プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに・・・

割りとまとまった仕事、と言っても3週間ぐらいの長さですが、仕事が入りそうです。

「原子力」関連の仕事は久しぶりです。やっとお役所の予算が付いたのか?

金曜日から開始予定ですが、スケジュールさえ上手くいけば割りとゆったりと作業できそうです。

今日は朝から陽も差していたので、洗濯と風呂掃除。久しぶりに風呂掃除ができました。



本を読むのは好きですが、なかなか自分にどういった本が向いているのか分からず、いつも本屋で迷います。

一時は新聞サイトの書評とか、ラジオでの書評家のコメントなどを参考にした事もありますが、最近は、そう言う書評と僕の感想はマッチしないのが普通だと思うようになって来ました。

実際に読んで見ないと面白いか面白くないか分からないのに、本を買うのは少々金銭的リスクがありますけれど、これも必要な「投資」かと思っています。

最近読んだのが:

インシテミル (米澤 穂信 (著)、 文春文庫)
それと、
きれいな色とことば(おーなり由子/著、新潮文庫)

「インシテミル」は昨年、検査入院していたときに娘から借りて読んだ「小市民」シリーズ、「古典部」シリーズの著者である米澤穂信のミステリーです。秋には映画も公開されるようですね。

東野圭吾の様な、ある意味緻密なストーリー転換とは全く異なる、ファンタジー性のあるストーリーの多い人で、僕のような年代の人間には分かりにくい時もありますが、「インシテミル」は僕が読んだ米澤穂信の作品とは、少し違った感想を抱きました。

僕には「小市民」シリーズや「古典部」シリーズよりも、ミステリー色、ホラー色があって好みでした。

アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」の形態を模しているようで、「ライアーゲーム」により近い感じ。

しかし米澤穂信の作品は読み終わったときいつも、何とも言えない「意味不明」な感じが残ります。何だか、建物の出口から出た周りの風景が、見たことの無い風景であるような、心細さと言うか、「騙された」感、とでも言いましょうか。


「きれいな色とことば」は書店で平積みになっていたものを、そのイラストにひかれて買いました。

おーなり由子さんの独特の世界が詩のようなフレーズ、エッセイ文、そしてイラストで広がっています。

女性アーティストらしい、何だかフワフワした感じが伝わるようでした。

印象に残ったいくつかの文があります。

「私は(中略)見たり味わったりして感じていることを、説明しないで済むものなら、抽象的なまま整理しないでほうり出していても平気(後略)」

「心を抽象的なまま人に伝える方法があみだされたら、どんなにいいだろう」

「 ことばというのは そうかんたんには 伝わらない
    伝わる時には ことばがなくても 伝わる
     だから 心せよ 」

女性のエッセイに描かれる心象風景が、男である僕にどれだけ分かるかは知る由もありませんが、中島らもが死んでからと言うもの、僕が興味を持つエッセイは女性、それもエッセイを専門に書く作家ではなく、アート関係の女性の書くエッセイが多いように思います。
スポンサーサイト

サッカーW杯のおかげで…

新聞の紙面が自分達の不祥事で埋め尽くされず、テレビでの取り上げも限定的になっている相撲協会はさぞかしホッとしているだろう。

あまり大きく取り上げられたくないニュース発表(芸能人の離婚報告とか)は今日(6月29日)の午後11時~12時の間にするといいと思う。誰も見やしないだろう。

相撲をとる人が野球賭博をしている一方で、プロ野球選手が相撲賭博をしていたりして・・・

暴力団組織のつながりとか言ってるけど、だいたいにおいて「暴力団」と言う組織が特定され、おおっぴらに存在していることの異常さを誰も感じないんだろうか。

中には「指定暴力団」とかあって意味わかんない。その内「国定暴力団」とか「絶滅危惧種保護指定暴力団」とかできるんじゃねぇのか?

どこそこの大企業も、何らかの形で暴力団とつながりのあるところは結構多いと思う。特に建設業。


今日は雨は降らなかったけれど、雨が降っているのと同じくらいのジメジメ感。

随分と前に弾いた岸部眞明さんの「雨振る窓辺で」を、また弾いています。

間違いは多々ありますが、これ以上いいテイクはもう出来ないだろうと思って、アップしました。



このギターは2002年にカリフォルニアのヒールズバーグで作ってきたギター。あの頃はスチール弦のこればっかり弾いていましたっけ。

いただきまぁす

100626_1205lunchbox


昨日は午前から午後にかけて「星」の打ち合わせがあったので、お手軽に弁当を作って出かけました。

ご飯は「低たんぱくご飯パック」+成分調整ふりかけ、おかずは全て冷凍物で、フライドポテト、焼き鮭、レンコンのキンピラです。

高校時代の娘の弁当箱を使っていますけど、もしも、こんな弁当を持たせていたら「マジギレ」されたでしょう(笑)。

最近テレビで見かけなくなった彦麻呂なら、どう形容したでしょうね。(笑)

「お弁当の格差社会やぁ~~~~」・・・かな?

それでも僕は彼を好きになれない

ワールドカップの話題ばかりの1日でした。

寝る前にバーボンを少し飲んで「イタリア対スロバキア」戦を見て、夜中に眼が覚めたら日本の試合も見ようか、程度のつもりでしたけど、4時過ぎに眼が覚めて、その時点で日本が2-0で勝っているのを聴いて、少々拍子抜けしましたが、後半戦はテレビで見ました。

いい試合だったし、日本が勝ったのはいいのですが、正直、テレビやラジオのメディアの騒ぎ方は興ざめです。

はっきり言って、いい試合をしてくれれば僕はどのチームであろうと、勝てばその勝利を祝福してあげたいと思います。プロ野球と違ってサッカーには「巨人以外、全部頑張れ!!」と言った「偏見」はありません。

ワールドカップ開催前の親善試合で負けた後、岡田監督がJリーグ会長に「私でいいんですか」と言ったという報道がありました。

本人は「軽いノリ」で言ってしまったような事が書かれていましたけれど、僕は例え「軽いノリ」であっても、日本サッカー界のトップ・プレーヤーを率いる立場の人間が言う言葉ではないと強く感じました。

僕が好きになれない人間のタイプに、人が自分をどの程度「大事」に思っているかを試す「駆け引き」をする人間がいます。

「私の事が大事だったら、~をしてよ(そうしないと私はあなたを愛さない)」
「私が気に食わないならクビにすればいいじゃないですか(俺をクビにしたらお前も困るだろう)」
「心を入れ替えないならアタシは家を出て行きます(そしたらお前は困るだろう)」

と言ったような人間です。

こう言う人間は往々にして自分の立場が悪くなってくると、その状況を誰かの所為にすることがあります。

岡田監督の例で言えば「結果が悪くたって、そんな私をクビにしなかったのはあなたでしょ」と言った感じです。

はたして岡田監督がそのような考えを持っていたかとか、そう言うタイプの人間であるかは僕には判断できません。だから、彼の事を好きになれない正当な理由は無いのかもしれません。

でも、やっぱり、だめなんです。一度、そう言う感情を持ってしまうと。

人の口から発せられる「言葉」は、人と人が正しくコミュニケーションをとる上でとても不完全なものだと思います。でも、一度人の口から出された言葉は、過去を変える事が出来ないように、永遠に人の心に残ることがあります。

気をつけたいものです。

これまでに多くの「不用意な言葉」で失敗を重ねてきた僕だからこそ、そう感じるのです。

梅雨らしい気候なのか?そうでも無いのか?

