プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トホホ、と思うこと。

大震災から、もう、随分と時間も立って、原発のニュースにも一喜一憂、いや「一喜」したことはなかったけど、それほど神経を使わなくなった。

でも、事態は段々と悪くなっていっている。毎日、何らかの形で放射能が漏れ続けているから、環境への放射能の蓄積は(半減期があるにしても)日々増え続けている。

総量として、原子炉と燃料プール内の核燃料は放射能を出さなくなるまで、あそこにあるんだから、そこから導き出される放射能量が何らかの形で環境に放出されると考えて対応を考えるべきだと思う。

しかし、なんなんだ、「海水注入」を止めた、止めない、の問題は。

東電には思った以上に深刻な問題がある。それは組織内で「利害対立」を起こしていることだ。海水注入を止めなかった所長の判断がいいか悪いかは別として、これを隠していたとすれば、この所長はとても危険な人物である。

悪いニュースを隠す姿勢は、組織を管理するものとして決してやってはいけない。

「悪いニュース」が上がってこない組織は、いつか大きな問題を起こす。別に企業に限った事だけではない。子供のテストの成績が悪いことを叱るしか能のない親は、それが原因で子供は「悪いニュース」が「罰」につながることしか学ばず、適切な助けを得るタイミングを無くしてしまう。

官邸も、官庁も、東電も、僕の想像以上に腐っている可能性が高い。

福島の学童は本来、安全な所へ避難させるべきであり、自主的に移動した人には補償をすべきだ。

それが財政上の理由、管理上の理由でできないのなら、正直にそういえばいい。それが「悪いニュース」をやり取りできる信頼関係だろうが。

いつまでたっても、一般市民を見下ろすような態度の人間がこの国を動かしているからダメなんじゃないのか?

SPEEDIを公表しなかったのも、「大衆は知らしむべし」の思想だろう。その結果、南相馬の住民は低線量地域から高線量地域へ避難するという事態になったんだ。

犯罪かどうかは知らないが、「重過失」だろうが…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。