プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全や安心は与えられるものではない

昨日行われた東電首脳部の記者会見を途中見れない個所もいくつかあったけどニコニコ動画とYouTubeを使って可能な範囲で見ました。

会見に高い緊張が走ったのは地震発生時に東電会長は中国を訪問視察中で、この一行に主要メディア関係者が含まれていて、少なくとも彼らの旅費の一部は東電が負担したことを会長が認めた場面でした。

いやしくもジャーナリズムを口に出す者が、例えOBとは言え、かなりの影響力を持つ者が、東電のような企業から「接待」を受けて、どこがジャーナリズムだ、と言いたい。

で、この話題、メジャーなニュース・メディアでは完全にスルーされた模様。おそらく、民放はもとより、NHKもそのトップには電力関係のOBが入っているんでしょうね。

これでは、テレビやラジオで出てくる「原子力エキスパート」だって御用学者しか出してないだろう、と言う疑惑は否定できません。

だからと言って、ネットでの情報が正しいかと言うと、必ずしもそうでないと思った方がいいみたいです。

何を信じるかは、個人の選択であり、その選択に責任を持つのは個人でしかありません。


日本全国の原発に安全対策を見直すようにとの指示が出たみたいだけど、そこでも「避難手順」「避難訓練」に関しては何も言われていないみたい。

昨日の記者会見でも出ていなかったけど、最悪の事態を想定すれば避難計画とその有効な実行が被害を最小化するうえで最終のセーフティネットだと思う。

今回の福島原発周辺住民の避難後の状況を見ると、住民の参加する訓練は行われていなかったと思わざるを得ない。

自宅に戻って貴重品や大事な思い出の品を回収したいと思う気持ちはわかるけど、避難計画が単なる「営業認可に必要だから作った書類」としてキャビネットにしまわれたままで、避難訓練が住民不在で行われたとすれば、東電の責任も重大だけど、住民も自分自身の安全と言うものにもう少し注意を払うべきだったんじゃないかと思う。

原発を現在抱えているコミュニティは、今こそ福島をモデルにした具体的な緊急事態を想定した訓練をすべきです。その際、電力会社や自治体が何をするのか明確に約束させることです。

自分が責任ある行動をとって、初めて安全と言う形が見えてきはじめます。

あなたに安全を提供しますよ、と言う人は、それに対する対価が払われないと、アッサリとあなたを見捨てるかもしれません。
スポンサーサイト

「毒」を吐かないと、もう持たない…

機能不全に陥った社長を交代できない東電とは一体何なのか?

対応策に専念中?お前みたいな奴が知恵を出して解決する問題じゃないんだから、別の事を考えろ。

他の経営陣も「火中の栗」を拾いたがらないのか、リーダー皆無。

真面目にやっている社員が可哀そうにも思えるが、それも社員一人一人の責任。原発での作業が嫌なら辞める権利はあるはず。泣き言をリークして事態が良くなるのか?自衛隊、消防隊も含め覚悟を決めた人にとって、こういう人はフロントラインにいてほしくない。

原発周辺から避難した住民にシェルターも提供せず、十分な基準も示さない計画停電も出たとこ勝負。利権でがんじがらめになった組織の典型だ。


チャリティ・イベントがあちこちで催される。日本代表が出るサッカーの試合から、アマチュア(あるいはそれ以前の)アーティストまで様々。

そう言ったチャリティ・イベントに出かける前に自分自身に問いかけてほしい。

このイベントは例えチャリティでなくても自分が参加したい、と思うレベルのものなのか?と

チャリティ・イベントで自分が使うお金を日本赤十字とかの義援金に回した方が有効なのではないか?と

下手な歌や演奏でさえ、今なら人は簡単に涙する。泣いてもいいが、歌い手や演奏家がそれを自分の音楽のクオリティとかと勘違いしないことを望む。それで被災者の痛みが分かったなどと思わないことを望む。

エンターティメントとしてのスポーツや音楽、演劇はそれ自体を正しく受け入れ、楽しむことが基本だと思う。是非そうしてほしい。

義援金は被災者の痛みの何万分の一かでもいいから、自分が「痛み」を感じる金額であることが基本だと思う。是非そうしてほしい。

はっきり言って、「コンビニで釣銭の小銭を寄付してます」なんて言うのは僕の基準では「痛み」ではない。

安易なチャリティ賞賛は、チャリティがなくなるころに被災者の痛みも忘れることになるんじゃないのか?


あぁ、少しすっきりした。

精神衛生上、時々「吐き」ます。

ACのコマーシャルもほどほどに…

スピッツの草野さんのように、ストレスを抱えつつ、それでも被災者に申し訳ないという思いを抱えて、自分自身を楽にすることが出来なくて、一杯一杯の人は大勢いると思う。

そういう人に、あの一連のACのコマーシャルは助けにならないどころか余計ストレスを与える。

二言目には「団結」とか「頑張ろう」とか、社会全体が口にし始めること自体、集団ヒステリーだと思う。

今、被災者の窮状を見せられ続ける僕らが、しっかりと見ていなければいけないことは沢山ある。

一つ、とても大きな、だけどとてもシンプルな質問がある。答えが欲しい。

計画停電プログラムに含まれないのは足立、荒川両区を除く東京23区以外にもたくさんある。横浜市青葉区もひょっとしたら半分以上除外されているんじゃないでしょうか。

計画停電に含める、含めないの明確な基準はどこに示されているのでしょう?誰も聞かないし、テレビ、ラジオも「23区は優遇されている」ぐらいしか言わない。

結局、いつまでたっても「長いものに巻かれたい」国民性なのでしょうか。

この震災と原発事故で日本はトコトン駄目になるかもしれないと思っています。それは震災や原発事故の影響ではなく、それから教訓を学ぶ力が欠けているように思えるからです。

一度、日本はトコトン駄目になった方がいいのかもしれませんけど、余り沢山の自殺者を出してほしくはありません。

草野マサムネだけじゃない

「スピッツのボーカル、震災ショックで急性ストレス障害」

とうとう、来たか、と言う感じ。

ストレスの感じ方にも人それぞれと思うけれど、自分が気づかないうちにストレスで鬱状態になっていくのが怖い気がします。

地震と津波による被害の大きさと言う短期的ショックと、いつ終息するともしれない原発問題と言う長期的ストレスにさらされて、それでも正気でい続けるってことが無理なのかもしれない。

草野さんが時間を十分にとって治療されることも大事だけど、今の状況に光がさしてこない限り、鬱の症状を抱える人が大量に出てくるだろう。この人たちも被災者だ。

次に街の商品棚から消えるのは?

ボトル入りの水が商品棚から消えてからもう2~3日たちますか?

お米は出回り始めたけれど、「水道水に放射能」のニュース以来、無洗米が消えました。

単1乾電池は相変らず、ありません。

いずれも買占めと言うより、被災地に優先的に回されているせいなのかもしれませんね。

どうでもいいけど、僕がいつも買っている「低塩」のベーコンとハムが消えてから2週間ぐらいたちます。

ろうそくは「無印」でティーライト・キャンドルがあったので買っておきました。

今年の夏、エアコンの無い夜は、あの懐かしい「金鳥の夏」、そう渦巻き型の蚊取り線香が買い占められるんじゃないでしょうか?

ハァトに火をつけて…なぁんつって(笑)

早速、今日来たキャンドル・ランタンに火をともしてみました。

110325_1733candlelight


品物はユーコ UCO キャンドルランタン プラスLED(黄色)です。

もう、ほぼどこでも売り切れていますね(汗)。スペア・キャンドルはもっと品切れみたいです。「虫よけ」仕様のキャンドルもあるみたいで、夏にはいいでしょうね。

明るさは、まあ、たかだか「ろうそく」ですので、それなりです。でも、少し暗さい目が慣れてくると結構いい感じです。

この明りで生ギターを彼女に弾いて聴かせて…彼女が一言…

「まちっと、うまく弾けんと?」

と言う妄想が広がりました。(笑)

あれから2週間…

ストレスを感じっぱなしの2週間でした。

そういうことを言うと(書くと?)「被災地の人のことを考えなさい」と言う人がいます。

僕の友人が地震の後、最近練習を始めて楽しんでいたチェロが壊れて、とても落ち込んでいることをブログに書いたら、名前(ハンドルネームも)を残さずに、これと似たようなことを書いた人がいました。

確かに僕たちは被災地で苦しんでいる人たちに比べると恵まれています。だけど、その事が心の痛みを消すことは決してないし、それを無理に押し込めてしまうのは精神衛生上良くないことだと思います。

そりゃあ、このストレスがかかる時期に、誰かに自分の憤りをぶつけたいと思うことはあるでしょうけれど、既に傷ついた人に向かって、「お前の傷なんて大したことない」と言う態度は僕は大嫌いです。

せめて、「大事な楽器だったんだよね。でも、君に怪我がなくて、楽器もホッとしてるんじゃない?」ぐらいにして欲しいものです。

東電の計画停電の五つのグループが更に5分割されました。でも、東電が「どの地域を計画停電に含めたか」の説明はありません。

幸い僕の区域は計画停電の範囲に入っていません。意外とそう言う「停電の無い」区域って多いようです。

当然不公平だと思います。

東電は、どのような理由で、様々な条件(地域福祉、経済、交通、技術的問題、etc.)を考慮して停電区域を決定したのかちゃんと説明すべきです。

東電についてはいろいろと思うことがありますけれど、どうせ、僕の思いの届かない所で進められた話が沢山あるのだろうから、むなしくなるので今はやめときます。


この地区もいつ停電になるかわからないので、キャンドル・ランタンを買いました。これも現在、中々手に入らないようで、スペア・キャンドルは品切れ状態です。

チョット値段が高いけど、LEDライトとしても使えるタイプのものにしました。

110325_1548lantern

事態は好転していない

格納容器は破損しているのか?
破損しているとすれば、どの程度の燃料棒溶融・破損が起こっているのか?
どの程度の放射能放出が最悪考えられるのか?
冷却機能は復帰するのか?

まだ答えの出ていないことが多く残っています。
外部電源が接続されたことは悪いニュースではないけれど、上記の疑問には何一つ答えられません。

東京の浄水場の一つ(3つのうち一つ)で乳児が摂取する飲料水の基準を上回る放射能が検出され、またボトル入りウォーターの品切れが起こっています。

下記のサイトで各県のある特定の地点で採取した水道水(蛇口)の検査データが公開されています。

浄水場と蛇口でのデータは時間差も品質差もあるでしょうけれど、大まかな傾向を見るうえで役に立ちます。

全国の水道の放射能濃度一覧

どうも千葉、群馬、埼玉より東京(新宿)の値が高い理由がよく分かりません。

高い値が出たとしても、ほんの一瞬強い風が吹いたようなものである可能性のあります。高い値が持続するということは原発から放射能が漏れ続けている証拠ですが、それならば福島に近い県がより高い値を出すのではないかと思うのです。

大気中の放射能データと併せて、このデータも注意してみていく必要があるでしょう。

焦る場合ではないかもしれないけれど…

原発の事故発表で放射線レベルが報告されるたびに「ただちに人体に障害が生じる値ではない」と繰り返し言われていますけれど、「ただちに」じゃなければ危険なのか、と思う人も多いでしょうね。

確かに、放射線レベルが上昇した状態で長く生活すれば、蓄積線量はどんどん増えていくでしょうから、今の状態が、いつまで続くか、そして自分はいつまでそれを許容できるか、と言うのが問題になってくると思います。

今の時点では、「事故発生後、今までの蓄積レベルでは人体に障害を及ぼす可能性があるという科学的根拠はみつからない」と言った程度の意味にとらえた方がいいのではないでしょうか。

ただ、政府や東電にしても今の状態がいつまで続くのか分からない以上、この問題に対する答えは持っていないし、「6か月は大丈夫でしょう」などと言えば、それはそれで社会不安を巻き起こすだろうし。

