プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異様な「空気」が満ち始めている

玄海原発「再開、国が責任持つ」 経産相、佐賀知事らに

昨日NHKで、この経産相と佐賀知事がテレビカメラがずらっと囲む部屋の中央でテーブルを挟んで「安全は確保されたのですね」「国が責任を持ちます」と言う、最近の幼稚園児でももう少しまともな芝居をするんじゃないかと言う「茶番劇」を全国放送していた。

まるで、「私の人生、あなたに預けてもいいのですね?」「僕が責任をもってあなたを不幸にするようなことは絶対しません」とかやってる、薄っぺらいソープオペラのようだ。

こんな下らない国内の「ドラマ」を流すテレビの電波にいくらお金を使っているのか?

「責任」が取れるかとれないかは「東電福島原発」の事故対応の経緯と、廃棄燃料処理技術が無いことから、余りにも明白なのに、なんなんだろう、この「裸の王様」状態は。

あの「うじゃうじゃいた」テレビに出まくっていた原子力の専門家達はどこへ行ったんだろう。国会でのいざこざも何だか本当の問題を取り扱いたくない政治家の「予定調和」ではないのか?

原子力発電の抱えるリスクは一市町村や県単位でどーのこーの言える問題ではないことだって、福島の例を見れば、誰にも分かっているはずなのに、なんなんだ、この大手マスメディアの静けさは。

いい学校出て、いい職について、いい給料もらって、その程度の事しかできないのかお前らは。

変な空気が漂っている。この環境の中では、これまで通りKYで通そうと思う。
スポンサーサイト

スーパークールビズとか言って浮かれてる大人どもよ

冬物のスーツで内定求めて、この暑い中、説明会や面接に駆け回っている就活生も「スーパークールビズ」にしろや。ほんっとに、気の利かない奴らばかりだ。

仕事に就く機会も奪って、この上、熱中症とかになったって、お前らどうせ知らんぷりなんだろう。

何なんだ、この国のシステムは。

皆がおかしいおかしいと、薄々感じているくせに、「私が言い出すわけにもいかないしね」と言って責任逃れをする。

旧帝国陸軍が敗戦が分かり切った戦争を始めた時と、何も変わっていないのだ、この国は。

昨日からアクセスが少し増えたのは…

多分、「神奈川ギター」&「新人オーディション」で検索かけた人が、このサイトにたどり着いたのだろう。

残念ながら「神奈川ギター協会」にも「新人オーディション」とも何の関係もない腎不全保存期のオッサンのブログにたどり着かせてしまって、申し訳ない(笑)。

トレンディな(「トレンディ」も死語だよね…汗)ワードをつけるとアクセスが増えるんだ(笑)

所詮、「仮設」なのだ

循環式冷却システムが今日午後、運転開始、したと思ったら、またホースからの漏水で停止。

原子炉建屋をすっぽり覆う構造筐体を作ってかぶせる計画が進んでいる。これもいろいろな障害が待ち構えている事だろう。

仮に、冷却システムが問題なく稼働して、建屋がすっぽり覆われたところで、それらは本設ではなく「仮設」だ。

耐震性、耐候性、防水、防風、耐衝撃性能などなど、一般の建設構造物よりはるかに信頼性が低い。

そんな危なっかしいものを組み合わせて、何が「冷温停止」なのか。勝手に言葉の定義をでっち上げないでほしい。

最初に炉内にあった燃料は、程度の差はあるかもしれないけど何らかの形で環境に放出される。放出され続ける放射能を「箱詰め」にしたはいいが、その「箱」が何かの拍子に壊れたら、どうなるか「想定」していることを切に願う。

仮設の構造物にしか守られていない核燃料の20㎞圏内に住民が戻ることを、政府も東電も認めるのだろうか?

