プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

ハッピー・ハロウィーン

もうすぐ12時を回るけど、今日はハロウィーン。アメリカにいた頃は、娘の「お気に入り」のイベントの一つでした。

日本では今ひとつ盛り上がらないこのハロウィーンですが、今日、夕方、買い出しに出かけた行き帰りには、大人に引率されて、ハロウィーン衣装に身を包んだ子供たちのグループを見かけました。

「トリック・オア・トリート」の目印となるハロウィーンの飾りをした家も、ほんの少しですけど、見ることが出来ました。

アメリカにいた頃住んでいた地域は、裕福な人は少ないけど、それなりに治安の落ち着いた地域で、親が付き添っていればハロウィーンも安全と言える地域でした。

思い出すのは、娘を連れて、近所を回っていると、メキシカンの人達が、車2~3代で子供たち10数人を連れて来て、まるで親が子供たちに「よーし、一杯お菓子貰って来い!」と言ってるかのように、子供たちを車から解き放っていた光景です。

きっと、あちこちを回って、これから1年分のお菓子を集めるんだろうなぁ、と想像しました。あの団体に押し寄せられたら、びっくりしますよね。って言うか、お菓子の在庫がすぐ尽きてしまうでしょう。

もう、あんな事は二度と経験できないれど、経験できただけでも幸せだと思います。それは娘が喜ぶ姿を目にすることが出来たからでしょう。

小さな、ほんの一瞬でも、いいから、誰かを幸せな気持ちにすることが、これから何度あるか、分からないけれど、人が喜ぶ様子を見るのは、生きてて良かったと思う一瞬でもあります。
スポンサーサイト

「アマデュオス」、CD発売記念ライブ@B.I.T

SIS091029s

昨夜はバックインタウンのギターナイトでいつも仲良くしていただいている、カオキさんとモラさんのギター・デュオ「アマデュオス」のCD発売記念ライブがバックインタウンで開かれ、僕はボサノバ・ヴォーカルを習っている友人と曙橋まで出かけてきました。

店内はびっしりとお客さんが詰まった状態で、カオキさんとモラさんのお人柄、そしてモラさんの大いなる営業力もあるのでしょう、ステージも客席もとても温かい雰囲気でした。

いつもは時間の都合上、それほどお喋りをされないモラさんが昨夜は「絶好調」でした(笑)。僕も、一緒に行った友人(ボサノバつながりで、面識のある人もいたようです)も、大きな口を開けて笑っていました。バーボンもやけに進んだし…

モラさん好みでしょうか、若くてイケ面のベースとパーカッションもバックに従えて、いつもよりもパンチのある、ノリノリのステージも大いに受けていました。

ノリが良すぎたのでしょう、いつもならライブがはねる午後10時を大幅に回ってのお開きとなりました。

CDの販売も好調だったようで、帰りの出口付近ではジャケットにサインを貰おうとする人達で列が出来ていました。ゆっくりお話はできませんでしたけど、これだけの人達に支えられているお二人が、正直羨ましく感じるほどでした。

CD紹介の時、カオキさんの奥様で透明水彩デザイナーとして活躍されている青木美和さんがジャケットのデザインをされたこと、モラさんのお嬢様が、配布ブックレットのイラストを担当された事の紹介に加えて、僕が以前ブログでアマデュオスさんの演奏にコメントした「優しい雨が心に降りそそぐ~」の一文をジャケットの帯に引用してくださったことも紹介していただきました。

いつもより長いライブだったのに、あっという間に終わってしまった感じのする、素晴らしいライブでした。

帰宅したのは、もう12時を回った頃でした。もう、お酒は飲まないで寝ようと思ったのですが、なぜか興奮していたのでしょう、2時を過ぎても眠れませんでした。それで、翌日聴こうと思っていたアマデュオスさんのCD「Sounds in Sound」を聴いてみました。

部屋の電気を消して、小さな音で聴くアマデュオスさん達の演奏は、ライブの時とは全然違った、夜に溶け込むようなシットリ感で一杯でした。 で、結局眠れずに、午前3時半ごろに睡眠導入剤を服用して4時頃に寝付いたでしょうか。

やや記憶があいまいですが、中島らもが、ゴンチチの音楽を「いくらでも飲める、おいしい水のような音楽」と彼の著書の中で評していたように思います。アマデュオスさんの演奏も、それに通じるものがあるような気がしました。

お仕事中のBGM、 1日の終わりを迎えるチョットしたひと時、心が疲れた時のヒーリング・ミュージックとしてお勧めです。

CDの紹介ページがあるアマデュオスさんのホームページはこのブログのリンク集から行けますが、CDのご注文は「かえる工房」さんからどづぞ。

ムードはスィングする・・・・かな?

今日は4週間に1度の腎臓内科診察日でした。前回低いと言われたコレステロールは上がっていて「これ以上は上がらない方がいいですね」と言われた。も~~~~、どっちやねん!!

意識して摂っていた動物性脂肪を減らしましょう。

腎機能を示す数値は、余り変わってはいないけど、良くはならないみたい。つまり、時間と共に悪くなるのは避けられない様子。

人間、いつかは死ぬと分かっているけど、「生きてる間は死なない」と言う妙な割り切り方をしている所為か、信じられないくらい楽観的に人生を生きている人がほとんどです。

同じように考えれば、腎臓が機能しなくなるのも「死」と同様に「時間の問題」なのだから、同じように、いや、もっと楽観的に生きていけるはずなのに、何なんでしょうね、このヘタレ具合は。

昔々、僕が高校生だった頃「戦争を知らない子供たち」を含む、北山修の作品が収められたLPの中に、「この旅が終わったら彼女(彼氏)と別れる事になっている旅で、メソメソ、イジイジして時を過ごすよりも、旅が終わるまで精いっぱい、一緒に笑って、楽しむべきだ。人は死ぬことが分かっていても、楽しい人生を送ることができるのだから」と言うようなことが書いてあったような、無かったような・・・記憶が定かではありません。

でも、そういう内容の事が、ずっと僕の頭に残っています。

だから、今、体、頭、時間、お金、使えるものは何でも使って、楽しみながら生きなくっちゃね…

今日は「一人鍋」で一杯やることにします。

本日は、心も体も閉店です・・・

ガラガラガラ・・・(錆びたシャッターが開く音)

え~、何ですかアンタ、こんな雨の降る寒い日に、あたしんちに来るなんて。お客さんも物好きだねぇ。もっと面白いサイトはいくらでもあるだろうに。

え?生きてるか死んでるか確かめに来ただけ?あー、そーかい、そーかい。まぁ、折角、来たんだから、ゆっくりしていきなよ。何も売るものはねぇけどさ。

今日はねぇ、大したネタも無いし、月曜だし、それに雨も降ってるじゃない。だからお店閉めてんだよ。分かってくれるよね。

ほら、「雨の日と月曜日は悪魔が来たりて笛を吹く」、って言うじゃない。え?ビミョーにカーペンターズと横溝正史が混じってるって?お客さん、あんた、40歳は超えてるね。

いやさ、昨夜、中途半端に少しだけお酒飲んだら、変に考えこんじゃってさ、眠れなかったんだよねぇ。どっかの新聞配達やらの音が聞こえてくる頃にウツラウツラしたみたいだけど、覚醒と無意識がごちゃ混ぜのような状態で朝を迎えたんだよ。

なんかさぁ、日頃は「金は天下の回し者」いや「回り物」って言ってる割に、ビクビクしてんだよねぇ、俺って。「お金で買えるものは●○カード」じゃないけど、お金があるかないかにかかわらず、お金で解決できる問題で、人は不幸になることは無いだろう、と信じたいのだけど、やっぱ、自信が無いんだろうねぇ、このあたし。

誰かの問題を解決するために、自分の何かを差し出すことは大事なことだって、人さまには言っておきながら、いざ自分がやるとなるとしり込みしてるんだよねぇ…そんな事ってあんたにゃ無いかい?あ、無い…そりゃ、失礼しやしたね。(後ろを振り返りつつ「ほんとかよ?」とつぶやく)

今日は寒いしさ、雨も降ってるし、寝不足で頭も重いし、ほとんど一日中、布団に入ってたよ。

お客さんもそういう日ってあるんじゃない?コップに半分入った水を見るのか、半分空になったコップを見るのかの心理状態の違いが出る日。

いやね、生きることに行き詰っても手を差し伸べてくれる人がいるって、信じられれば、お金が無くても安心じゃない?でもさぁ、たいして人に手を差し伸べもしない人間が、この先、困ったとしても助けてもらえるか、って疑問でしょ?その辺が不安なんだよねぇ…だらしねぇったらありゃしえぇ。

まぁ、そういう事やら、なんやら、考えたり、憤ったり、怒りを感じたりしてて、眠れなかったんだろうねぇ…

時にさぁ、電車内の痴漢撲滅運動、ってあるじゃない。あれって、満員電車なくせば、かなり効果あるんじゃない?あの、人間を家畜以下に扱う満員電車の現実を受け入れている社会って、怖いよね。

え?話が飛んだ?あ~、悪かったわね! あ、そんなに機嫌悪しないで下さいよ、お客さん。

そんじゃ、お客さん、唐突かもしんねぇけど、あたしゃ、また引きこもることにするからさぁ、今日は帰ってくんねぇかなぁ。

明日、店開けるかって?開けたって、たいして客が来るわけでもないしさぁ。気が向いたら、ってとこかな。

そいじゃ、ごめんよっ

ガラガラガラ・・・ギシッ(錆びたシャッターが閉まる音)

そりゃあ、雨の日もあるさ、生きていれば…

昨日はたいした量ではないのだけど、いつものようにハイピッチでお酒を飲んだので、酔いが結構回ってましたね(汗)。

今日は久しぶりと言っていいのか、朝から曇り空、午後は雨になりました。

「星」の例会に出席して、帰ってきてからはこれと言った事もせず、ぼんやりと過ごした午後でした。もう、楽譜を点訳することもすっかり無くなって、「星」の活動に協力すると言っても、ホームページや、ちょっとした英語のお手伝い、ギターに関する解説程度になってしまい、少々肩身の狭い思いもあります。

楽譜点訳の会に所属するよりも、もっと別の方法で目の見えない人たちが音楽をより身近に感じてもらえるアプローチがあるなら、それを選んでもいいだろうと思っています。

点字楽譜は、あくまで目の見えない人にとって、音楽にアクセスする一つの手段であって、それのみで音楽に対するニーズが完結する要素ではありません。どんなに点字の技術が進化しても、点字を習得できない人、あるいは習得しないことを選ぶ人、適切な指導者や教材、楽器にアクセスできない人、あるいは点字楽譜に代わる音楽情報伝達手段の選択、あるいは開発などの影響によって、点字楽譜の有効性は影響を受けるでしょう。

点字楽譜に対する需要が変化、つまり減少するとしても、たいていの人が持っている、音楽に対する欲求、あるいはニーズが将来も減少することは無いと思います。

そう言った、人の欲求のハイレベルにある「音楽へのアクセスと言うニーズ」を重要視しなければ、「ツール」としての点字楽譜に未来は無いのかもしれません。

このニーズを正しく理解するには、点字楽譜の利用者のみならず、目の見えない人達が、音楽を学び、楽しむうえでどんな問題を抱えているか、現実を広く理解することが大きな前提になると思います。

もう、楽譜点訳は殆どお手伝いできないけれど、そう言ったアプローチをとるためのお手伝いが出来ることを願っています。


夕方、食事をしながら見ていたテレビで、クライマックス・シリーズで負けが決まった楽天チームの野村監督が日本ハムの選手も混じって胴上げされていました。

野球にはたいして興味もないし、野村監督には更に興味がないにもかかわらず、涙が出てきました。どうも正常な精神状態では無いような気がします。これも雨のせいかしら?

