プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビデオ・レンタルの店員に「ウケタ」一言…

いよいよ明日はお正月ですが、僕としては「これと言った」イベントも無く、出来るだけ普通通りに過ごす予定です。お笑い番組や好きな映画があれば見ることにしますけれど、ペースをあまり変えないようにします。

昨日は今年最後のイベント、と言う訳でもありませんが、娘と食事、ショッピング、夜は僕の狭いアパートでDVD三昧で楽しい、そして大いに散財した1日でした。

DVDは「24~シーズン7」の10~12巻を借りようとしたのですが、殆ど借りられていて、かろうじて10巻と11巻をゲットする事が出来ました。

レンタル・ショップのレジで、「12巻、返却されていませんかねぇ」と若い女性の店員さんに聞いたのですが、無いと言われて「みんな暇なんだぁ…」と、ボソッとつぶやいたら、妙に彼女の「つぼ」にはまったらしく、顔をのけぞらせて笑ってくれました。

その様子を、ちょっと離れた所からうかがっていた娘は、更に数歩、遠ざかったとのことです。

DVDのレンタルが多いのも、やはり、休みはあっても、たいしてする事の無い人が結構多いからなのでしょうね。

一夜明けた今日も、娘に食事とユニクロに付き合って、連日の散財でした。でも、きっとお金で買えない何かを貰っていると思います(、とでも思わなきゃ、やってらんないし…)。

今日はこれから、軽い食事をして、「ガキの使いやあらへんで~ホテルマン24時」を見ながら、夜食のタイミングで、低たんぱくそば「げんたそば」とスーパーで買ってきた海鮮かき揚げで、ささやかに年越しをしようと思います。

今はとても寒い風が外に吹き始めています。エアコンの使える部屋で地味ですけど無事に新年を迎えられる事の幸せを改めて感じます。

いつまでこの幸せが続くのかは分かりませんが、今それが自分の手の中にある事に感謝します。

来年も、僕の大事な人達に災いが降りかかりませんように。

皆さん、どうぞ良いお年を。
スポンサーサイト

静かな年の瀬

2009年も、後チョットです。

僕にとって2009年はいろんな事があり過ぎて、客観的にみると「大きな悪いニュース」が続いた年でした。

そんな中でも、楽しい事があった日、幸せを感じる事が出来た日があったのは、僕の周りにいる人たちのおかげだったと思います。たとえ一人でも、そういう人がいてくれるのは幸せなんだと思います。

来年も、もっと嫌な事が起こるかもしれないけれど、きっと楽しい事もあるに違いない、そう思いつつ、一人静かに新年を迎えようと思います。

愛する人と一緒に年を過ごせる人は幸せを十分に感じてください。そして、僕のように一人で新年を迎える人も、きっとあなたは「一人」じゃ無い事を信じて、寂しさを乗り越えてください。

ささやかに、でも楽しく忘年会

昨日の土曜日は、「たまプラーザ」で江部先生と、江部先生のレッスンを受けに来ていたKanaiさんと三人で居酒屋でささやかに忘年会を開きました。

Kanaiさんがやや風邪気味で「絶好調」とは言えませんでしたけど、久しぶりに江部先生を交えての飲み会で、少々はしゃぎ過ぎ、と言うか口がいろいろと滑ってしまって、少し反省中です。

余りにも「孤独」な生活に慣れてくると、たまに親しい人に接すると歯止めがきかなくて困ったものです。

で、来月も三人で飲み会をする予定が立ってしましました。

土曜日に僕が5時から6時まで江部先生のレッスンを受け、6時から7時までKanaiさんがレッスンを受けて、7時から飲もう、と言う、効率的(??)なスケジュールです。

と言う訳で、ながらくお休みしていた江部先生のレッスンを来月から再開します。

ギターを弾くには適していない季節です

今日は大掃除と言う訳ではないけれど、今年最後のお掃除日と言う事で少しだけ念入りにお掃除です。

洗濯機を回した後、ガスレンジを少しきれいにして、お風呂はバス・マジックリンできれいにして、フローリングもいつも通り掃除機をかけた後は、クイックルワイバーで仕上げ。さすがに狭いアパート、休み休みやっても11時には終わりました。

天気が良い日は部屋も暖かくなるので、午前中はギターを少し弾きました。しかし、やはり春や秋に比べると指の動きがスムーズじゃないようで、余り長くは弾けません。5~6曲弾いたら、一休み、と言った感じです。

同じく天気の良い日には出来るだけ外を歩くようにしています。体力が(年齢や薬、食事の影響でしょうか)落ちてきているのを実感しているので、足腰立たなくなるのを出来るだけ防ぐために散歩をするようにしているのです。