各地で原発を再稼働しろだの、停止させろだの、いろいろと議論されているが、この際、原発の運転は現地自治体や当該県の問題だけではないことを認識すべきじゃないだろうか。

福島原発だって、その立地に発言権の無かった自治体や個人までが巻き込まれてしまっているのだから。

神奈川ギター:新人ギターオーディション

今日は江部先生の生徒のKさんや知り合いの方も出ると聞いたので、初めてこのギターコンテストに出かけてきました。場所は磯子区民文化センター 「杉田劇場」。

この杉田劇場、あの美空ひばりの初舞台であった杉田劇場の後に建てられた「らびすた新杉田」にあるホールです。

少し遅れた入ったので、もうすでに10人ほど弾き終えていましたが、まず、PA無しのギターの生音がとてもいい感じで響いているのに少々驚きました。あまり大きくないホールですが、ギターの演奏にはとても向いているように思えました。

知っている人も何人か出場されていましたが、小学生の男の子が「すごい」演奏をしてビックリ。だいたい毎年、こういうスーパーキッズが出てくるものなのでしょうけれど、まぁ、すごかった(笑)

Kさんは残念ながら本選に残れなかったので、江部先生、Kさん、Kanaiさん、それと僕の4人は軽く「バーミヤン」で会食をして、夕方には解散となりました。

たまにはこういう緊張感のあるギター演奏を聴くのもいいものです。ホールの音響、ギター自体の品質、弾き方、それぞれがいい感じで組み合わさると本当に心地よい音楽になります。

あれぐらいいい音が自分で出せるだろうか、どれくらいの差があるのか、他人に比べてもらうことは可能でも自分で聴き比べが出来ないのは残念です。

まぁ、録画とか録音とかいう手もありますが、あれはテレビ画像が本当の姿形・色を再現できないように、所詮、「~のようなもの」でしかないですからね。

Kさんはまたチャレンジされるようです。Kanaiさんにも、だいぶお誘いがかかっていましたけれど、どうやら来年の本選の課題曲「アメリアの誓い」はKanaiさんの好きな曲ではないようで…どうなることやら。(笑)

コンテスト出場者は明らかにプロを目指して、その「通過点」ととらえているであろう人、自分のギターの一つのマイルストーンを築くことを楽しみに参加しているであろう人、いろいろだったでしょう。

でも、応募段階でテープ審査のようなことをしない割には、全体的にレベルの高いコンテストだったと思いました。

みんな、自分なりのベースと目標を持って弾いたのでしょうから、その成果には拍手(笑)

いろんな意味で辛いニュース

臓器移植の組員関与、新たな資金源に狙いか

暴力団って人に悩みがあれば、それをお金に変える方法を何としてでも見つけ出すものですね。暴力団を利用する側も利用される側も弱い立場の人間がいるのだけど。

臓器売買のようなことが実際起こっていることは実感ではなかったけれど、言われれば、そうだろう、ぐらいの意識でした。

ただ、自分がいつかは人工透析になる可能性が高いと言う立場でこのニュースを読むと複雑です。

腎不全を患っている人たちは大きく分けて1)人工透析を受けている人、そして2)僕のように腎不全保存期と言う人工透析の前段階にある人になります。

それぞれ事情がかなり異なるので、一括りに論ずるのは難しいけれど、日本での腎臓移植のケースの少なさには皆一様に悲観的な思いをもっています。

イタリア留学中に腎不全になり、その後腎臓移植を受けた人のブログを読んだことがありますが、イタリアでは人工透析は腎臓移植をするまでの1~2年の期間と基本的に考えているようです。

国や文化、宗教の違いもあるのでしょうけど、日本は肉体と精神を切り離して考えられないため、遺体に対して他の国よりも強い思いがあるように見えます。

それ自体が悪い事ではないのです。ただ、今の腎臓移植の少なさはちょっと行きすぎじゃないか、と言う気はしています。

腎臓移植をしてもいろいろと問題が起こる可能性もあるので、何でもかんでも移植で解決するとは思えませんが、全国いたるところにある人工透析センターの数から考えると、腎臓移植が進まない理由は、そう言う所にあるんじゃないか、とうがった見方さえしてしまいそうです。

麻薬と同じではありませんが、合法的に得られないものを強引に、お金を使って得ようとするところに暴力団が入ってくる余地ができるのかもしれません。

腎不全になったのは自分の所為だし、文句を言っても始まりませんが、震災の被災者の人達同様、助けられる命があれば、助ける努力があるべきだと思っています。

僕自身、腎不全になって、悪い事ばかりじゃないように思えています。

塩分を抑えるために、お酒も控えるようになったし、血圧も正常値に管理されています。2年半前までの生活を続けていたら今はもうすでに脳内出血か心不全で死んでいたかもしれません。

意外と命拾いをしているのではないか、と思う今日この頃です。

こんなことしている場合かよ…

現在、南米の旅をしているOgarinさんが訪れたパラグアイのイグアスにある日本からの移民が多く住む居住区で書いたブログには考えさせられます。

ここの人達だけじゃない、世界中の多くの人たちの支援や励ましが、例えそれがどんなものであるにせよ、これまで沢山あったこと、まだ続いていいる事を僕たちは忘れつつあります。

早く義援金、支援金、東電賠償金、復興財源予算が被災地や原発事故被害者の人たちに行きわたることを第一に考えなくてはならないことを忘れていたのかもしれません。

そう言う僕たちの姿、とりわけ今の国会の有様を、パラグアイでOgarinさんと会った人たちはどういう目で見るのでしょうか。

日本人は「恥」と言う意識が、いつまでたっても「仲間内」で「内向き」にしか働いていないようです。

国会の会期を何日延ばすかがそんなに重大な問題か?

今、この瞬間にも自殺をしようとする人がいる一方で、最近の政治家の有様は、この災害が未だに人災の形で続いていることを示している。

原発の将来を決める国民投票が外国で行われたりしているのに、今、すぐそばで原発災害が進行しているこの国は何も考えないのか?いや、考えているな、原発事業継続とか、復興事業で一儲けしてやろうとか…

くだらねぇ…


今日は暑かった。蒸し暑かった。朝から扇風機が頑張ってます。

夕方、翻訳ファイルが届いたんだけど、どうも分量が思ったより多いので、確認したらやっぱり申告した分量の倍が届いていました(汗)。

英文で200ワードがおおよそ和文400字ぐらいになるんです。この逆もおおよそあたっています。

僕は和文の仕上がり枚数で申告したんですが、それを翻訳会社は英文ワード数にとったもので、分量が倍になったんです(汗)。

減らしてもらったので、金曜日までには余裕で仕上がる予定です。(多分)

寝苦しい夜になりそうですが、皆さんどうぞ体調管理に気を付けてください。

蒸し暑いですね

現在、ぼつぼつと短納期の翻訳が続いています。フルに力を入れて出来る量の7割ぐらいのペースでお願いしています。英文原稿からテキスト、ワードファイルなどに変換できる場合、翻訳支援ソフトが使えるし、原発関連の内容だと、用語もほぼ頭の中に入っているので、それほど苦労はしませんが、それでも1日4~5時間が限界ですね。

明日も晴れそうですが、今年は去年より体調がいい分、暑さがこたえるのかな?

原発停止と稼働は50歩100歩か?

原子力発電をこれからも維持していこうとする人達にしてみれば「もう作っちゃったんだから、しょーがねぇーじゃねぇーか」といいたくもなるだろう。「毒はもう食っちゃってんだよ。皿を食ったって変わりゃしねーべ」とかね。

今更、原発を停止したところで、廃炉に莫大な費用と期間がかかり、挙句の果てに燃料や放射能汚染物の処理の方法すら決まってないのだから、止めたところで何のメリットがあるんだ、とでも言いたいのだろう。

政治家、官僚、科学者も含めてそう言っている人たちの名前を公的文書として永久保管し、将来、放射能汚染物を遺産として受け取った人達がいつでも見る事が出来て、自分たちに大きなツケを回すことにもろ手を挙げて賛成した人たちがだれなのかはっきり分かるようにしてあげよう。原発サイトの正門に記念碑を作って、そこに名前を刻んでやってもいい。

中曽根とか、森とか、鳩山(兄)とか、海江田とか、ちゃんと名前を載せよう。その人たちの子孫が少しは住みにくい環境を整えるためにも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。