プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トイ・ストーリー3」を観て来ました。

今日は夕方から、娘と約束していた「トイ・ストーリー3」をノースポート・モールまで観に行ってきました。

久しぶりに納得して「いい映画だった」と言える作品でした。

娘にとっては、主人公のアンディの成長が、そのまま自分の成長の時間軸とかぶるところがあって、特に印象深かったようです。

このストーリーには「父親」が全く登場しませんが、ウッディが「父親としての役割」を演じているからかもしれません。

企業の身売りに心揺れる職人グループとか、非正規雇用者に対する抑圧のニュースを思い浮かべるような展開もあり、中だるみも感じない2時間弱でした。

初めて3-D映画を見ましたが、メガネの上に3-Dメガネをかけるのは、チョット疲れるというか、気が散ることはありました。でも、3-Dで見れて満足です。

意外と子供を大人まで育ててきた年配の人が見ると「泣ける」映画かもしれません。僕も泣きましたし(笑)。

3-Dでなくても、映画館でなくても、DVDで見る価値が十分にある映画でした。

帰宅してからは、今日から始まった「熱海の捜査官」を見ました。

主演オダギリ・ジョー、脚本・監督が三木聡と言う「時効警察(今となっては成立しにくいタイトルです)」のコンビによる、「時効警察」と同じ時間枠でのドラマなので期待しています。

初回を見た感じでは… 何だか「ツイン・ピークス」を思い出すポイントがところどころにあります。

共通するポイントが、

1) 事件の舞台となる町が、田舎で、閉鎖的。
2) 登場人物の殆どが「胡散臭い」
3) 広域捜査官(オダギリ)が地元警察と協力するパターンは、連邦捜査官クーパーが地元の保安官と協力するパターンと同じ。
4) どちらも地元の警察官のスタイルがテキサス・レンジャーを思い出させるようなウェスタン・スタイル。
5) 地元のカフェを訪れた連邦捜査官クーパーがコーヒーを口にした後「このコーヒー、メッチャうめぇ!!("Damn good(fne) coffee!")」と言うシーンと、オダギリがパンを食べて、膝をバンバン叩きながら「美味しい!美味しい!」と言うところ。

「ツイン・ピークス」ほどの暗さ、不思議さは「熱海の捜査官」には無く、コミカルな要素が多いとは思いますけど、何だか、似てるんですよ、この二つの番組。
スポンサーサイト

今日は涼しくなったけど気温の変動がコタエル

既に夏バテのようですね。

仕事は(よくあることだけど)当初の予想より量が少なく、早めに終わり、今日も半日暇を持て余す。

暇なら「下手なギター」が少しでも「下手ではないかもしれないと思わせるギター」程度になるように練習すればいいのだけど、もうこの辺が人生をナメテル、いや諦めている初老の孤独フリーターのだらしないところで、ただ無為に時を過ごしています。

自分なりに「目分量」主体の低たんぱく食をやっているのですけど、これがどの程度効果があるのか、専門家の間では効果を認められているのか、はいつも気になるところです。

今のところ、専門家によっては「イエス」でもあり「ノー」でもある、と言うことです。大きな問題は、条件を綿密にコントロールした環境下で、チャンとした臨床実験が十分に出来ていないと言う事実によるようです。

透析導入を遅らせる可能性に賭けるのか、いつまで生きられるか誰もわからない中で、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)を犠牲にしてまで、その「可能性」を追い求める価値はあるのか、迷いは尽きません。

でも、一つだけ、迷う必要の無いことがあります。

「死ぬまで、絶対生きてやる!!」 ヾ(°∇°*) オイオイ

僕は「弾きたい」のか?それとも「ウケタイ」のか?

最近は自宅でお酒を飲むことはとても少なくなりました。お酒を飲む時間やお金を、そのまま、あるいはそれ以上を本を買って読むことに費やしているような気がします。

単行本よりも文庫本が好きです。昔から、T-シャツに「洗いざらしのジーパン(今どきジーパンとか言わないよね)」の尻ポケットに文庫本を突っ込んでいる男の後姿に憧れているものですから…

最近は「速読法」なるものもありますが、僕も結構、読むのが早いほうだと思います。面白いストーリーだと、早く次を読みたくなって、それこそ「斜め読み」みたいになってしまう事もあります。

その所為か、時折、「あれ?どうしてこうなるんだっけ?」とか「え~っと、この人物はどういう人だったっけ?」と前のページに戻ってしまうこともあります。

最近読んだ文庫の中の一冊に小節短編集「現代の小説2010~短編ベストコレクション(徳間文庫)」があります。

全体として、それほどお勧めの本ではなかったけれど、こういった短編集で何人もの作家の作風を知るのは悪くないと思っています。

少数ではあるけれど、印象に残った短編ストーリーの一つに「さいとう市立さいとう高校野球部雑録(あさのあつこ)」があります。

主人公の高校球児が、自分が野球をやるのは、誰のためでもなく、甲子園がどうのこうのでもなく、ただただボールを投げたいから、野球をやりたいからだ、と思い知ることでストーリーの幕が下ります。

このストーリーを読んで、自分がギターを弾く意味を改めて思うことになりました。

僕が音楽に興味を持ち始めた時期は、多分、一般的(?)男子と似ていて、生まれて初めて異性を意識し始めたりする時期とかぶっていました。

音楽、そしてギターと言う楽器と、僕の初恋とが並行して、全速力で頭と体を駆け抜けていったのが僕の中学・高校時代だったのかもしれません。

その所為なのかは断言できませんけれど、僕のギターは恋愛と表裏のような意識が出来上がった様で、「女性にもてる為」あるいは「ウケを求めて」ギターを弾いていると思ってきました。

でも、素敵で巧みなギター演奏をする人の多くが「ただ純粋にギター、あるいは音楽が好き」と言う動機でギターを弾いているのを知るようになると、自分のギターに対する思いって、結構「不純」だよなぁ、と思ってしまいます。

「ギターを弾き続けたい」「ギターが弾けて幸せ」だとは思いつつ、いつも自分の心には「結局、ウケたいだけなんだろ」とささやく悪魔が住んでいるようです。

そうは言っても、今のような環境に置かれると、ギターを弾けるってほんとうにラッキーだと心から思います。

例え、体が不自由になっても、ギターが弾けることは大きな喜びを与えてくれるに違いないと思います。そして、例えギターの弾けない体になっても、ギターと音楽にかかわり続けられることが出来るよう切に願っています。

雷が鳴って雨は降ったけど、それほど涼しくならない

いずれは自分も人工透析を受けることになる(あるいはその前に死ぬ)ことが分かってからは、同じように腎不全保存期を過ごしている方、透析を受けている方たちが書かれているブログを読ませていただくことが多くなりました。

10人いれば10通りの原因があり、生活環境があり、そして現実があります。

他人の不幸を見て、自分の不幸を緩和できるはずもありませんが、自分のような小さな、弱い人間には、そういう気持ちが無いと、自信を持って言えないところがあります。

僕なんかよりもずっとずっと悪い症状を持ちつつ、僕よりもずっとずっと前向きに毎日を生きている人もいて、励まされるような、自分が恥ずかしいような、複雑な気持ちにもなったりします。

まだ、若くて、子供が幼くて、仕事も家庭も、沢山の期待を持っておられたであろう人が、突然、腎不全や人工透析に見舞われてしまったケースも知りました。

そう言う事実を知ると、自分が置かれた状況を自ら哀れむようなみっともないまねだけはしたくないと切に願ってしまいます。自分自身を哀れむことが無くならない限り、今の状態も透析も受け入れられないのかも知れません。

そう言う「ヘタレ」な僕ではありますが、これまで生きていて良かったと思うし、無為に過ごすこともある今日と言う一日ですらも生きて来れたことだけでも、幸せだと思います。

今日1日、生き延びれば、明日は何が起こるか分からない、誰に出会うか分からない、そう言う期待が無くなる事は無いのですから。

僕の「三丁目の夕日」時代

暑い日が続いて、結構ばてています。エアコンも四六時中つけていると体が変な感じになってきます。かと言って、この暑さで熱中症で孤独死してしまうのもいかがなものか、といったところです。

昨夜は約1ヶ月ぶりの江部先生のレッスンでした。レッスンと言っても、僕が暗譜している曲をあれこれ弾いて、「どう…です…かね?」と先生のお顔をうかがう、そんな感じです。

昨日は僕が練習しているボサノバのコードを弾きながら、江部先生が即興でメロディを弾く、と言った「お遊び」もあって、1時間のレッスンはあっと言う間。

1時間、たまプラーザ駅のベンチで時間をつぶして、Yuta君と待ち合わせ、近くの居酒屋で、僕の後にレッスンを済ませたKanaiさん、江部先生が合流しての飲み会。

さながら「江部組月例会」と言った感じで、盛り上がりました。

ただ、やはり少し飲みすぎたのか、夏バテの所為なのか、帰宅後は体が火照った感じが取れず、なかなか寝付けませんでした。

そんな感じで今朝は「元気ハツラツ」とは程遠かったのですが、明日の朝が納期の翻訳チェックが届いていて、午前中、何とか頑張って仕上げました。


少し前に叔父さんが「おい、こんな写真見つけたぞ」と言って渡してくれたのが、僕が3歳になる少し前の頃に、兄の幼稚園入園式の後、当時の自宅前で母と兄と一緒に写った写真でした。

文字通り、セピア色の写真を見ていたら、「Always ~ 三丁目の夕日」のテーマ曲を弾きたくなりました。

映画を娘と見に行ったのが、もう5年近く前でしょうか。二人して涙が止まらなかったのを覚えています。

丁度、この写真が撮られたころは、あの映画が設定していた年代とほぼ同じです。まだ我が家にはテレビは無く、兄と「赤胴鈴乃助」ごっこを夢中になってやっていた頃です。

写真のように、小学校に入る頃まで僕の写真は、ほとんど、横か後ろを向いて写っていました。生まれつき「まっすぐではない」性格だったようです。

「Always ~ 三丁目の夕日」のテーマ曲は、弦太郎さんもご自身がアレンジされた二重奏バージョンを公開されています。僕の演奏の後に聴くと、その演奏の美しさがより一層際立つこと請け合いです。

背景に使われている写真も、とてもいい感じです。

変則的な作業時間

今日も午前中はほぼ翻訳チェック。夕方まで次の翻訳ファイルが来ないので、午後はギター弾いたり、暑さでぐったりしたり、暑いけど仕方なくスーパーに買出しに言ったりして過ごしました。

で、これから夕食作って、食べてから翻訳チェックの作業に入ります。

もう既に、結構疲れてるっちゅうのに…(汗)

でも、出来るだけ今日のうちに進めておかないと、明日の夕方は江部先生のレッスンがあるんで…と言うことは…その後は飲み会…
o(^∇^)o ワクワク

しかし、午前中に仕事、半日置いて又仕事って、嫌になるわ。

最近は余りギターの練習も出来ていないから、明日のレッスンも「ダベリング」が殆どか。

話は変わるけど、金賢姫元北朝鮮工作員の一連の騒動。なんか凄まじいほどの「茶番劇」に見えるんだけど。

拉致被害者関係者や真面目に救出を願っている人たちにとって、ある意味失礼になるんじゃないか?

結局、この裏にも政治的、商業的利権があるんだろうけど、政治的には大失敗じゃん。

暑い・・・今日はどこへも出かけませんでした

チェック用の翻訳ファイルがタイミングよくこないので、遊べはしないけど、ポッカリ時間が空いてしまうことがよくあります。

明日も、朝から作業して1本夕方までに納品、夕方から週末にかけてもう1本のファイルを納品しないといけないので、いつもは金曜日と決めている部屋の掃除とかの雑用は今日の午前中に済ませました。

クラシック・ギターの弦を久しぶりに張り替えて、2日ほどサボっていた練習、と言うほどの事ではないけど、暗譜している曲を何とか数曲ぐらいはキープするための練習をしたり、ボサノバの練習をリズム・マシンに合わせて練習したりしました。段々とリズム・マシンの音にも慣れてきました。(遅過ぎ?)

ギターもエアコンを入れた部屋じゃないと、とてもじゃないけどやってられませんね(汗)。

それでもまだファイルが届かなかったので、午後は録画しておいた「スター・ウォーズ」を見たりしました。今日までNHK-BSで劇場版、全6話を連続で放送しているのです。

夕方に届いた翻訳ファイルをさっきまでチェックしていました。残りは明日やりましょう。

100722_0808brkfst 

上の写真は、最近の僕の朝食の定番です。

タンパク調整バーガーパン、ツナ缶1/3と野菜を使ったツナサラダ、そしてコーヒーです。タンパク質は7~8g程度、塩分は1g程度と見積もってます。

タンパク調整バーガーパン、割と美味しいのだけど、マックのチーズバーガーより値段が高いからなぁ…(泣)

消えつつある映画の「字幕」

今日も偉く暑い1日でした。エアコンのある部屋から一歩出ると「モワァ~ッ」とした熱気に包まれます。

今日も翻訳チェックの1日でした。割りと早いペースで仕上がりそうですが、翻訳者の作業が遅れていて、週末もそこそこの作業がありそうです。

今更「トイストーリー」が好き、と言うと笑われるだろうけど、実際にお気に入りの映画です。

第1作目は、ロス・アンジェルスに残した家族に会うために休暇を使って日本からアメリカに戻ったときに、丁度公開中だったので、娘と二人で見に行ったのです。

アメリカだから「字幕」も「吹き替え」も無いのですが、登場キャラクターの声を吹き替えている役者が、僕がドラマやコメディ・ショーで見聞きしていたコメディアンが多かったので、もう「声」を聴いただけで、その本人のイメージが浮かんでしまい、もう笑いっぱなしで、隣で幼い娘が「ヒイテ」いたほどです。