何だか、1日を通して雨、と言う気候ではありません。今日も午前中は「まさしく梅雨」と言った感じの天気で、アコースティック・ギターで「雨降る窓辺で」とか弾いて、「エ~感じちゃう?」と言う気分に浸っていたのに、数時間後は「雨上がりの涼しさ漂う黄昏時」になって、まだ通ったことの無い、くねくねとした道を散策してしまいました。

今日、昼下がりに聞いていたラジオのトーク番組が、「友人と二人で“どこかのFMラジオ局のDJ”になりきったトークを録音した」と言うリスナーの投稿で盛り上がっていましたけど、実は僕も中学生のときに「なりきりDJトーク」を録音したことがあるのです。

普通の人にとっては人生における汚点、恥部とも言える出来事でしょうけど、僕の人生には汚点と恥部がテンコ盛りなので、つい忘れていました。

今の時代の子供たちはテクノロジーも恵まれているので、音楽とトークをかぶせて録音・編集するなんてアサメシ前でしょうけど、今から40年以上も前に、田舎の中学生が一人でやるのは、それはそれは大変で、1週間ぐらい勉強も何もかもほったらかしだったように思います。

実際に、どうやって録音のセッティングをしたのか覚えていませんが、ステレオからのアウトプットとマイクからのアウトプットのラインを、どうにかこうにかカセット・レコーダーのインプットにつなげたのだと思います。

録音はもちろん「生」の「一発録り」。余り品質の良くない住宅構造だったので、音は「ダダ漏れ」(汗)。

当時好きだったベンチャーズのナンバーを紹介しながらの「DJ気取り」でしたけど、我ながらウケタのが「冗談ニュース」でした。BGMにはベンチャーズの「ハワイ5-0(ファイブ・オー)」を流しながら、クラスメートやらをネタにしたニュース・トークは我ながら、いい出来だったと思います。(いや、決して自慢できることではない)

今度、似たようなことをやるとしたら(マジか!?)、「やたら横文字を使う」FMラジオ局のDJと「やたらテンションの高い」ゲストのトーク番組、みたいなのをやってみたいですネェ・・・。

今の時代、YouTubeへの動画投稿だって出来るのですからね。(やばいヤバイ)

「ハワイ5-O」はこんな曲。50歳以上の人なら知っているかも。

ヤッパ25,000円の中古エアコンは駄目だなぁ・・・

我がアパート、一応、二部屋のうち一部屋はエアコン付きなのだけど、寝室兼作業用の部屋もエアコンが欲しくて、入居時に取り付け工事込みで2万5千円の中古エアコンをつけました。

ただ、これが、どうも思ったように動いてくれないことが多く、とうとう限界か、と言う感じです。

う~ん、イタイ・・・安物買いの銭失いと言うか、とにかく「銭失い」のエキスパートです。

仕事はたいして来ないのに・・・

100618_2121dell


小型(11.3インチ画面)のノート・パソコンが昨日届きました。

先日の不具合(?)騒ぎで少々びくついてしまったので、痛い出費ですが、個人営業の高い保険のようなものです。

Microsoft Office 2010も併せて買いました。基本的には同じ機能を持つ類似ソフトが数千円で買えるのに、これもまた一つの「業界標準」で備えなければいけないソフトです。

でも、バックアップのPCも、オフィス・ソフトも翻訳業をしなければ必要ないわけですから、来年の確定申告では控除してもらうつもりです。

新しいPC、OS、ソフトなどはいろいろと不便なことも多くあります。だから、今使っているPC(Windows Vista)を引き続き使い続け、新しいPCは、時々、ソフトやシステムの更新ダウンロードをするぐらいで、本当に必要なとき以外は使用を控えるようにします。

もったいない話ですが、現在使用している翻訳支援ソフトがMicrosoft Office 2010と連携作動しないこと、各種設定、それから多少画面が大きい(約13インチ)であることから、仕方ないです。

しかし、Fujitsuの翻訳支援ソフトはOffice 2010への対応は予定していないとか、しっかりせぇよ、と言いたくなります。いずれ、翻訳支援ソフトも買わないといけなくなるのでしょう。

