プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

中身も誠意もない言葉

「6~9か月後を目途に帰宅できる可能性について判断する」って、なんなんだ?

何を持って第2ステップが完了したかの具体的な基準もなく、更には、何を持って人間が恒久的に生活を営むことができるかの基準もなく、何を判断しようというのか?

僕レベルの人間でも、こんな言葉は信用しないし、何の約束でもなく、誠意すら感じない。

政府、東電、マスコミ、地方自治体、住民すらも、この言葉の持つ意味がなんなのか分かっているに違いないのに、何も言おうとしないのが不気味である。

問題となっている原子炉は3つ、もしくはそれ以上ある。これら全てが「何の問題もなく」作業が進められる可能性はどれくらい低いのだろうか?

そして、原子炉容器に核燃料を残したままで、また住民を元に戻すということを考えているのは、補償金額を制限したいという欲求があるからじゃないのか?

東電が公表した工程表だけど、まぁ、マイルストーンを示したにすぎず、これをもとに作業計画が読み取れることもなく、リソースの見積もりも出来ない。でも、それは当然。今までやった事のない作業の数々を組み合わせて、積み重ねていかなくてはいけないのだから。

政府、特に官邸周辺は、完全に「逃げの体勢」が見え見え。なんたら会議、なんたら対策室を乱立させて、お茶を濁すだけ。

管直人と言う人間は、副社長とか、専務、番頭当たりの役割があっているのではないだろうか。トップに立つだけの気概も人格も見えない。

嫌なニュースが多い中、ここではおなじみの弦太郎さんのデュオ演奏を奇聴いて、清涼水のように感じました。




いつもながら素敵なアレンジと演奏です。この演奏の楽譜はコチラ


「紫陽花」を演奏したhandsさん/Purpleさんのデュオで聴きたいですね(笑)
スポンサーサイト

コメント

江紀行

私の演奏のご紹介、ありがとうございます。
アハハ、清涼水ですか。
たしかに私はねちっこいのは嫌いです。(笑)

Re: 江紀行

弦太郎さん、おはようございます。

> たしかに私はねちっこいのは嫌いです。(笑)

確かに、それは感じ取れます(笑)。
これからも、「さわやかな」音楽、期待しております。m(_ _)m
非公開コメント