プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

通院日でした 〜 数値横ばい

本日の結果。( )内は前回の数値。

BUN: 10 (12)
尿酸値: 6.3 (6.5)
クレアチニン: 1.74 (1.76)

コレステロールは一応基準値以下。
たんぱく、潜血共に(-)。

とりあえず横ばいで、今月はクリア。^^;

いいニュースはここまで。5年間診てきてくれた担当医が4月から山梨に行っちゃうとか。いい先生だったんだけどなぁ。

あらたに担当医になるのが、僕のステロイドパルス入院の時担当だった人。

ちょっと高圧的で余り患者の言うことを聞いてくれる感じじゃない若い医師。

あ〜、なんか憂うつ。

栄養士さんに話したら、苦笑いしてたよ。(ーー;)

「井上さんが先生を育てる立場かもねぇ(笑)」だってさ。
スポンサーサイト

「第30回腎臓病セミナー」に行ってきました



土曜日は出浦照國先生の講演を聞きにお茶の水の東京医科歯科大学で開かれた「第30回腎臓病セミナー」に行ってきました。
2014-02-22seminar0.jpg


このセミナーに参加するのは昨年の夏以来です。腎臓病に関する情報や低たんぱく食用特殊食品などは講演を聞かなくてもそれほど不自由しませんが、やはり日々患者さんを診ている医師が気になっていることを聞くのは有益だと思います。

今回記録しておこうと思ったのは、以下の項目です。
2014-02-22seminar2.jpg


1) 透析治療の今後。

講演の内容は、「透析治療は優れた技術ではあるが、その患者一人あたりのコストは他の病気に比べて非常に高く、現在の患者負担の割合が将来にわたり続くとは思えない」とまとめる事ができます。

確かに一部の医療関係者や一般の人の中には「好きこのんで不摂生をした挙句、腎不全になって、ただ同然で透析を受けるのはけしからん」と言った声が聞かれることがあります。腎不全の人が全て不摂生をしているわけでもなく、不摂生をしている人が全て腎不全になるわけでもないのに、こう言った物言いはどこかしら「ヘイトスピーチ」と同根のような気もします。

それはさておき、TPPやら混合医療の普及は、これから先、社会保険医療の範囲を限定、縮小し、個人が負担する民間保険の割合を高めていく流れになると感じています。その民間医療保険の市場を狙っているのが欧米系大資本保険会社だということはあまり報道されませんね。アフラックの郵便局での取り扱いが増える、なんていうのは国家レベルで欧米系大資本保険会社に便宜を図っていると言えます。

そういう流れの中で、それがいいか悪いかは別として透析コストも透析患者が負担する割合が増えてくるのは流れとして自然だと思います。

では、透析のコストが甚大であり、医療保険制度を圧迫しているのを知りながら、なぜ透析導入を遅らせる努力を国も医療業界も進めないのでしょうか?「透析コストが高い」と言う一方で「透析治療があるから放っておこう」では自己矛盾しているとしか思えません。

透析に入る人の導入時期を1年間先延ばしすることは、患者のQOLだけでなく、大きなコスト節約にも貢献することは素人にもわかることなのに不思議です。

2) 失敗する食事療法

先月、関西の学会で出浦先生に抗議された医師がおられたとのことで、その医師が言うには「もう、低たんぱく食事療法を唱えるのはやめてくれ。私の患者が低たんぱく食でひどく健康を害した」だったそうです。これは患者が一番悪いとは思いますけど、医師も栄養士も患者の食事習慣に関与していなかったことが大きな問題です。

自分勝手な食事療法は必ず失敗する、と出浦先生は言っていますが、実際、多少知恵を付けた患者(私も含む)に限って増長し、自己流の食事療法に走ることがあるようです。過去には「先生が言っていることは、今朝、みのもんたがテレビで言ってことと違う。もう先生には診てもらわない」と言ってきた患者もいたそうです。

食事療法は必ず、低たんぱく食事療法を理解している医師と栄養士の管理のもとに行わなければならないにもかかわらず、医師に相談もせず、自分勝手にやっている人がまだ多くいて、その事が大きな悩みとしてあるようです。

3) 透析導入のタイミング

透析導入は遅すぎても早すぎてもいけない。導入時期は原疾患、病態、進行速度、そして個人の性格、自己管理能力、家庭・社会背景、人生観などによって異なる。

出浦先生は保存期を延ばす治療方針で知られていることから、先生の所を訪れる患者さんは当然、透析導入を遅らせたいと願う人がほとんどで、なかなかシャント作成を勧めても納得しない人が見られるとのことです。

血液透析を行うためのシャントは少なくとも透析実施の1か月前に作っておく必要があり、今後1ヶ月の内に腎不全が悪化し透析が必要になる可能性がある患者に対してはシャント造設を勧めるのが方針だそうですが、自覚症状のない患者さんの場合、これに納得しない人もいるそうです。

シャントを造ったからと言ってすぐに透析導入になるというわけではなく、シャント造設後も透析に入らずに何年も経過している患者さんもいるそうです。

4) 医師でない人による食事療法情報

詳しいことは言われませんでしたが、先生の患者だった人が「でんぷん食品はガンを引き起こす」と言った内容のセミナーを開いているとのことで、とても困っているとのことでした。


と言った事が印象に残っている内容です。

今回ブースを開いていた特殊食品提供企業がいくつかありましたが、もう、ほぼレトルト系の特殊食品は使わなくなったし、低たんぱくパックご飯もたまに使う程度なので、サンプルも少ししかもらってきませんでした。サンプルよりもチラシの量が多いので重いのです。

その中で、オトコーポレーションさんが最近出した「じんぞう先生のふりかけ(のりたまご)」は実際に持参したお弁当にかけて食べてみましたが、塩分0.1gとは思えない味わいでした。ただ、高いんだよねぇ~(^_^;)

2014-02-22seminar1.jpg

小泉さん:彼の「脱原発」は「私憤」から出てきた


小泉さんが原発の抱えている問題を理解して、脱原発を唱える発言をしていることは、単純に原発反対の立場から歓迎したい。

しかし、どうも彼は「俺をだました官僚や業界のやつら」に向けられた怒りが脱原発の原動力になっていて、原発立地自治体、原発事故被害者、福島第一原発作業員、小出さんのように原発の危険性や非人間性に警鐘を鳴らす人たちへの共感は見えない。

本当に原発反対なら原発立地自治体での首長選挙の応援をした方がもっと直接的に訴えられるはずなのに、なぜそうしないのか、も彼の憤りが「私」的であり「公」とは一線を引いたところにあることからも想像できる。

結局、彼も二世議員であったことが原因なのだろうが、「脱原発以外はどうでもいい」と言ったことからも、「人生いろいろ、サラリーマンもいろいろ」と同じ思考回路で行動している様子がわかる。

こういう人と「脱原発」と言うシングル・イシューで意気投合しても、きっと話をしたり、一緒に行動しているうちにおかしな関係になってきてしまうだろう。

原発の抱える問題点については小泉さんなんかより、(脱原発とは言えないかもしれないが)自民党の河野太郎の方がずっとまともな活動を昔から展開している。


細川陣営の胡散臭い奴ら



私憤に駆られた小泉将軍がお人よしの細川殿様を引っ張り出して戦(いくさ)を仕掛ける。

そこへ「何かおいしいことがあるかもしれない」と腹に一物持った胡散臭い個人や政党が集まった。

それが細川選対だったのではないでしょうか。

自主投票とか言ってる政党やら、個人プレーで支援する政治家も出てきて、実際何が何だかわからない。中には鳩山邦夫が資金提供したとか言う記事も見たけど、鳩山のガキたちは兄弟で、どうしようもねぇなぁ。井上兄弟、少なくとも兄は世間から信頼されているぞ。

それにしても言えるのは、彼らに「脱原発」の大義は見えないこと。

小沢の「生活の党」なんて「脱原発」を言ってはいるが、だれか本気でそれを信用している?票になりそうなことなら何でも言う人じゃない?

