プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り合えず「生還」しました

大晦日の夜、8時半、何とかアパートに帰り着きました。

アパートも無事だったようで、熱いシャワー浴びたら寝ます。

なに、「紅白」?しらねぇよ!
スポンサーサイト

暴風雪警報!?

どんだけ困らせてくれるんだ、この天気?

って、おれの行いの所為?え゛~~~~(T_T)

佐伯に向かうなう


大分県にはいると田園風景が続きます。

佐伯では中学時代の友人と会って、その後兄と墓参り、夕食をして、博多に深夜とんぼ返りする予定です。

旅の二日目…すでにホームシック…

昨日の夜は大学時代の友人の(毎度当ブログでおなじみ)M准教授、そして二人で入り浸っていたスナックのママさん、その妹さん、ママさんの旦那、ママさんの長女(なんとさん、前日にアメリカから帰国!)、次女(はるさん)、三女、そして長女と次女の子供たち、僕を含め総勢11名で飲み会でした。

僕の歓迎会という名目だったと思うのだけど、ママさんたち一族の忘年会に僕とM准教授が巻き込まれたような感じでした。(汗)

20101227partyhakata

いやぁ、かしましいのなんの(笑)。テーブルの端と端で違う話題で盛り上がり、間に挟まれたぼくとM君は、もう「聖徳太子じゃねぇっ!」と言いたくなるほどのカオス状態。

なんせ、全員ママさん夫婦と血のつながりがあるわけで、声も話し方もよくまぁシンクロしちゃって(笑)。最近、尿酸値が高いといわれているM君、プリン体に敏感になっているので、僕とのコンビ名は「プリン体タンパク質」にしたら、と言ったら、全員にウケた。

割と早い時間にお開きになったので、飲み足りなかった僕とM君は居酒屋で二次会。ホテルに戻ったのは12時過ぎでした。

今朝は二日酔いと部屋の乾燥もあって、少々きつい寝起きでした。

低たんぱく・減塩カレーで朝食をとって、大学時代、お世話になって、今のギターを売ってくれたワカハラさんのお店へギターを抱えていきました。

もうギターは扱っていないし、弾いてもいないそうですが、少し僕のギターを弾いてもらい、僕もポロポロと弾きました。「これだけいい音のするギターはなかなかないよ」と言われて、ほんとに嬉しかったです。

いいギターを売って頂いて本当に良かった。

午後は大川まで出かけ、今年亡くなった義理の母の墓参りと併せて、ご家族へのご挨拶。

お墓参りの後、タクシーを拾って駅まで行こうと歩いていたら、雷を伴った強い雨と風。天国の義母の怒りなのでしょうか?傘も滅茶苦茶。でも、これぐらいのばちで済むんだったらいいか。

今日の福岡地方は強い雨と風が断続的に起こる、とてもメンドクサイ天気でした。

明日は予定通りであれば佐伯までの日帰り旅行。今晩はおとなしくして、早く寝ましょう。

チェックインしました

空港で少し時間をつぶして2時半ごろ宿泊先のビジネスホテルにチェックインしました。

ほんとに寝るだけのための部屋ですが、ネット接続、ミニキッチンがついているし、加湿器もあるし、冷蔵庫やら湯沸かしポット、電子レンジなどがそろっていて、僕にとっては助かります。

往復航空券+4泊5日のパッケージで¥54,000は、悪くないと思います。

低タンパクご飯と減塩ふりかけで軽くお腹を満たして、一休みしたらM准教授や昔、彼と一緒にお世話になったスナックの関係者(なんと7名!)との飲み会です。

娘や親しい人から「飲み過ぎないように」と警告を受けています。

警告に従った人生を送ってたら、どんな幸せな人生だったか知らないけれど、今の自分もなぜかとても幸せ。

博多元祖鶏めし


福岡空港に無事着きました。

ホテルのチェックインまで時間があるので、ここで持参のお弁当を食べました。

2年前だったら、ここで絶対博多ラーメンか写真のような鶏めしを食べていたでしょうね。

今回は低タンパクご飯に冷凍のメンチカツ、トンカツ、ヒジキの惣菜、味付け海苔でタンパク質7g、塩分1g程度になりました。

夜、飲み会なのでもう少しタンパク質を抑えた方が良かったでしょうね。

羽田に着きました


空港に着くまでの電車とバスでの移動、それから空港でのチェックインまでか緊張しますね。

ギターは専用のケースに入れてくれるのは有りがたいのですが、平積みにはして欲しくないなぁ…

2年半ぶりの九州です。

あの頃も心が舞い上がっていましたねぇ…

荷造りほぼ完了

いよいよ明日の朝、旅に出ます。前のブログでも書いたように今回の旅は「観光」ではなく、「ご挨拶回り」が主たる目的です。

101226_1802packing


何だかんだで、ユックリ出来るのは30日の昼間だけのようです。回る所が点在、と言うか県の範囲を超えているので1日に回れるのがせいぜい2箇所なのです。

自分としては明日の飛行機に乗るまでが一つの大きな作業と思っています。早起きもしないといけないし…

滞在先はネット接続が出来る環境なので、出来るだけ旅行中も更新をしますけど、たいした内容でもないし、僕の知人の事を読んだ所で面白くも無いでしょう。っていうか、このブログ自体が大して読む価値も無いのだけど(笑)。

ところが、昨晩、ボサノバのパートナーとしてお互いこの1年、相手に我慢をしてきた(笑)ご褒美と言うことで、Ogarinさんと(規模は)ささやかに、そして(声は)盛大に忘年会を開催中、佐伯の中学時代からの親友のN君から携帯に電話が入り、ビックリしました。

今回、佐伯は数時間しか滞在しないことにしていたので、家具店を経営しているN君は時間を割く余裕は無いだろうと判断して連絡を取らなかったのですが、どうやら彼は「今もなお」このブログを読んでくれているらしいのです。

思いがけずうれしい展開になりました。彼とも会えるようにスケジュールを組みたいと思っています。

今夜は眠れないだろうなぁ…いろいろな思いが押し寄せてきて…

2年前、1年前、今年と、この3年は物凄いローラーコースターに乗ったような日々が続きました。

これは来年もきっと続くでしょう。上下の揺れと言うよりも、横揺れかな?

「この忙しい年の瀬に・・・」と思われてるんだろうなぁ・・・(汗)

今回、わざわざ世の中が一番忙しくしている年の瀬に「里帰り」を決めた大きな理由は、毎年暮れの30日に開かれている大学の同窓生の集まりです。

同窓生とは個別に会うことはあっても、こう言うオープンな集まりに出席するのは、卒業以来無かったような気がします。

高校の同窓による東京での集まりは出たことはありましたけれど、自分、どんだけ世間からずれてんの、と軽いショックを受けて以来、その手の集まりには出ていません。

大学は、ほぼ皆が建設(施行、設計、研究)方面に進んでいるので、高校のグループに比べて「同質性」は高いのですが、ここでもやはり、僕は「異質」です。

一言で言えば、死ぬまでに一度、そう言う集まりに出席して、短い大学生活の間に巡り合えてよかったと思う人にはお礼を言っておきたいのが本音です。

その機会を利用して、もう、僕を含め、50,60,70歳の年代の人達に会えるだけ会っておきたいと思いました。

それと、今年お亡くなりになった、元カミさんのお母様のお墓参りをかねて、里帰りの度にお世話になった弟さんのお嫁さんにもご挨拶をしてきます。

時間の都合がつけば大分の佐伯の両親の墓参りも行く予定です。

もう一つ、福岡に行かなくてはならない理由があるのですが、それはそこに行った時に報告します。

何人かの方に連絡を取り、アポイントが取れた人、もうお年をめされていて、お会いして、心や体の負担をかけない方が良いと判断したケースもありました。

遠く離れたまま、時間が過ぎていくうちに、違う世界で生きてきた人間の間にもいろんな「隙間」や「ずれ」が出てくるのは当然なのですけど、僕の「人生時計」は止まったままとは言わないまでも、人に比べて進み方が遅いので、その「ずれ」に気づかないままでいる事が多いようです。

ただ、連絡をもらった人たちの中には「なにもわざわざこんな忙しい時期に…」と感じた人もいたかもしれないし、そう思われても仕方のないことだと思います。

少し前までは、一人きりの病気の体を抱え、もうたいして大きな変化のないままに自分の人生はエンディングへ向かうのだろうと、そしてエンディングは福岡あたりで迎える準備をしようか思っていました。

でも、そうならないかもしれなくなってきました。仮に福岡に戻ったところで、そこでずっと暮らしてきた人にとって、例え旧知の仲であっても、ある意味「他人」としての関係の再スタートと言うことになるでしょう。

ややこしい考え方をしていますけれど、少しずつ人生の清算をしていかなければいけないタイミングが来ているのだな、と思うのです。

残りがそう長くない人生で、新しいスタートをするには、そう言う「清算」も必要なのかもしれません。

数日間、ブログをサボりました(てへっ)

何だかんだ、それなりにバタバタしていました。

仕事じゃなくて、お遊びが主体の忙しさで「精神的」には潤ったのですが、財布は「枯渇」しました(汗)。

来週は早々に飛行機で九州入りするので、それなりに支度をしないといけないのですが、なかなかその気分になれないでいます。

先日は、ちょっとした仕事関連の話で10年前に務めていたプロジェクト管理セミナー会社に行ってきました。

そこで働く前から知人だった社長とは「仕事を離れれば」とてもいい関係が続いていて(おかしな関係です)、辞めた後も、1~2年に一度は会って話をする仲です。

とりあえず、在宅・時間給ベースで新しい研修コースのためのケース・スタディの作成に入ることになりました。

でも、プロジェクト管理からは10年、建設プロジェクトからは15年から20年遠ざかっているので、どこまで通用するか分かりませんが、海外の経験の無い管理者向けには、それなりに有益な情報も提供できるかもしれません。

ここ2~3ヶ月、いろんな事があって、心が大きく揺れています。

1年前には想像できなかったことです。

多分、1年後も、今想像だにしていない状態になるのかもしれません。

楽しみなような、怖いような。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。