プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

相変らず、気候の変動が激しい

一ヶ月前の寒さと一ヶ月後の暖かさが交互にやってくる毎日は置いた体には答えます。

それでも1年前に比べると体は元気になったように感じます。

福島原発事故の進展は「工程表」が出されて新しい局面に入ったように見えますが、さすがにあれを工程表と呼ぶのは気が引けたのか「道筋」と、まぁ文学的なあいまいさをプンプン匂わせるネーミングです。

いろいろと目標が出されていますけれど、なんと言うか、どうにでも解釈できるというか、ムービング・ターゲットと言うか。

建設現場でこんな工程表を出したら笑われます。

確かに前例のないことだらけのプロセスには違いありません。しかしながら、何をもって目標が達成されたかを判断する基準が無ければ、これから3ヶ月後に、何を物差しにして目標が達成されたか、何パーセントの達成度であるとか評価できないと思うのです。

更には、住民が家に帰れる基準が示されていません。

目標の達成を評価する基準もなければ、その先にあるべき居住可能の基準もありません。

まるで、大学の入試試験で「この教科書を勉強しなさい。3ヶ月後に試験をします。合格かどうかはそれから考えます。合格したら入学できるのかって?そんなこと話してましたっけ?」と言っているようなものです。

どいつもこいつも、当たり障りのないことを言って、問題を先送りしています。

「道筋」も「リスク」と称される前提条件だらけで、しかも3機もあることから、廃炉に向けては膨大な作業と時間がかかると思われます。

問題を先送りしているうちに、自分はもう今の立場にいなくなるからとにかく時間稼ぎをしているのではないでしょうか。

僕には、全てが複雑な「大人の事情」で作り上げられたお芝居のように見えてしまいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント