プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

毎度毎度、食事の支度をするのも結構大変なんだ

今日はいつもの腎臓ではない科目での診察を受けてきました。

薬の処方の説明で、厚労省が結構、恣意的に薬の認可のスピードや使用条件を決めているのがわかったりして、やっぱり厚労省の役人が権力の側についていることがよく分かりました。

昨日のニュースで、JR東日本に対して視覚障がい者の団体が、ホームからの転落を防ぐ対策を要請したとの報道が出されていました。

駅員の配置とか、最近いくつかの駅でみられるような障壁の設置を具体的に求めているものでした。

確かに、そういったハードやソフトの面での対策は必要かもしれないけれど、もっと大きな問題は、ほぼ常時、乗降客がいる首都圏の駅のホームで、人たちは目の見えない人に対して結構無関心でいる事じゃないかと思う。

僕だって、白杖を持って歩いている人とすれ違うことはよくあるけれど、よほど困っているように見えない限り、自分からヘルプを申し出ることはない。どのレベルでヘルプを申し出ればいいのかを考えている時点で、もう後ろ向きではないかと思う。

「お手伝いしましょうか?」の一言がなかなか言えないでいる。実際に役に立てるかどうかよりも、そういう風に声をかける、声を掛け合うことが一番大事なことじゃないかと思う。

僕たちは、何か問題を目の前にした時、往々にして「ソフトとしての法律や規制」と「ハードとしての施設・設備」が解決策と思うことがあるけれど、そういうものがあると、人は問題の解決は対して自分の責任では無いと思ってしまい、本当に困っている人たちから心が離れて行ってしまうのではないか。

介護とか人口の老齢化、子供に対する虐待、待機児童の問題、こう言ったことは、ソフトやハードの前に「人の心」が駆動力にならなければ本質的に解決はしない。

少しでも心のある行動パターンを身に着けていかなければ、どんなに豊かな社会も、その豊かさは形だけのものになり、心が滅びるにつれ、いずれ滅びるものなんじゃないだろうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント