プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでの思い出のテレビ番組~その2 "Cheers"

アメリカにいた頃、再放送も何度もされていたので、殆ど全部の回を見たことがある、お気に入りのコメディ・ドラマが「Cheers」です。

アメリカのテレビ番組は教養の無い人、あるいは英語が得意で無い人にも見てもらえるように、と言うポリシーで、ゴールデン・タイムに放送される大概のドラマやショーは、比較的英語がハッキリと、聴きとりやすく話される傾向があります。

でも、この「Cheers」では、台詞をモゴモゴしゃべるクリフ・クレイボーン、滑舌がイマイチのノーム・ピーターソン、ちょっとばかりイングランド風を気取る喋り方をするフレイジャー・クレーンなどがいて、初めの頃は殆ど何をしゃべっているのか分かりませんでした。

昨年の夏に一人暮らしを始めた時に、アメリカ国内流通バージョンんDVD全11シーズンを買いましたが、今でも、英語が理解できない所が数多くあります。

このコメディが気に入っている一つの理由にテーマ音楽があります。

うまくいかない事が多いこの人生、たまには、店にいるみんなが君の名前を知っていて、温かく迎えてくれる、あの店に行きたいと思いませんか?と言った内容の歌詞です。

寂しい気持ちに押し流されそうな時に、このテーマが流れると、本当に涙が出てきそうになります。


アメリカの最初の赴任地メリーランドから、カリフォルニア、ペンシルベニア、フロリダ、ニュージャージー、そしてまたカリフォルニアと転々とした僕が、それぞれの土地で見る事が出来た「長寿コメディ番組」でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。