こうしてみると、翻訳業って、よっぽど仕事が来ないと割に合わない仕事だと言うことが分かります。

明日は2週間ぶりに来た仕事を片付けてから、日本対オランダの試合を見ます。

不幸せになる方法

まず、どういった状態が幸せなのかイメージする。このイメージはいたるところに転がっているから探す必要など無い。

むしろ、教育、テレビ、雑誌、ネットのおかげで「こう言うのが幸せですよ」と言うメッセージにイヤと言うほど晒されているから、普通は知らず知らずのうちに、「幸せってこう言うものなんだ」と言うイメージが出来ている。

それは、
「お金がある」
「生活が保証されている」
「彼女(彼氏)がいる」
「友達が沢山いる」
「家族(配偶者、子供、孫など)と仲良く暮らしている」
「ソーラーシステムが付いている一戸建てに住む」
「大企業で働く、出世する」

と言った言葉で表現されることが多いようだ。テレビのコマーシャルとか、ワイドショーの「貧乏だけど明るい10何人家族」とかいった企画を見ると良く分かる。

こんな他人が作った言葉やイメージに踊らされて、自分の「幸せレベル」を計る、それが「不幸せ」の始まり。

「何かがあるから」の幸せなんて、裏を返せばその「何か」を失うことへの恐怖でしかない。

恐怖から逃れたい一心で多くの人が、お金を追い求め、辛い仕事を押し付けられ、好きでもない人間と付き合っている。

それって、幸せなのか?

と、人から余り幸せそうに見られない(だって、上のリストに全く当てはまらないkら…)男のつぶやき。

6月の通院日でした

今日は4週間置きの定期健診日でした。

何度通っても病院は気持ちが明るくなるところではありませんね。個人経営のクリニックだったら診療科目にもよるのだろうけど、BGMを流したりするんでしょうか。

自分も含めて、診察を待っている間に、いろいろとネガティブな思いにとらわれる人も多いだろうと思います。そう言う時に、ふっと心が安らぐとか、笑みがこぼれるとかいった事が病気を抱えた人にとっては砂漠のオアシスのような救いになるのだろうと思います。

僕自身が暗い顔つきをしていたら、きっとそのマイナス・オーラは既に暗い気持ちになっている周りの人にもたやすく伝染してしまうでしょう。人に迷惑をかけないためにも、自分を追い込まないにためにも、出来るだけポジティブな気持ちを保たないといけないな、と順番を待つ間に感じました。

かと言って、隣の見ず知らずの人に冗談を言うだけの神経はありませんが・・・

検査数値を見た担当医から「少し、ストイックになってませんか?」と言われました。どうやらタンパク質が十分でない傾向を示す数値が出たようです。タンパク質摂取に神経質になりすぎているのでしょうか。

摂り過ぎると腎臓の弱り方が早まり、十分でないと、それはそれで問題だし、調整が難しいです。

ワールドカップに段々とハマッテ来た

スポーツ番組はやはりライブで見るに限りますね。

これまでの所、韓国とギリシャ、アルゼンチンとナイジェリアの試合を見ましたけれど、どちらも退屈させない面白いゲームでした。

日本に余り期待しないだけ、冷静にゲームが楽しめるような気もします。でも、ベスト4を狙ってるんですよね、確か。

まぁ、短期戦ですから、いろんなことが起こる可能性がありますから、いい結果が出るのはいいのですけれど、それよりも世界のトッププレーヤーの活躍を見るほうが面白いとも思ってます。

しかし、アルゼンチンのメッシのドリブルは凄いですね。それからディエゴ・マラドーナ監督は、なんかコメディの舞台俳優のように動き回ってて、あのキャラの立ち方は、テレビには欠かせない存在です。

今のところは、何とか午前1時ぐらいまでは見れる時差なのですが、決勝トーナメントとかに入ったら、もっと遅くなるのでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。