プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末だったのか?まぁ、バタバタしています。

前のブログの書き込みでドン引きした人が多かったかな?(笑)

昨日の午後から娘に付き合って、夜は「24」のファイナル・シーズンの最終回を見て、今日はまた買い物に付き合って、夕食にから揚げを作って、先ほど戻ってきました。また、金が飛んでいきました。(汗)

4月に入って、翻訳の仕事はパタリと止まりました(汗)。どうなることやら…

まさか東電に補償してくれと言うわけにもいかないし(笑)。あ、笑っては不謹慎か… しかし、こちらも厳しいぞ・・

でも、生活スタイルはまだ変えません。ポリシーも変えません(もともとポリシーなどない)

娘の住むマンションでテレビをつけたら、ちょうど、東電の会長、副社長が福島第一原発の炉心冷却の安定化、放射能放出の抑制・管理の「見通し」を発表していました。

放射能の「漏れ」が抑制されるからと言って「放出」がなくなるとは限りません。

仮に9か月と言う時間枠で目標が達成されたからと言って、原発施設が安全になったわけでもなく、いろいろな機能が本来の設備に比べて劣化して、外部からのストレスに脆弱なままだと思います。

ただ、今日の海江田氏の会見では「6~9か月後に戻ることが可能かどうかの判断を出す」って言ってましたけど、こんな言葉で決断を先送りしてどうするんでしょうね。

政府は「放射能の管理されない放出」が収まった時点で、元に戻れる地域がどれくらいあると思っているんでしょう。

どんな状態になったら住めるようになるかの基準も示さずに、ダラダラと決断を先延ばしにしている理由はなんなんでしょう?どうせ自分は半年後には、今の立場にいないと思っているのでしょうか。

避難されている住民の側にも、原子力に関して知識のある人がアドバイスしていてもいいと思うのですが、未だに「政府や東電が情報を出さない」と言うばかりです。何だかおかしいなあ。

最悪、廃炉とサイト除染が終わるまで、元の場所に戻れない人がいるとしたら、その最悪のケースから話を進めていくべきじゃないでしょうか?

何だか、この原発事故も、裏でいろいろと話が進んでいるんじゃないかと言う気がします。

我々、直接関与しない、でも放射能の影響を受ける大衆は蚊帳の外ですかね。

今、東電の記者会見をニコ動で聞いているけど、記者の質問も、もうほとんど意味の薄いもの、記者の準備不足によるものが多くなっていて、無駄な時間が多くなっています。

フリー・ジャーナリストも、そろそろその役目が目立たたなくなってきたようですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。