プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

レベルが変わっても状況が変化したわけじゃない

だから、何をそんなに騒いでいるのか?

実質離婚状態にあった夫婦が正式に離婚届けを出したようなもの。(ちょっと違うか…汗)

大騒ぎしている人はこれまで状況をフォローしていないか、対面ばかり気にする人ではないだろうか。

事態が深刻であることは、もう1か月近く変わりない。ちょっと地震が来ただけで大慌てしている現状は、これからもかなり長い間続くと思う。

その間にも放射能は微量ながら、時には微量以上に漏れ続ける。避難区域も広がることはあっても解除になることは数年はないかもしれない。

まず、燃料を冷却し続けて、原子炉建屋の放射能レベルを落として、循環冷却系統を確立して、それから放射能を封じ込める障壁を作らないといけません。

今は最初の二つをやっている状況。循環する冷却系統は、いったいどんなシステムを採用するのかも公開されておらず、いつ何をするのかが不明。この「非公開性」も不安をあおる要素でしょう。

冷却系統が確立されたところで、系統に漏れや破損が生じれば、また放射能汚染が広がり、作業が止まります。地震が来れば壊れる可能性もあります。

とにかく、廃炉までは最短で10年はかかるでしょうから、福島原発は「負の遺産」として長く残り続けるのです。

東電に責任を取らせろ、だの、税金を使うな、だの、いろいろと意見もありますが、原発がここまで日本で広まったのは、国民の多くが投票した自民党をはじめとする原発利権に群がる政治家、企業、地方自治体の構造に大きく依存しています。今回被災した住民の人たちもこの意味では同じです。

それを黙認し続けたのはこの国の人たちです。責任を一人一人が感じて、長い道のりを歩いていくしかありません。

原発推進派は「より安全な原発を作ればいい」と言いますが、戦前の日本軍が「より強い軍隊であればよかった」などと今思っている人はほとんどいないと思います。それと同じことでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント