠導入剤を飲まなかった所為が、全然眠れず、仕方なく、3時過ぎに起きだして、DVDを見ながらお酒を飲んでしまいました。

今日は午前中にちょっとした仕事があったのですが、ボーっとした頭で何とかこなしました。実はもう一件、小さな仕事の依頼がが夕方から明日の朝にかけて入っていたのですが、夜に仕事をするのは出来るだけ避けたいと思い断りました。こんな調子だからお金が減る一方。

これから、少し休憩に入ります。

いきなり秋のような涼しい夜風

日中はさほど感じなかったけれど、陽が沈んでから、ぐっと涼しくなりました。シャワーの後はパジャマ代わりに半パンとTシャツだったのだけど、今日は下はパジャマを引っ張り出しました。そろそろタオルケットだけでは寒いのかもしれません。

先週から勝手に「夏休み」を決め込んでいますが、まだ続いています。もう、心配してもお金が増えるわけでも無し、仕事が来れば、貧乏暮らしがその分先延ばしされるだけのこと、と割り切ってノンビリしています。さすがに来週辺りからは焦り始めると思いますが・・・

タンパク質の摂取量を急に減らした所為でしょうか、体重が10キロ以上落ちたようで、少しスリムな体型になったのはいいのですが、着るものがなくなってきて、正直お金がかかってます。

ジーンズのウエストがサイズ29インチになったのはうれしかったのですが、この下にはくボクサーブリーフがLサイズのままで、ジーンズとサイズが合っていなくて、腰周りがしっくり来なかったので、今日はユニクロでMサイズのものを買ってきました。

シャツの類も、ほとんどブカブカで、どうしようかと思います。

明日は、娘とカミさんと三人で、港北のノースポート・モールに買物と映画を見に行きます。映画は「サマーウォーズ」と、レイトショーで「ナイトミュージアム2」の2本を見る予定です。映画館に行くのも久しぶりで、楽しみです。

「金がねえなら結婚しない方がいい」(by 麻生太郎)…そりゃそーかも知れないが

お金が無いだとか、お金が足りない、とか言った感覚を持ち合わせていないお前には言われたくないネェ、と言うのが僕が最初に感じたこと。

モントリオール・オリンピックのクレー射撃で41位と言う輝かしい(?)過去さえなければ、勘違いを重ねて、こんな政治家になることも無かったかもしれないけど…政治家にしておくにはもったいないほどのキャラなのに。

実際、お金が無く、それが理由で交際や結婚を断られたとして、いったい、これは誰が悪いと言えるんだろう。いろんなケースがあるし、お金が無いと言う原因が、本人に働く意志が無いことによる問題であるかもしれないし、働く意志があるのに働く場が無いと言う本人とは別のところにある問題かもしれない。

それに、「お金の無い」と言うのが、どう言ったレベルの事を挿しているのだろうか。結婚したいと思っている女性から「預金通帳見せてよ」と言われる男も辛いよねぇ。その言葉には「私はセックスと家事を提供するから、その代償としてお金を頂戴」と言っているようで、なんとも心寒いものがあります。

しかし、男の方だって「無料セックス付き家政婦」みたいな感覚で結婚を考えている者がいるのも確かではないでしょうか。

こんな世の中になってしまったのは、何故なのか僕に分かるはずも無いのだけど、ひょっとしたら、「お金」と「プロダクト・サービス」の交換が唯一の価値交換の様式であるという高度の資本主義の蔓延と、それと関連するかしないか分からないけど、結婚と言うシステムの制度披露が原因に含まれている気がします。

誰かを思いっきり笑わせたり、誰かの抱えている問題や痛みを軽くすることが出来たとき、何とも言えない心地よさを感じる人は大勢いると思います。そこには、自分の時間、知識、スキル、あるいはエネルギーを無償で差し出して、誰かに喜んでもらえることに対する、素直で純粋な満足感があるからでしょう。

現代社会のような環境では、自分の時間、知識、スキル、あるいはエネルギーは「商品」であって、「お金」が介在して初めて提供するものだという意識が強くなりすぎている気がします。

僕は古い考えの持ち主かもしれないけれど、夫婦が共働きをして、子供を幼児保育などに預けるよりも、夫婦の内、少なくともどちらかが家庭で過ごす時間を十分に取る方が子供にとっても、家族にとっても幸せだと思っています。

でも、育児や家事は、労働を無償で提供するものです。これは現代の資本主義社会では「避けたいこと」なのです。現代の資本主義社会で望ましいのは、お金を払って育児や家事を外注し、夫婦揃って働き、お金を使うことでお金が2倍も3倍も循環し、資本の集中と分散が活発化することです。

ここで、問題なのは、お金が循環すればするほど、誰が儲かるか、と言う話です。それは育児でなく仕事を選んだ夫婦や彼らの子供ではなく、大資本、その腰に吸い付くヒルのような一部(大半?)の○○家や●●達なのではないでしょうか。(○○と●●にはあなたが適当と思う言葉を自由に選んでみましょう)

お金があるとか無いとかで、結婚できないとか、幸せになれないとか、そう言った事が無い社会とはどういう社会なのか。それは今のようにぎりぎりのレベルまで登りつめた資本主義社会で果たして可能なのか。少し頭を冷やして考える必要があるのではないでしょうか。

そう言う意味で「金がねえなら結婚しない方がいい」と言う、この国の総理大臣の言葉は一つの問題提起として、とても良い発言だったといえるでしょう。

めぐる季節の中で、今あなたは何を・・・

幸いなことに血圧値は上昇を止め、上が125、下が75ぐらいで安定してきました。このまま、塩分制限と投薬治療がしばらく続けられるでしょう。

先週は水曜に渋谷、金曜に青葉台、土曜は飯田橋と飲み会が多く、塩分、タンパク制限も多少オーバー気味で、少々飲み過ぎの傾向だった数日間でした。でも、楽しかったし、お酒も上手かった。特に金曜日の夜は7時前から12時までぶっ通しで話をして、聞いて、と言うテンション最高の夜でした。

それぞれの晩、兄貴をはじめ、お付き合いいただいた方々には本当に感謝です。一人暮らしになって、もとより人付き合いの悪い、でも、寂しがり屋の僕にとって「生きてて良かった」と思えるひと時でした。

今日の日曜日、都内の、とある場所で、とあるイベントが催されています。去年の今頃、僕が訪れたこのイベントは、、僕にとって一生忘れられない想い出になりました。

また、このイベントに行けば、あの人に会えるかもしれない、と思う一方で、そんな事をしてどうなると言うのだ、と言う気持ちもあります。

また、次の夏が来て、そしてこのイベントを眼にしても、あの人の想い出が自然とよみがえらなくなる時が、いつかやってくるのでしょうか。

ギターケース購入

昨夜は研修会で上京した兄と渋谷で飲んで(兄のおごり)来ました。ある意味、純情な男なので、いろいろと大変な事もあるのでしょうけど、元気でやっているようで安心しました。って言うか、心配されているのはこっちなんだけどね(笑)。

おかげで今朝は少々二日酔い気味。強い朝日が差し込む部屋は温度がうなぎ登りで、朝からエアコンのお世話になりました。

そして昼食後は、予定通り、ギターケースを探しに都内に出かけました。ギターを持っていくつもりでしたけど、外は相当暑そうだったので、基本的な寸法を測って、そのメモを持って出かけました。

要町と鶯谷の二ヶ所のギター・ショップを回ったのですが、どちらも品揃えは基本的に同じでしたので、結局、後で行った所の方が¥3,000安かったので、そちらで下の写真の"Super Light"モデルを買いました。"Super Light"と言っても2.5kgあるので、「軽い!」と言う感じではありません。

090820guitarcase


もっと軽いケースもあるのですが、楽譜入れスペースやショルダー・ストラップが無いのが大きな欠点です。色は僕の好きなブルーがあったので、それを選びました。今回壊れたギターケースは3年使ったのですが、これはもっと長くもって欲しいですね。

壊れたギターケースと、クラシック・ギターを買った時に付いてきた(もう30年前)ハード・ケースも粗大ゴミとして回収してもらうことになりました。どちらも想い出が無いことは無いのですが、アコースティック・ギターのハードケースやらもあって、とにかく置くスペースが無いので、仕方ありません。長い間、お世話になりました。

090820dinner


部屋に戻ったのが、もう5時ごろだったので、今日は簡単にレトルト・パックの「ひき肉と野菜のメキシカン風」と言うやつと、「ピザ」とも「ナン」とも区別が付きにくい生地に、チーズとピザソースをかけてオーブントースターで焼いたものを夕食にしました。

ピザ(それともナン?)をちぎってメキシカン・スープにつけて食べたら、結構いけました。

同じ曲を何度も何度も…ある種の根競べ

今日から自分で勝手に「夏休みモード」に入りました。まぁ、いつ何時、電話がかかってきて、即、仕事モードにならないとも限らないのですが、こ1週間ばかりは、少しずつ予定が入っていて、仕事がきても対応できない場合もありそうです。

午前中は雑用を済ませたり、横になったりしていましたが、午後からはギターを練習しました。

現在暗譜している曲は15曲ほどですが、この内12曲ぐらいは、ここ1年で100日以上、中には300日近く弾いた曲もあるはずです。

同じ曲を何度も何度も弾いていると技術面である程度のレベルに達する頃には精神面が「疲労」を起こして、集中力が下がり、従って技術面でも音楽面でも進歩が無くなったり、非常にスローになります。

それでも自分が本当に好きな曲ならば、どれだけ弾いても、決して「ゴール」は無いと思っています。演奏が何らかの進歩とか変化をするのに、何日間、何度弾いたらいいかなんて、誰にも分かりません。今日もダメダメな演奏だったけど、それで弾くのをやめてしまえば、次の日に味わえるかもしれない、「演奏の変化」「音楽の喜び」を放棄してしまうことになるのが怖いです。

「何度聴いても、こいつのレパートリーは増えないし、つまらないな」と思われても構わないと思っています。それを気にせずにいられるのがアマチュアの特権でしょう。

でも、アマチュアであるからこそ、不器用であるからこそ、ギターを弾いて自分がより深い感動を得て、そして極々稀に誰かの心に響く演奏をするには、単純な事を、愚かしいほど繰り返すしか選択肢は無いと思います。

そうは言っても、確かに、14~5曲を毎日のように繰り返し、繰り返し弾くのはシンドイ時があるのも確かです。時々、何を弾いていたのか自分で分からなくなるときもあります。そう言う時は、ただ指が動いているだけで、気持ちが音楽に入っていっていないから、無駄な練習になっているときです。

気持ちを込めて、音に集中して弾くことが出来なくなったとき、僕のギターは進化するチャンスをなくしてしまったと言えるでしょう。

どうか、そうなりませんように、と願いつつ、毎日のように繰り返す不本意な練習を終える今日この頃です。

少しだけ夏休み

090818yakisoba


はいはい、しつこいですけど、今日の一皿ランチシリーズです。今日は「でんぷんノンフライ麺」を使った焼きソバです。

スーパーでパック売りされている野菜炒めセットの袋半分と豚細切れ50gをあらかじめ炒めておき、固ゆでにしたノンフライ麺のぬめりを水で流し、十分に水を切ってから、テフロンのフライパンにサラダ油を薄く引いて、ノンフライ麺をゆっくりと炒めます。これに肉野菜炒めを入れ、焼きそばソースを大さじ一杯分(塩分1.6g)で味付けです。胡椒、酢も少々使いました。

さすがに味が物足りない感じです。普通に作れば焼きそばソースは大さじ3杯は使うところでしょう。残り3分の1位になって、マヨネーズを使えばいいんじゃないかと思い、ちょっとかけてみたところ、味がよくなりました。次回にはマヨネーズを小さじ一杯分(塩分0.1g)使ってみましょう。

今日の午前中で、今回の翻訳チェックが終わりました。今、抱えている仕事はありません。ここ10日間ほど結構しんどいスケジュールで作業したので、これから10日間ぐらいは余り詰め込んだ仕事はしないでおこうかと思います。

明日の夜は、九州から研修で上京する兄と会食です。今回の検査入院については、内科医である兄にもいろいろと心配をかけました。

明後日の木曜日はギターケースを買いにクラシック・ギターで知られているショップを2件ほどギターを抱えて回ってこようと思っています。

天気もいい日が続いているし、時折ですが秋の気配を感じるこの時期に「夏休み」も悪くないものです。まぁ、収入を見たら「休んでる場合か!?」と叱られそうですが・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。