今はとにかく一刻も早い福島第一原発の放射性物質の放出抑制に大きく依存していると思います。

テレビやラジオのコメンテーターやタレントの発言や解説にも誤りが多く含まれることがあります。

今日もTBSラジオで司会者が出荷自粛を指示された地方産出の野菜も「よく洗って食べれば」などと言ったのを耳にしましたけれど、放射性物質はバクテリアや汚れではなく、内部蓄積されているのですから、洗ったり、煮沸したりしても何の意味もありません。

風評被害を抑えたいという善意があっても、間違ったコメントを出すのは百害あって一利なしです。

もう一つ、僕が疑問に思っているのが、「なぜ避難区域を80㎞にしないのだ。外国(アメリカなど)はそうしてるじゃないか」と言っている方たちの事です。

試しに"nuclear" "evacuation" "50 miles (または80 km)"でYahoo!検索したところ、福島原発に関するトピックがほとんどでした。

僕が調べた範囲では、アメリカの原子力緊急事態対応計画の基本となっている避難区域の設定は12マイル(20㎞に対応)、20マイル(30㎞に対応)しか見つかっていません。50マイル(80㎞)が出てきたのはスリーマイルアイランド事故に関連した文献で、牛乳や作物の収穫制限区域が事故発生地点から半径50マイル、となっているものがありました。

いずれにせよ、放射線量の測定に従った制限が一番大事です。

ただし、オバマ大統領が言ったからって「80㎞」が独り歩きしているような気がします。報道関係者も数字の出典を明らかにしてほしいな、と感じました。

それから、「これぐらい大したことありませんよ」と言うニュアンスで使われる「レントゲン」とか「CTスキャン」ですが、どちらも人体に無害である、とは言い切れません。

それから、どれくらいの量被ばくしたら、とか、どれくらいの量を摂取したら障害が発生するのか、と言う疑問も、年齢差、性差などを含め、個人間のばらつきが結構あります。だから出される数値はあくまで目安であって、個人の放射線に対する感受性は一桁違うぐらいのばらつきがあっても不思議ではないと考えた方がいいでしょう。

92歳!?爺さん、元気じゃのぉ!!

今日は雨でしたけど、知人が探し求めている単1乾電池がなかなか手に入らないので、近くのヤマダ電機に開店20分前に行ってきました。

長い行列ができていると思ったら僕は10番目ぐらいで、思わず「わっ、今日は列が短いですねぇ!」と声に出してしまいました。

前に並んでいたサラリーマン風の男性と「行列は短いけど、目当ての電池が無かったら何の意味もないですねぇ」とか冗談言って時間つぶしていました。ちなみに電池はありませんでした(汗)

で、僕の後ろに並んだおじいさんと話をしていたら、このおじいさん「三菱の戦車工場で働いてた」とか言うんで、「おじいさん、おいくつなんですか?」って聞いたら「92歳じゃ」・・・・

ひぇええええ~!見えない!どう見ても70歳半ばぐらい。元気やなぁ~~~。

電池は買えなかったけど、折角街に出たのでミスドに行って、ポンデ黒糖&コーヒーを楽しんできました。

110321_1042misudo


なんだかんだで、今日も夕方まで忙しく過ごしました。

笑っていいとも!も再開されましたね。

元通りになるもの、ならないもの、いろいろあります。

どうせ元通りにならないなら、いっそすべて新しくしてしまおう。

まず、60歳を超えている国会議員、大企業経営陣を全部被災地に送り込んで、彼らの住居を避難されている方たちのシェルターにしませんか?

時々、似たような状況がアメリカで起こったらどうなるだろうか、と思います。

福島原発事故で避難している人たちの避難場所なんか、アメリカだったら今頃、弁護士であふれかえっているんじゃないかと思います。

東電は自社保有の住宅の空き室、保養施設、その他を、開放することはできなんですかね?

被災された方たちを線引きするのはよくないかもしれませんけど、自然災害と原発事故は分けて考えないといけないとは思うんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。