プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しを見届けてきました

たまプラーザに住んでいた家族は新居へ引っ越しをしました。

昼食と飲み物を持って、様子を見に行きましたけど、二人分のスペースに6人分の段ボール、と言った様相で、建物は立派だけど、中身は段ボール・ハウスのような状態でした。とっとと捨てる物を選んで、箱を片付けないと、生活が大変でしょう。

しかし、最寄りの駅からは坂がきつく、もう一つの駅からは坂は少ないけど結構歩く、と言う状況で、痛風が完治しない身には応えます。

明日は、エアコン設置とベッドの搬入があり、ベッドは組み立てて、それから娘の部屋のレイアウトを工夫しないといけないようですが、段ボールが多すぎて、レイアウトする余裕も見えません。

折角の床暖房も、段ボール箱で床をおおったら、意味無いじゃん…床暖房じゃなくて床段ボールかよ…

話は変わるけど、小沢民主党幹事長の騒ぎを見ていて、映画「ゴールデンスランバー」を思い出しました。この映画のキーワードの一つが「イメージ」です。

小沢氏が有罪か無罪か、倫理的に許せるか許せないか、と言う議論は、ここでは無視します。同じ議論は政治家、大企業経営者、官僚トップの人に多かれ少なかれ当てはまることです。

信号無視して道路を横断している人が大勢いるのに、お巡りさんは、誰か一人を捕まえるわけですから、そこには、その一人を選び出す何らかの「仕組み」が働いて当然でしょう。

そして、問題はその仕組みを正当なものに見せかける「イメージ操作」があることです。

ワイドショー的なテレビのニュース番組を見ていると、特定の個人・団体に対する「イメージ操作」はひどいものです。そして大マスコミは「記者クラブ」と言う仕組みを使って、権力者の顔色をうかがいながら「ジャーナリスト」を装うと言う、盗人猛々しさを持っています。

「ゴールデンスランバー」は映画として秀作かどうかと言われれば「佳作」レベルではないか(堺雅人さんの演技を別にして…ちなみに香川照之の芝居はどうも好きになれません)と思いますが、そこに描かれている、権力と権力の手先でしかない大マスコミによる「イメージ操作」は、今ここにある、明らかな脅威として感じなければならないと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。