プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

通院日でした~尿たんぱく+1 (>_<)

約2か月ぶりの検査・診察日でした。二ヶ月開くと気分も楽だけど、気も緩みますね…(・_・;)

クレアチニン  1.69  (1.65)
BUN      11   (9)
尿酸値    7.6   (6.7)

尿たんぱく定性  +1  (-)
尿潜血定性   ー  (-)

尿酸値がレッドゾーン・・・(+o+)
尿たんぱくがでたのは実に久しぶりと言うか、覚えてないくらい。

ステロイドを止めてからの筋肉痛も原因不明。コレステロールの薬(レバロ)を止めるので、それの副作用だったとすればいいのですが…

とりあえず、5週間後に検査して、様子を見ることになりました。

スポンサーサイト

腎臓病セミナーに行って来ました

先日の土曜日は出浦先生のお話を聴きにお茶の水にある東京医科歯科大学の腎照会セミナーに参加してきました。

今回のセミナーで気のついたこたは:

・特殊食品メーカーや販売業者の展示が4社と、とても少なかった。学会などには20社余りくるらしい。
・出浦先生もだんだんとお年の影響かセミナーが負担になってきている様子。このセミナーもいつまで続けられるんだろう。
・高齢者が多い患者グループと栄養学や看護を学んでいるであろう若い女性グループと言う参加者構成が興味深い。

次に出浦先生の講演の中で記録して見たことを幾つか。
・たんぱく尿が±でもリスクがある。たんぱく尿は血管損傷を意味することが多い。異常があればたんぱく尿が出る。将来的な脳溢血、心筋梗塞のリスクも高まる。
・人間ドック学会の新しい高血圧のガイドラインは同意出来ない。収縮期130を越えないことが重要。これを越えると食事療法の効果も出ない。
・かなりの割合の透析患者が栄養に問題ある。毒素が十分抜けきれず血液が酸性化し食欲減退、栄養失調をもたらしやすい。たんぱく制限を透析導入後も続けることを勧める。

以前は協賛企業からの試供品のお土産袋が重くて困ったものなのに、今回は参加企業の少なさもあってか、帰りにもらったお土産袋が軽いこと。(^_^;)

ipadsmal

今回初めて兄からもらったiPadを持ち込んでメモを取りました。キーの打ち込みに少々戸惑ったけど、慣れればオフラインでもなかなか使えそうです。