プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

節電よりも「ピークオフ」に注目を

誰のプロパガンダか知らないが、世の中、誰もかれもが「節電、節電」とかしましい。そういうやつらに限って大震災前は節電とは縁遠かった人たちなんじゃないか。

節電の達人とか言う人がお昼や夕方のワイドショーなんかでも出ているんじゃないかと疑ってしまうけど、「節電→美徳」と、うまい具合に、この原因を作った張本人への風当たりを回避しているかのようにも見える。まぁ、既に風当たりが強すぎるというのも確かだけど。

普段からそれほど多くの電力を消費していない家庭にとっては、やたら節電節電と言われても限界がある。

お年寄りや体の弱い人にとって厳しい夏をエアコン無しで乗り切るのは、無理と言うよりも「有害」となりうる。

電力が足りなくなるのは、夏の間の、ごく限られた期間(昨年は異常に長かったけど)の限られた時間帯である。

暑さの厳しい日の、12時~4時ぐらいまでを何とかしのげる工夫さえすれば、それ以外の時間帯は普通に生活できるはずである。

節電するなとは言わないけれど、既に弱い立場にある人に対しても一律の節電目標を押し付けるようなことがあってはならないと思う。

その辺の空気が読めない人間が、今の世の中を動かしている。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント