プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は暖かかった…また寒くなるらしい…

今日は21度にもなったらしいけど、それほど「暖かい」とは感じませんでした。ホントに寒がりになりました。でも、気温が上がったせいか、血圧も下がったようで、夕食後は全然力が入らず、血圧を測ったら上が100を切ってました。もう、今日は仕事はできません。

今週末の土曜日は江部先生のレッスンを受けに行く予定です。その後は、「例によって」かないさんのレッスンが終わった後、飲み会です。

最近はレパートリーも増えないし、寒さやら、家族の引っ越しやら、おまけに仕事も時々あったりで、ギターも余り弾けていませんけど、江部先生と単に話をするだけでも価値があると思います。

ギターの先生とか、バイオリン、ピアノ、そのほか音楽関係の先生と言われる、つまり「教室」を開いている人は大勢いますけど、そう言った「音楽教室」の良し悪しって、なかなか判断が難しいものだと感じています。

バックインタウンのギターインストナイトでもギター教室で先生をされている何人かの方の演奏を聴いた事がありますけれど、そのレベルはマチマチでした。中には、少々驚かされるぐらいレベルが低いと感じる人もいました。

初心者は先生レベルの評価力が無いのが当然ですから、そんなに違いも分からないのは当然ですけれど、初心者だからこそ、いい先生に師事した方がいいと思うのは僕だけではないでしょう。

だけど、ヤ●ハやニイ○リの様な、まずマーケッティングありきの指導者養成プログラムも余り好きになれません。

生徒が沢山集まっている教室だって、結局、講師を「外注」したりしているのですから、目的が「音楽」より「ビジネス」であることは明白です。まぁ、そういうところに通う人は「サロン的な集まり」を楽しみにしているのだけど、僕だって江部先生やかないさんと飲むことを動機づけにしているのだから、余り変わりはないのですけど…

江部先生の所に通うまで、僕はギターの先生と言うものを持ったことはありませんでした。レコード、雑誌、同じ趣味をもつ者同士、サークルの仲間、ギターショップの店員さん達が僕の師であり手本でした。

この年になって、最終的に江部先生のレッスンを受けられるようになったことは自分にとっても幸運だったと思います。

ずっと、江部先生のアレンジによる楽譜を大事にしてきたし、江部先生は話も面白いし、お酒を飲んでも楽しいし。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。