小沢のやりたいことは「選挙で勝つこと」のみでしょ。だから、嘉田滋賀県知事の「未来の党」が「行けそうかも」と思ったから「軒」を借りて、しまいにゃ「母屋」を乗っ取った。そういう事が見え見えだから以降の選挙で惨敗したんだろうに。

こういう胡散臭さ満杯の連中が選挙運動していることを見ても、細川さんの当選は無理だと分かっていたはず。

そして、万が一、細川さんが当選したとしても、彼自身は「脱原発を唱える」だろうけれど、「言わせるだけ言わせとけばいい」と言う感じで「傀儡(かいらい)都知事」。石原・猪瀬がやってきたこととまず変わりない都政が行われる、あるいはもっと酷くなるということが予想できても不思議ではない。


細川さん:「ご乱心」ではなく「お戯れ」…



今回の都知事選で細川さんが小泉さんの後押しで立候補を決めたときは正直言って余りうれしくなかった。

舛添に反対する勢力がある程度分断されるのは目に見えていたから。

ただ、細川さんが立候補を決めてから最初の演説をテレビで見たとき、僕はその意見にとても同意できた。

それは「経済の成長」から視点を変え地球の自然環境と共生していく生き方、贅沢をしない生き方、ゆっくりとした生き方、その中で幸せになれるにはどうしたらいいのか、と言うこと。これを細川さんはろくろを回しながら何年間も考えたのだろう。

脱原発も素直にそういう思想背景から出てきた姿勢だろうと思った。ただ、これは東京都知事に立候補する立場としては無謀だ。企業経営者はもちろんのこと、生活が苦しい人、あるいは苦しいと思い込んでいる人に、脱経済成長を説くことは自爆行為と思われても仕方がない。

どうせなら、福井とか新潟の知事に立候補すれば「東京のやつらを困らせてやりたい」と思っている人からの共感が得られたかもしれない。

更に、彼自身が貧困を経験していない以上、彼のメッセージは善意こそ感じられ、都市圏の弱者からの共感は得にくい。

そして、公示以降、このメッセージは小泉さんの「原発なくても成長できる」と言う掛け声によって打ち消されたかのようになってしまい、最終的には福祉だ、五輪だ、と大見得を切った「脱原発シングル・イシュー」すらもかき消されたかのようだった。

カジノは反対だけど戦略特区には特に反対表明しないという所にも、モラルはあるけど弱者救済を体感していない面が見える。

細川さん自身はいい人なんだと思う。いろんなところで目にする「殿様気質」がやっぱり身に染みているのだろうと思う。選挙演説もなんだか「やらされてる」感が強く、公開討論会も拒否し続けた。

細川さんが自分の持つ影響力を利用して理想的な社会に向けて行動を起こしたのは本当だと思う。しかし、長年、闇金被害者や弱者の側に立って権力や暴力の雨風にさらされてきた宇都宮さんと比べたとき、結局細川さんの一連の行動は「お殿様」の「お戯れ」の域を出なかっただと思う。

そういうことを考えると、細川さんは脱原発は主張しつつも、もう選挙にはかかわらないだろうし、今回支援をしてきた文化人やタレント(どう区別したらいいのかわからない。文化人ってなぁに?)との協力関係もなくなるのではないかと感じる。だとしたら、著名人の中でスポンサーやらがいて、自分の立場をリスクにさらすかもしれないのに支持を表明した人たちは気の毒だ。

勝手連の見事なまでの片思いでした。


九州旅行:12日目 ~ 由布院サムッ!!


11月18日月曜日

この日の由布院は朝からどんよりとした空で、雨も時折ぱらつく、寒い朝でした。

朝早くに目が覚めた僕は旅館の半露天になっているお風呂へ。ここからも由布岳が囲い越しに見えてなかなか趣があります。
ただ、寒くて寒くて、湯ぶねから上がるのがためらわれるほどで、体はほとんど洗わずにあがりました。(^^ゞ

朝ご飯は旅館の朝食に「低たんぱくご飯」をあたためてもらいました。



この旅館の朝食はなかなかの評判のようですが、確かにそれほど量は多くない(これは助かります)けれど、バラエティも味も優秀です。

外は寒かったけれど、早朝に湖面から霧が立ち上がると言われる金鱗湖を目指してMihoちゃんと二人で歩いて出かけました。



残念ながら霧は立ち上がっていませんでした。(~_~;)
ただ、温泉水が流れ込む場所は確かに水が温かく、これなら霧も立ち上がるだろうと思いました。

ただ、この日は前日にもまして寒く、雨も時折降るという、観光には向いていない日でした。



とうとう由布岳も初雪が降ったようです。この日の最高気温は7℃くらいだったそうで、立ち寄ったお店のスタッフも寒さに戸惑っていました。
7℃って、1月の気温ですよね。ホント参った。(T_T)

余りにも寒いので、どこかユニクロのようなお店でジーンズの下にはく暖かいタイツのようなものを買いたいと探したのですが、見つからず、とうとうMihoちゃんのアドバイスもあり、コンビニで女性用のストッキング(店頭にある最大サイズね)を買ってはくことにしました。Mihoちゃんに結構笑われましたけどね、背に腹は代えられないぐらい寒かったのですよ、ホント。(*_*)

寒さで体も疲れたので、この日の午後はお休みタイムにしました。


夕食はちょっとお高くついたけれど、せっかくなので、部屋まで運んでもらえるセットを注文しました。






上の写真以外にも料理はあったし、旅館の名前の付いたお酒も頂いて、この日は外に飲みに行くこともせず、おとなしく就寝しました。


九州旅行:11日目 ~ 由布院へ


11月17日になりました。いよいよこの旅も終盤に差し掛かってきました。

高千穂にいた時よりは体調は回復していましたが、やはり疲れとお酒のせいで調子はあまりいいとは言えない状態でした。
そうは言っても次の目的地、由布院に向けての出発です。

ホテルをチェックアウトしてしばらくしてから大分までの列車に乗車。


車窓から見える入り江は波の無い静かな海です。

太陽が出ているとこの海面が鏡のように光っていることがあります。佐伯に戻るたびに見たいと思う風景の一つです。

大分駅で由布院行の列車の待ち合わせの時間を使ってランチをしました。


Mihoちゃんが注文したセット・ランチですが、大分名物「とり天」と「だんご汁」がセットになっています。
少しおすそ分けいただきましたが、うまかったなぁ~!(低たんぱく食に比べるとその差は歴然!)

そして由布院に着いたのが午後2時半ごろ。

となりのホームになんとあの豪華ツアー列車「七つ星」が停車していました。

中には入れないけれど、入場券を買えば一般の人も近くで見ることができるようにしてありました。


Mihoちゃん、結構熱心に写真撮っていました。(笑)
僕たちは乗ることはないと思うけれど、来年80歳になる僕の叔父は乗りたいそうで、高い倍率の抽選に応募しているそうです。

今回、由布院で泊まることにしていた宿はこちら。

実は由布院に向かい列車の中で「じゃらん」サイトのクチコミを読んでいたら、なんだか、かなりネガティブなコメントが2~3あって、しかもエレベーターが無いとかが分かり、結構不安でした。

「愛想がない」とか「入浴時間の制限とか門限とか信じられなぁい」とか書き込んでいる人もいたのですが、Mihoちゃんは「長くやってる旅館でしょ。そんなこともあるわよ」と平然としています。さすが、南米を8ヶ月歩き回ってきただけのことはあります。


(旅館のホームページから転載)

で、チェックインしたわけですが、確かに「都会的」で「表面的」な愛想はないご主人と奥さん(フロントの奥が住居になってご主人夫婦が住んでいる)ですが、二人とも悪い感じはせず、3時のチェックインを待つのに少し外出している間に荷物も二階の部屋に運んでくれていたし、朝食の際の低たんぱくご飯パックの加熱も快く受けていただきました。

限られた数の従業員で効率良く運用するには、施設の利用時間に制限を加えることは十分許容範囲だと感じました。

で、ここの旅館の「目玉」である屋上露天風呂「きらら」にさっそく入ることに。

渡された鍵を持って、3階の非常口を出ると屋上に続く外部階段があり、その階段の上り口に鉄扉があって南京錠で施錠されています。
この南京錠を外して扉を開け、また施錠してから上に上がります。(・・;)







階段を上がって屋上に出ると通路の先に、いかにも「後で思いついて作ったよ」と言う感じの脱衣所があります。
この脱衣所も必要最小限の物しか置いてなくて、寒い寒い。(~_~;)



脱衣所を出ると、そこにはカワイイ露点風呂。(笑)
中腰ぐらいになると由布岳が竹の柵越しに見えるのですが、寒いので、湯船に浸かって温まってから由布岳を見るために立ち上がる、を繰り返しました。もう少しお湯が熱くてもよかったかな、と思えるぐらいの寒さでした。

