プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦る場合ではないかもしれないけれど…

原発の事故発表で放射線レベルが報告されるたびに「ただちに人体に障害が生じる値ではない」と繰り返し言われていますけれど、「ただちに」じゃなければ危険なのか、と思う人も多いでしょうね。

確かに、放射線レベルが上昇した状態で長く生活すれば、蓄積線量はどんどん増えていくでしょうから、今の状態が、いつまで続くか、そして自分はいつまでそれを許容できるか、と言うのが問題になってくると思います。

今の時点では、「事故発生後、今までの蓄積レベルでは人体に障害を及ぼす可能性があるという科学的根拠はみつからない」と言った程度の意味にとらえた方がいいのではないでしょうか。

ただ、政府や東電にしても今の状態がいつまで続くのか分からない以上、この問題に対する答えは持っていないし、「6か月は大丈夫でしょう」などと言えば、それはそれで社会不安を巻き起こすだろうし。

今はとにかく一刻も早い福島第一原発の放射性物質の放出抑制に大きく依存していると思います。

テレビやラジオのコメンテーターやタレントの発言や解説にも誤りが多く含まれることがあります。

今日もTBSラジオで司会者が出荷自粛を指示された地方産出の野菜も「よく洗って食べれば」などと言ったのを耳にしましたけれど、放射性物質はバクテリアや汚れではなく、内部蓄積されているのですから、洗ったり、煮沸したりしても何の意味もありません。

風評被害を抑えたいという善意があっても、間違ったコメントを出すのは百害あって一利なしです。

もう一つ、僕が疑問に思っているのが、「なぜ避難区域を80㎞にしないのだ。外国(アメリカなど)はそうしてるじゃないか」と言っている方たちの事です。

試しに"nuclear" "evacuation" "50 miles (または80 km)"でYahoo!検索したところ、福島原発に関するトピックがほとんどでした。

僕が調べた範囲では、アメリカの原子力緊急事態対応計画の基本となっている避難区域の設定は12マイル(20㎞に対応)、20マイル(30㎞に対応)しか見つかっていません。50マイル(80㎞)が出てきたのはスリーマイルアイランド事故に関連した文献で、牛乳や作物の収穫制限区域が事故発生地点から半径50マイル、となっているものがありました。

いずれにせよ、放射線量の測定に従った制限が一番大事です。

ただし、オバマ大統領が言ったからって「80㎞」が独り歩きしているような気がします。報道関係者も数字の出典を明らかにしてほしいな、と感じました。

それから、「これぐらい大したことありませんよ」と言うニュアンスで使われる「レントゲン」とか「CTスキャン」ですが、どちらも人体に無害である、とは言い切れません。

それから、どれくらいの量被ばくしたら、とか、どれくらいの量を摂取したら障害が発生するのか、と言う疑問も、年齢差、性差などを含め、個人間のばらつきが結構あります。だから出される数値はあくまで目安であって、個人の放射線に対する感受性は一桁違うぐらいのばらつきがあっても不思議ではないと考えた方がいいでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。