プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不幸せになる方法

まず、どういった状態が幸せなのかイメージする。このイメージはいたるところに転がっているから探す必要など無い。

むしろ、教育、テレビ、雑誌、ネットのおかげで「こう言うのが幸せですよ」と言うメッセージにイヤと言うほど晒されているから、普通は知らず知らずのうちに、「幸せってこう言うものなんだ」と言うイメージが出来ている。

それは、
「お金がある」
「生活が保証されている」
「彼女(彼氏)がいる」
「友達が沢山いる」
「家族(配偶者、子供、孫など)と仲良く暮らしている」
「ソーラーシステムが付いている一戸建てに住む」
「大企業で働く、出世する」

と言った言葉で表現されることが多いようだ。テレビのコマーシャルとか、ワイドショーの「貧乏だけど明るい10何人家族」とかいった企画を見ると良く分かる。

こんな他人が作った言葉やイメージに踊らされて、自分の「幸せレベル」を計る、それが「不幸せ」の始まり。

「何かがあるから」の幸せなんて、裏を返せばその「何か」を失うことへの恐怖でしかない。

恐怖から逃れたい一心で多くの人が、お金を追い求め、辛い仕事を押し付けられ、好きでもない人間と付き合っている。

それって、幸せなのか?

と、人から余り幸せそうに見られない(だって、上のリストに全く当てはまらないkら…)男のつぶやき。
スポンサーサイト

コメント

幸せとは・・・。

おはようございます。

時折 拝見しております。
TFCCを患い、右手首~腕に痛みがひどく、PC操作で痛みを覚えますので、できるだけPCから離れております。(治療を始めて間もなく1年になります)
使いすぎ(介護疲れ?)が原因だそうです。

幸せとは・・・、日野原重明先生(聖路加病院理事長)のお話ですと、「心が豊かであること」だそうです。
私は 自然を愛し、小さなことにも感謝しながら暮らせる幸せを感じます。(富も名声もありません)
Takaさんと価値観がとてもよくにかよっておりますね。

湿っぽく、体調を壊しやすい梅雨期、健康管理が大変と思いますが、明るく過ごすことで 乗り切りましょうね。
くれぐれもお大事になさってくださいませ。

Re: 幸せとは・・・。

座敷豚さん、こんにちは。

お体の具合、心配ですね。どうぞ無理をなさらないよう、お気をつけ下さい。

「幸せ」の定義って、難しいですね。「心が豊か」と言うのも、とても
抽象的で、人それぞれに捉え方が違うのかもしれません。

私も、まだ何が「幸せ」なのか分からずに生きています。

でも、ひょっとしたら「幸せ」とは自分が獲得するものではなく、
人に与えることによって初めて存在するのかもしれない、そんな
気持ちにもなる今日この頃です。

気温、気候の変動が相変わらず激しい日が続きます。
どうぞ、お体お大事になさってくださいませ。

幸せとは・・・。

Takaさん、

  早速にご返答、お心遣い ありがとうございます。
  
  私も 人の為に尽くすことから得る幸せを感じております。
  4月18日に 高校1年生のクラス会を主催いたしました。
  名簿作成から始めて、38名に案内状を出し、22名の出席を得ました。(25名の出席予定でしたが、3名急遽欠席)
  癌闘病中の79歳の先生には 22名の教え子達に会っていただき、22名のクラスメートには先生に会っていただき・・・出席者一同感動で一杯でした。先生の体力からは最後のチャンスでしたので。
  とっても楽しい会だったようで、皆さんから感謝の言葉が多く届き、つくづく人の為に尽くすことの幸せを感じています。

  ユニセフサポート活動も同じですね。
  17年前からさせていただいて、人の為にしているのではなく 自分の為にしているのだという事に気づきました。

   「心豊かに」感じることでしょうか?

Re: 幸せとは・・・。

座敷豚さん、こんにちは

>   私も 人の為に尽くすことから得る幸せを感じております。

そういった心境に達することが大事なのでしょうね。

生活の全てを他者のためにささげることは無理ですが、大勢が
自分の持っている時間や資産の1%でも選んで差し出す社会が
幸せな社会なのかもしれません。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。