今日も1時ごろから青葉台駅周辺をぶらっとして、電車で一駅の藤が丘へ行って、買い物をしながら3時頃まで外出しました。さすがに昨日ほどの人出では無かったですけれど、クリスマス・ケーキ、今日も売ってるんですね。まぁ、本当は今日がクリスマスだから今日が「食べどき」なんだろうけど…

今年はもう翻訳チェックの仕事は来ないのかな?昨年は、ドバッと大量受注があったようで、社員、そしてかき集められるだけかき集められた外部契約翻訳者(数10人)休み無しの年末年始でした。

発注する側は「俺たちが休みの間にお前ら、これやっとけ」ってな感じで仕事を出すのでしょうか。だとしたら腹立ちますが…

ITシステムの導入、切り替え、更新などもこの時期が多いですね。今はそうでもないだろうけど、10年ぐらい前は年末年始、お盆の時期はシステム開発者は全く休めなかったと思います。

091225oyakodon

今日の夕食はタンパクリッチな親子丼でした。朝食と昼食に低タンパク質の食事にしたので、夕食は普通にタンパク質を摂っても大丈夫だろうと思いました。ただ、出汁は「減塩だしつゆ」を使っています。普通のだしつゆに比べ塩分が半分ですが、カリウムが高いので使用は2~3日に1回ぐらいを目途にしています。

卵(小)1個、鶏もも肉30g、玉ねぎ1/4、長ネギ1/4本、干しシイタケ1個、他はお酒、みりんなどを入れています。久しぶりの「まともな食事」みたいで、美味しかったです。

クリスマス・イヴの夜に…

アメリカにいた頃は、どのオフィスも現場も20日ぐらいから、もう日中は仕事にならない位ダラダラとしていて、クリスマス・イブの日は夕方にはどの店も閉まってて、かろうじてKFCとマクドナルドが開いているぐらいでした。

日本の様な街のにぎわいがあるのはNYCぐらいじゃないでしょうか。

一度、ロス・アンジェルスにいた頃、娘が3歳のクリスマス・イブに、足で地面をけって前に進む幼児用のカートを買ってあげようと仕事帰りの6時ごろ近所のTargetと言う店に行ったら、もう店が閉まっていて、もちろんクリスマスには日本と違ってほとんどの店が閉まっているし、26日は「アフター・クリスマス・セール」で売れ残った玩具やクリスマス用品の貧乏人による「争奪戦」の様な有様なので、結局27日にお目当てのカートを買いました。

だもんで、娘には27日に「メリー・クリスマス!」と言ってプレゼントしたのですが、まぁ、まだ何も訳の分からない年齢だったので助かりました(汗)

昔の日本はお正月が、西欧のクリスマスのように、どのお店も閉まってしまう習慣だったのに、最近では、普段より買い物客が多くなる状態ですね。

情緒は無くなったかもしれないけれど、都会で一人暮らしをする人間にとっては寂しさがまぎれるのかもしれませんね。しかし、クリスマス・イブを「恋人たちのイベント」にしてしまったのはどうかと思いますが(ひがみ)。

091224-777

今日、夕方、買い物した時のレシートの写真です。ちょうど、777円。かつては「スリー・セブン」という言葉が使われていた時代がありましたけど、縁起のよさそうな数字です。確か2~3年前にも、イトーヨーカ堂で同じ金額をはじき出した(?)のを覚えています。

何か、いい事でもあるのかな?それとも、この777円をはじき出した事自体がいい事?

クリスチャンじゃないので、メリー・クリスマスとは言いませんが、こんなブログを目にして時間を無駄にしたあなたに、せめて明日は、何かいい事がありますように。

チョットだけ師走の気分で…

091223brkfst

写真は今朝の朝食です。「ジンゾウ先生のでんぷん薄力粉」と言う、タンパク質調整の薄力粉を、水で溶いて、オリーブ油とマヨネーズを少々混ぜて、フライパンで薄く延ばしてラップ生地の様なものを作り、これをオーブントースターで少し色がつく程度に焼いて、サラダなどをはさんで食べるのです。

今日はパック入りのサラダとベーコン15g程度にマヨネーズで味付けをしたものをはさんで食べました。オーブントースターで少し焼いているので割と口当たりも良くて、僕としては気に入っている「腎臓食」です。

今日は抱えていた翻訳チェックも午前中で終わり、午後は散歩も兼ねて、師走の街(と言っても地元の青葉台駅周辺)に一人で出かけました。

091223xmasjazz

ショッピング・センターの前の臨時ステージでは黒人のジャズ・トリオがクリスマスらしい、そしていかにも日本人受けする演奏をしていました。本当はもっとバリバリのジャズがやりたいんだろうけど、「それじゃ、お客さんが喜ばないからさぁ」とか言われているのかもしれません。