今公開中の「トイストーリー3」も見に行こうと思っているのですが、3D映像で上映されるのが一つの原因なのか、結構上映館が限られている上に、「字幕版」を上映している映画館が極端に少なくなっています。

一番近くのシネコンでは、夜10時から深夜12時までのレイト・ショー1回きりです。

確かにストーリーが複雑化してくると、映画の中での台詞が「説明的」な内容になり、台詞に含まれる言葉の数は段々と増えてきています。

一方で、人間が一定時間内に眼で見て頭で理解する文字数は限界があります。最近の字幕版の映画やドラマを見ていると、「字幕」の情報が、かなり「スリム」に削られているのが分かります。

映像を見つつ、英語を聞きつつ、眼で字幕をスキャンしながらその英語の内容を確認する、と言う映画の見方は、確かに疲れるし、映画を楽しむと言う点では問題があるのかもしれません。

「24」レベルのストーリーの無茶苦茶さになると、正直「字幕」を追って、ストーリーを理解するのに精一杯の感じもあります。

それでもなお、演者の肉声と言うのは、(「トイストーリー」はアニメだから少し違うけど)その演者のイメージと深く結びついていて、今となっては、吹き替えはどうにもしっくり来ないものなのです。

ちなみに、日本で「字幕」と言うと、某女性字幕翻訳家の名前が良く出ますけど、僕が割りとヒイキにしている映画評論家やらコメンテーターは余り良い評価はしていないようです。

まぁ、映画の字幕翻訳とか、それはもう寡占で、物凄く「狭い社会」ですから、いろいろあるんでしょうね。

でも、日本語の字幕、間違いとか、海外の事情に疎いのが明らかな表現とかが結構あります。

明日も暑いんかなぁ。いややなぁ。

今日の暑さにはギブ・アップ

さすがに昨夜はエアコンのタイマーをセットして寝ました。

今日は暑かった…午前中からエアコン無しではいられなかったです。

いつもは散歩もかねてスーパーまで歩くのですが、今日はパス。明日も厳しいかな?

午後からは明日の朝までの翻訳チェックと、これまた叔父さんからの「至急」のワード入力が入って、6時ごろまでパソコンに向かい合ってました。

さすがに疲れた。

明日、明後日も引き続き翻訳チェックですが、当初予想した量をはるかに下回る作業量となり、ちょっとがっかりです。

しかし、翻訳の原文の英語の質がひどいものが続いています。いつも思うのだけど、「原文の品質を上回る翻訳は無い」です。

それって、いろんなことに当てはまると思います。

結局、ある個人自身を上回る物は出せない。カッコウをつけようと飾り立てたところで、分かる人にはチャンと見透かされている。

音楽にしても、絵にしても、表現者を超える演奏や作品は無理なのだと言うことですね。

どうりで上手くならないはずだ。

暑くなったけど、冷え性になった僕はまだ耐えられる

明け方は、朝日が「モロに」当たる部屋であるため、遮光カーテンで差し込む光は抑えても、部屋の温度は結構上がります。

新品のエアコンのおかげで、その暑さも何とかしのぐ事が出来るようになりました。以前の中古のエアコンは音はうるさく、やたら冷たい風を出すだけの「役立たず」でしたから。

昨夜は一週間ぶりにお酒を飲みました。NHKのBS放送で「スター・ウォーズ」のシリーズが全作品包装されることになり、それを見ながら、バーボンでハイ・ボールを3~4杯飲んだら、かなり酔いがまわって、12時頃には眠りに付いたようです。

今朝は眠くて、暑くて、だるくて、起きるのが遅くなりましたけど、酔いは残っておらず、ノロノロとベッドから出て、午前中はワッフルを作り置きしたり、洗濯をしたりしていました。

叔父さんの依頼での、試験問題のワード入力を途中までやって、水曜日に会ったばかりですが、先日A子さんから貰ったアメリカ土産を渡すのも兼ねて、また娘と"たまプラーザ"出会ってきました。

今日は娘が好きなイラストレータである中村祐介の画集が本屋にあったので買ったのですが、画集って結構たかいよねぇ(汗)

まぁ、彼の絵の雰囲気は僕も割かし好きです。

彼のサイトを見たら、プロフィールのページにギターを弾いてる彼の写真がありました。

才能のある奴は、何でも出来ちゃうんだなぁ・・・

ん?大阪芸術大学卒?  中島らも(古田新太もだけど)の後輩じゃん…(学科は違うし、どーでもいい情報)

僕はいろんなことに手を出したけど、何一つまともに出来てない。ま、いっか。皆が皆、何でもかんでも100%出来る世の中なんて怖いよね。


暑い1日だったけど、6時近くになって、スーパーへ買い物に出かけた頃は、湿度も高くない、夏らしいけど、息苦しくは無い、そんなタソガレ時でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。