靴を買いました…

今日は酔っ払ってます。自分の部屋で、炭酸水買ってきて、バーボンのハイボールで…

録画していおいたレッド・シアター見ながら、ケタケタ笑って… 今、一番笑えるのはレッド・シアターじゃないでしょうか。

今日見た中で、鳥居みゆき(ゲスト出演)は結構良かった。彼女、トークもできるじゃん…

しばらく前から靴を買いたかったんですけど、今日、地元のSCにある靴屋に行って、一足買いました。そんなに高いのは買えないけど、歩くのに適した靴って、ほんと大切だと思います。ウォーキング・シューズの履き心地で、カジュアルなデザインのもので、僕の足に合う靴ってなかなか見つけるのが難しいものです。

靴屋で応対してくれたのが可愛い♡女性の店員さんだったから、「即、購入!」と言う訳ではないけれど、ある意味「衝動買い」

しかし、何らかの「買い物」をしないと、誰とも(女の人とも)コミュニケーションが取れないって、かなりヤバクない?こういう男が「援助交際」に走るんだろうか…走るよね…

まぁ、金の切れ目が縁の切れ目、って、それはそれでハッキリしてていいカモメ…いや「かもね」。あぁ、寒い寒い…

今日も仕事は殆ど無く、ギターも十分弾けました。練習を始めた「How Incensitive」をほぼ暗譜できたので、今はそれを弾きたくて弾きたくて。時々ですけど、夜中でも弾きたくて弾きたくて仕方がなくなる曲があります。

原曲の良さ、アレンジの良さ、適度な難易度、そして僕の好みがマッチしたのだと思います。

さぁ、ボチボチ、横になって、本でも読みながら寝るとしましょう。

おやすみなさい。( ̄¬ ̄)ZZZzzz・・・

(小さな)仕事、一件落着

一昨日、依頼のあった和文英訳の仕事が終わりました。量は少ない割に、結構てこずりました。日本の会社名と住所、電話番号なども含まれていて、英語の社名、地名の読み方などは、一々ネットで調べないといけないので、面倒でした。

いつも、「めんどくせぇなぁ・・・」と思いつつ、「お金をもらって知識やスキルを身につけている。ありがたや、ありがたや」と言う思いも持っています。翻訳と言うのは、それで生計が立てられるか、と聞かれれば、大体において「ノー」と言えます。僕も、このままの状態が続けば、いずれお金がなくなるでしょう。貧乏になるのが先か、死ぬのが先か、人工透析に入るのが先か、といろいろな要素が競争をしているような気がします。(この中だったら貧乏になってもいいから、人工透析は避けたいし、まだ死にたいとも思っていませんけど。)

でも、理想を言えば(あくまでも理想です)、誰かの役に立つ、誰かを楽にする、誰かが求めているものを与える、誰かを笑わせる、と言った社会での役割を果たしたいと言う意思のある人は、それだけで社会において生存する権利があるのだと思います。そりゃあ、そういう気持ちがあるだけで、スキルがないとか、需要とのミスマッチとか、景気がドーラタコータラ、とか、様々な理由で「お金を稼ぐ」仕事に巡り合えない事があるのは現実だし、仕方のないことです。

でも、そういう人たちも人間らしい生活が送れるようにするのが「優しい社会」であり理想だと思います。

僕程度の能力しかない翻訳屋でも、それが誰かの役に立つなら出来るだけのことはしたいし、僕程度のギターでも聴いてみたいと言う人がいるなら(いないか?)弾いてあげたいと思います。それは必ずしもお金と言う対価を伴う必要はありません。

自分に備わっている何らかの価値を誰かのために使おうとする人を決して見捨てない社会が僕が理想と考える社会です。

娘に、以前話したことに、「誰かを助けたり、楽にしたりすることは、たとえお金を沢山もらえなくても大事なこと。そういう優しい人を社会は見捨ててはいけないし、見捨てるような社会はそこで暮らすだけの価値の無い社会」と言った事があります。

