プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ曲を何度も何度も…ある種の根競べ

今日から自分で勝手に「夏休みモード」に入りました。まぁ、いつ何時、電話がかかってきて、即、仕事モードにならないとも限らないのですが、こ1週間ばかりは、少しずつ予定が入っていて、仕事がきても対応できない場合もありそうです。

午前中は雑用を済ませたり、横になったりしていましたが、午後からはギターを練習しました。

現在暗譜している曲は15曲ほどですが、この内12曲ぐらいは、ここ1年で100日以上、中には300日近く弾いた曲もあるはずです。

同じ曲を何度も何度も弾いていると技術面である程度のレベルに達する頃には精神面が「疲労」を起こして、集中力が下がり、従って技術面でも音楽面でも進歩が無くなったり、非常にスローになります。

それでも自分が本当に好きな曲ならば、どれだけ弾いても、決して「ゴール」は無いと思っています。演奏が何らかの進歩とか変化をするのに、何日間、何度弾いたらいいかなんて、誰にも分かりません。今日もダメダメな演奏だったけど、それで弾くのをやめてしまえば、次の日に味わえるかもしれない、「演奏の変化」「音楽の喜び」を放棄してしまうことになるのが怖いです。

「何度聴いても、こいつのレパートリーは増えないし、つまらないな」と思われても構わないと思っています。それを気にせずにいられるのがアマチュアの特権でしょう。

でも、アマチュアであるからこそ、不器用であるからこそ、ギターを弾いて自分がより深い感動を得て、そして極々稀に誰かの心に響く演奏をするには、単純な事を、愚かしいほど繰り返すしか選択肢は無いと思います。

そうは言っても、確かに、14~5曲を毎日のように繰り返し、繰り返し弾くのはシンドイ時があるのも確かです。時々、何を弾いていたのか自分で分からなくなるときもあります。そう言う時は、ただ指が動いているだけで、気持ちが音楽に入っていっていないから、無駄な練習になっているときです。

気持ちを込めて、音に集中して弾くことが出来なくなったとき、僕のギターは進化するチャンスをなくしてしまったと言えるでしょう。

どうか、そうなりませんように、と願いつつ、毎日のように繰り返す不本意な練習を終える今日この頃です。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

はじめまして、福岡からCinoと申します。
『岡崎倫典 クレイドルソング』で検索していて、こちらへ辿り着きました。
どうしても、その曲がきれいに弾けなくて、こうして何か手はないものかとウロウロしております。(わたしはギター初心者でして、その曲を弾きたくて教室に通い始めましたが引越しで離れてから行き詰っております。)
不躾で誠に恐縮です。
よく弾かれるという曲の中に、クレイドルソングも入っていらっしゃいますでしょうか?


Re: はじめまして

Cinoさん、こちらこそ、はじめまして。

福岡は僕の生まれ故郷で、人生でも一番「濃い」大学時代をすごした思い出の町です。

岡崎倫典さんの「クレイドルソング」、とてもきれいな曲ですよね。今から5年程前には同じく倫典さんの「麻衣」と併せて、かなり練習していたときがありました。でも、残念ながら、ここ最近、弾いていません。

ナイロン弦ギターの曲で、比較的スタンダード・チューニングに近い(ドロップD)ので、Cinoさんの、このコメントをきっかけに、また練習してみようかと思います。

苦労されているのは、後半の高音部と低音部が「掛け合う」様に展開する部分ではないでしょうか。私も後半部分はなかなか音がつながらず苦労した記憶があります。

演奏者の経験レベル、指の広がり具合、柔らかさ、それにギターのネックの太さなど、いろいろな要素が、演奏の難易度に影響を与えていると思います。

ある程度の基礎的な演奏技術と、繰り返し練習する根気も大切ですが、時には低音部の音を省略する(小節の最初の低音だけは弾く、とか)、あるいは別の音に置き換える、などの工夫をしてみてもいいのではないでしょうか。

そう言った工夫をしても、原曲の美しさ、そして、それによって得られる演奏の楽しさは、それほど減少するものではないと思います。

私も、また、この曲の練習を再開するに当たって、そういった工夫をしてみようと思います。

一つの曲がなかなかキレイに、ちゃんと弾けないもどかしさは、私も良く分かります。それでも、1日1日の練習を続けようと思うのは、やはりギターの、そしていろいろな曲の持っている魅力なのだと思います。

ご健闘を、お祈りいたします。

No title

福岡は良い場所ですね。『濃い』想い出、わたしも出来ました。
クレイドルソング、やはり容易く弾ける曲ではないようですね。『音のつながり』につまづきっぱなしです。工夫が出来るようになる為にももっと知らなければと思いました。
そうですね、毎日少しずつの練習ですがこれからも続けてみます。
ありがとうございました。・*゜*

Re: No title

> そうですね、毎日少しずつの練習ですがこれからも続けてみます。
頑張ってください。

> ありがとうございました。・*゜*
どういたしまして。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。