プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷が鳴って雨は降ったけど、それほど涼しくならない

いずれは自分も人工透析を受けることになる(あるいはその前に死ぬ)ことが分かってからは、同じように腎不全保存期を過ごしている方、透析を受けている方たちが書かれているブログを読ませていただくことが多くなりました。

10人いれば10通りの原因があり、生活環境があり、そして現実があります。

他人の不幸を見て、自分の不幸を緩和できるはずもありませんが、自分のような小さな、弱い人間には、そういう気持ちが無いと、自信を持って言えないところがあります。

僕なんかよりもずっとずっと悪い症状を持ちつつ、僕よりもずっとずっと前向きに毎日を生きている人もいて、励まされるような、自分が恥ずかしいような、複雑な気持ちにもなったりします。

まだ、若くて、子供が幼くて、仕事も家庭も、沢山の期待を持っておられたであろう人が、突然、腎不全や人工透析に見舞われてしまったケースも知りました。

そう言う事実を知ると、自分が置かれた状況を自ら哀れむようなみっともないまねだけはしたくないと切に願ってしまいます。自分自身を哀れむことが無くならない限り、今の状態も透析も受け入れられないのかも知れません。

そう言う「ヘタレ」な僕ではありますが、これまで生きていて良かったと思うし、無為に過ごすこともある今日と言う一日ですらも生きて来れたことだけでも、幸せだと思います。

今日1日、生き延びれば、明日は何が起こるか分からない、誰に出会うか分からない、そう言う期待が無くなる事は無いのですから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。