昨日より暖かくなったとはいえ、やはり寒い屋外での演奏、ご苦労様です。

僕がこの界隈をブラブラする時は、家電量販店→本屋→文房具店→ユニクロ、と言った順に回り、気が向いたらビデオ・レンタル店、酒屋とか食料品店を回ります。

2時間ほどぶらついてアパートに戻り、録画がたまっていたアメフトを2つほど(点数がかなり開いたと判断したら、どんどん早送り)見ました。

一人っきりで迎えるクリスマス、年末・年始は、決してお勧めするものではありませんけれど、これも自分の選んだ事なので(友達が極端に少ないのは特に望んではいないけど)仕方ありません。

それでも、幸せを感じたクリスマスや冬休み、お正月が過去にあっただけでも良かったと思います。

思い出を僕に与えてくれた皆さんにありがとう。

今年最後の検診

昨日の夜は何だかえらく寒くて、なかなか寝付けませんでした。風邪の具合はだいぶ良くなってきましたけど、今日は4週間に1度の腎臓内科の検診で病院へマスク着用で出かけました。

血液と尿検査の結果は「横ばい」状態でした。

前回高かった尿酸値は少し下がったのですが、LDL(いわゆる悪玉コレステロール)が基準値の上限に近くなっていると言われました。毎回、何かしら気になる数値が出ます(凹)。9月頃には低すぎるコレステロール値が出たんですから…

ま、腎機能の低下速度は上がっていないようなので一安心です。

鼻水とくしゃみが…

昨日から、鼻水とくしゃみが続いています。熱は無い(と思う)ので、特にあわててはいませんが、「葛根湯」を買ってきて服用しています。毎月の診察の時に風邪の時は何を飲んだらいいかと聞いたら担当医師が、「そうですねぇ…葛根湯かな…」と言ってたものですから。腎臓に良くないので、基本、解熱作用、痛み止めの作用があるものは飲んではいけないのです。

おかげで今年からは、外出から戻ったら手洗いとうがいをかなり念入りにするようになりました。

昨日、NHK-BSで放送された「ベンチャーズ」の特集番組を録画しておいたので、今日見ました。

091221ventures


今も日本に毎年ツアーに来ていて、今年は結成50周年だそうです。

僕も最初に手にしたのがグヤトーンと言うメーカーのエレキ・ギターで、中学の頃はベンチャーズと寺内タケシを「神」のごとくあがめていました。

番組では年をとってもベンチャーズのコピーバンドをやり続けている大勢の「団塊」オヤジが出ていましたけど、ああいうのは僕は余り共感しません。

あの頃のエレキ・サウンドは、乾ききった砂漠に雷雨が降るような感覚を僕の心に与えました。その感動は、深く心に刻み込まれました。その感動は忘れたくは無いけれど、同じ音楽を何十年もたった今でも同じように演奏する、と言うのが、今ひとつ納得できないところがあります。

それ以上に、いわゆる「オヤジのなんたらバンド」とか「~のオヤジ集団」とか言って、寄り集まっているオヤジたちを見ると、何となく気味が悪くなるのです。確かに、「仲間」に囲まれているのは気持ちがいいかもしれないけど、一歩離れて見てみると、チョットひいてしまうものじゃないでしょうか。

ベンチャーズの番組を見て、DVDに保存しようかと思ってたけど、やめます。昔の思い出は、形や映像じゃなくて、今の僕の生き方の中に残されているのだから、レコード、楽譜、ビデオなどの「物」がなくても心配無いような気がします。

番組で一つ印象的だった事。

インタビュー映像で出てきた奥村チヨが、当時の印象とは違っていたけど、めっちゃきれいだった事です。僕より年上のはずだし、映像が数年前のものとしても50歳なかばと思います。歌も今さらながらうまいなぁ、と思いました。

可哀そうだったのが、番組に出演して「京都の恋」を歌った渚ゆう子。かの大御所「淡谷のり子」みたいになってました。

寒いですねぇ…

朝起きるときはいつもベッドの中からリモコンでエアコン暖房を入れて、しばらくしてから起き出します。こんな「贅沢」が出来るのも、部屋がとてもせまいから。(あっという間に暖まる)

今日は朝から素敵に晴れたお天気でした。風もおだやかで、日差しの差し込む部屋はエアコンを入れなくても過ごせるぐらいです。なんせ、狭いアパートなので、日差しが入るとすぐ暖まります。

午前中は昨日洗った洗濯物を干して、掃除機かけて、お風呂とトイレを掃除して、後はギターを弾いたりして過ごしました。ひと仕事してから飲む、コーヒー(インスタント)は美味しいです。ひと仕事の後のギターも気持ちいいです。