翌日以降、由布院は急に冷え込んで、この日以外は露点風呂に入るチャンスはなかったので、このタイミングで入れてよかったです。




お風呂である程度体も暖まったので、僕たち二人はコインランドリーに行ってたまった洗濯物を洗濯することにしました。

あらかじめネットで調べておいたコインランドリー目指して、iPhoneで経路を確かめつつ大きなリュックやバッグを抱えて旅館を出たころには、日も沈み、かなり寒くなっていました。

細くて暗い道を20分ほど歩いたでしょうか、目指すコインランドリー、ありましたけど、ここは別の建物に追加して作った部屋に洗濯機を並べて、イスとテーブルを置いただけのもので、両替機もエアコンもありませんでした。

小銭を用意して大容量の洗濯機で洗濯スタート。



洗濯と乾燥で2時間ぐらいかかったでしょうか。とにかく寒くて仕方ありませんでした。

余りの寒さに帰り道に居酒屋に飛び込んで、焼酎のお湯割りを飲みながらの夕食となりました。(^^ゞ



門限の午後11時はチャンと守りました。(笑)



九州旅行:10日目 ~ 佐伯をぶらぶら


かなり間が空いてしまって、九州旅行記も尻切れトンボになっちゃうのか、と自分でも心配ですが、とりあえず今はMihoちゃんがNZを旅行中なので、さみしさを紛らわす(羽根は伸ばしてはいますが)ためにも旅行記を書いてみようと思います。

11月16日。

前夜のお酒はそれほど残ってはおらず、朝は近くのスーパーで前夜に買い込んだおかずやパンでホテルの部屋で朝食。
僕は「低たんぱくごはんパック」を加熱してもらいました。もうこの時点ではでんぷん米はギブアップしてました。(^^ゞ

午前中はホテルから歩いてすぐ行ける港まで散歩。人影はまばら。かならずしも週末のせい、とは言えないところが佐伯らしさ、かな?(笑)


僕の記憶の中では港は魚介類が水揚げされた後に出す独特のにおい、そして漁船の燃料のディーゼル油の匂いが混ざったものでしたけど、今は随分と「匂い」も薄くなった気がします。
それでも懐かしい景色です。波がほとんどないのは佐伯から大分市にかけてのリアス式海岸の入り江の特徴です。

ここで、前夜K君から勧められた海産物市場「まる」はすぐ見つかりました。



中はそれはもうびっくりするぐらいの量とバラエティの海産物が沢山!!
テンションが上がってここでMihoちゃんのご家族用のお土産を購入、クール便で発送することにしました。

それで、発送の手続きをしていたらスタッフの女性が「イノウエXXXX?・・・・、あ、私、Kの家内です!」って言いだして、びっくり。
そういえば前夜の飲み会でK君が、自分の奥さんが務めているってこと言ってました。

余りの偶然に、やはりテンションあがって、K君の奥さんとも写真を撮ってきました。(笑)

この市場にはちょっとした軽食コーナーがありまして、ここでB級グルメで“佐伯名物”として知られる「ゴマだしうどん」を食べてきました。
食事制限を始めてからは外食でうどんを食べることはほとんどなくなったのですが、これは食べておきたい一品でした。



この市場にはお寿司やお惣菜を自分で選んで買って、フードコートのような場所で食べるスペースもあり、お昼ご飯はそこで済ませました。


一旦ホテルに戻り、お墓参りの用意をしてから両親のお骨が納められているお墓に参ってきました。


墓地からホテルまでは歩いて帰り、途中、僕が通った中学校などを見たりしながら、佐伯の町の雰囲気をMihoちゃんにも味わってもらえたと思います。



海と山とにはさまれた狭い平地に人口が集中している街ですが、坂も少なくて、高い建設物もなく、空が広く見えます。

佐伯の最後の夜は兄と居酒屋で会食となりました。



いろいろとおいしいものが出てきましたけど、Mihoちゃんが最後に頂いた海鮮丼が豪華でした。



かなりお酒もまわり、いい気分になった兄弟はお店の前で仲良くツーショット。(笑)


調子に乗った三人は、兄の行きつけのスナックへ。


ハイテンションで芸達者なおねえさんのおかげで盛り上がりました。(笑)