貧乏暮しが不幸なのではなく、貧乏な暮らしをする人に目を向けない社会が存在することが不幸なのです。

ほぼ、誰とも話をしない日常。

仕事関係以外、めったに電話すらかかってくる事の無い日常です。その仕事も無い時期は、ホント、誰とも会わず、話もしないで1日が過ぎることもよくあります。言葉を忘れないようにと思い、散歩がてら、歩いて15~20分位の所にあるスーパーとか本屋さんとか行きますけど、そんな所でも、レジのおばさんと言葉を交わす程度ですからねぇ…

人の目を気にしないで生活できるのはいいのですけれどね。

今日も、小さな翻訳依頼が入りました。建設関係ですけれど、原文の日本語の文章が、ハッキリ言って、ヒドイ。

例えば、建物が映っている写真を指して、「風景写真」とは言わないだろう。この場合、「建物全景」とか「建物外観」とか書くべきです。翻訳の品質は、原文の品質に大きく左右されることを、翻訳を依頼する人は良く分かってほしいです。

最近、また一つ、新しい曲を練習し始めました。先日、バックインタウンのランチライブで聴いた"How Incensitive (Insensatez)"(邦題は「おばかさん」だったっけ?)と言う、ゆったりしたボサノバ・ナンバーです。

大学生だった頃にも、当時手に入れた楽譜で弾いた事があるのですが、今回は江部賢一先生アレンジの楽譜で練習しています。

ボサノバは好きだけど、バーデン・パウエルの曲によく見られる様な、テンポが速く、高度なテクニックを要求される曲で無く、ケダルイ感じの、柔らかで静かなボサノバが好きです。そういう曲が易しいとは限らないのですけれどね。

人前で弾けるほどになるには、まだ数カ月かかるでしょうし、そこまで根気良く続けられれば何とかものになるかもしれません。

塩分控えめのラー油

091017_momoyara-yu

「桃屋 辛そうで辛くない 少し辛いラー油」と言う、少し人をくったような名前のこのラー油、腎臓保存食のレシピをきれいな写真と共にブログに紹介してくださっているKuropさんのブログで知って、スーパーを何軒かハシゴして探しましたけど、めでたく(?)ゲットしました。

なんと言っても、このラー油、塩分が100g中、4.1g、一回に使う分量だと塩分は0.2~0.5gに抑えることが出来ます。これなら麺類やチャーハン、鍋物などに使えます。

今日は、シイタケと昆布で出汁をとって、豚バラ肉、白菜、マロニーの鍋を、大根おろしに、減塩ダシ割りポン酢と、このラー油で「一人鍋」にしましたが、結構おいしく頂きました。具材に含まれる塩分を除けば塩分は1gぐらいの量です。普通の「味ポン」だと大さじ一杯で塩分1.3gですから(大さじ一杯で済ませる人は少ないと思いますけど)、その違いは大きいです。

また、買ってこようと思います。

朝は冷えます

寝る時は、それほど寒く感じないし、布団や寝間着が少し暑苦しいと思う事さえあるのに、起きる頃は寒く感じる日が多くなってきました。気温が下がると血圧が上がる傾向があるので、体が冷えないように注意しているのですが、血圧を測る時は半袖シャツになるので、その時点で少し寒く感じてしまうことはあります。

やはり、5~10mmHgぐらいは高くなっているみたいです。次回の診察でどういう指示が出る事やら。

タンパク質と塩分の制限は結構、指示通りの値を守っていると思うのですが、最近は一々計量することもなくなったので、少し見積もりが甘くなっているかもしれません。

今日はパッとしない天気でしたけど、明日は晴れると助かります。洗濯ものがあるんで・・・

そうそう、今日は余りギターを弾きませんでした。4~5曲ぐらい… 一日に弾くギターの曲数が僕の元気のバロメーターかな?