午後は散歩がてら地元の大きな書店に行って、医学書コーナーで「腎臓」関係の本を何冊か立ち読みしてきました。

今までに知っている事のおさらいの様な感じでしたけど、どうやら僕の腎機能は正常の30%~50%ぐらいの範囲にある事(検査入院の時は50%ぐらいと言われました)、血圧の管理が重要である事、などが確認できたと思います。

ただ、食事療法に関しては、どの本にも治療法として挙げられているにもかかわらず、その効果は断定的には書かれていません。一つの文献には「食事療法は…明らかに効果があるように見える」と書いてありましたけど…「明らかに」と「~ように見える」って、何だか矛盾する表現じゃないですか。

そこには、「食事療法は患者の精神的負担が大きい」とか「医師自身が、自分にもできそうもない食事制限を患者に勧めたがらない」などと書いてありましたけど、本当ですかい?

確かに、どれ位の食事制限がどの程度の効果を出すのか、と言った所見を出すにはデータが余りにも少なくて、ケースバイケースなのでしょう。

しかし、世間ではボーナスが出たせいでしょうか、平日でも結構買い物客が多いですねぇ…ボーナス、いいなぁ…

ま、ボーナスもらっている人から見れば、通勤地獄も、脳無しの上司も、役立たずの部下も、悪魔の様なクライアントも、詐欺師の様な下請けもいない僕が羨ましいのでしょうけどね。(何だかホントに幸せに思えてきた)

今日の夕食は、叔父さんからも貰った、ちょっと高級なレトルトパックのビーフ・カレーです。

タンパクと塩分の制限のため、カット・トマト100g、唐辛子、カレー粉、砂糖、ワイン、水などで量を増やして、2食分に分けたものです。少々カレー粉が多すぎたかな?と言う感じです。これも試行錯誤し続けます。

091218_curry

フライド・ポテトとサラダを含めてもタンパク質10g、塩分1.8g以内に収まっているはずです(結構適当です)。

夜もノンビリ、と思っていたら、急に翻訳チェックが入り、来週もほぼ毎日作業になりそうです。全体として大した量でもないし、また「値切られた」のですが、お金を貰って勉強させてもらっている、と思えば、ありがたや、ありがたや、ですよね。

低たんぱく・減塩のチャンポン風

091217chanpon

今日はパック入りの「炒め物用野菜」と豚バラ肉40g、麺はアプロテン・スパゲティを60g使ってチャンポン風のおかず(そうです、これでご飯を食べるのです)を作りました。

味付けは、具材を炒めて(野菜は軽く茹でてから)、お酒、ネギ油、ニンニク油、コショウで下味をつけ、スープは水100ccに成分調整した中華スープの素を半パック(塩分0.9g)使って、仕上げにミリン少々加えます。胡椒の味付けで塩味の少なさを補います。

スパゲティは普通よりも柔らかめに茹でないと、チャンポンとしては「コシ」がありすぎてそれっぽくなりませんが、なかなかいけます。アプロテンのスパゲティは分量の調整が出来るので、更に便利です。

スープを残せば、摂取塩分は0.6~0.8g程度に抑える事が出来るでしょう。これをおかずにご飯(低たんぱく)を食べるのですから、いわゆる「ラーメン&ライス」です(汗)。 水を加えずに「塩焼きそば風」にしてもイケるかも。


チョット、つっこみたい事が…

ロスアンジェルスの球団に行く事の決まった松井選手なんですが、「僕は、今、とてもエキサイティングです」と言っていたが、そこは「エキサイティッド」だよ。「エキサイティング」だと、「私は(あなたを)興奮させる男です」になってしまって、何かアブナイ気がします。


「子供手当」の給付に所得制限を付けるって、アンタ、それ「定額給付金」の時の所得制限の話と同じじゃん。

誰の子供であろうが、子供は子供。同じように守らなくっちゃ。公平感に問題があると言うなら、今の児童福祉の在り方を改善すればいいだけのこと。

高校までの学費の無償化や、子供の健康保険の無償化または負担軽減、大学・専門学校の学費の所得税控除など、「子供手当」が無くても、沢山の子供たちを助ける政策はいくらでもあるだろうに…

大人たちがさぁ、「子供は社会の宝、子供のいる人もいない人も、他人の子供も自分の子供も、次の世代を守ろう」と言う意思表示をせずに、どんな未来があると言うのか。

まぁ、仮に選挙権があったとしても民主党の様な「旧自民党の一派閥」にすぎない様な政党に投票するつもりは無いけど、社民党はどうなっちゃったんだろうねぇ…あの村上「ジッちゃん」首相の辺りから、完全に崩壊したな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。