プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

神奈川ギター:新人ギターオーディション

今日は江部先生の生徒のKさんや知り合いの方も出ると聞いたので、初めてこのギターコンテストに出かけてきました。場所は磯子区民文化センター 「杉田劇場」。

この杉田劇場、あの美空ひばりの初舞台であった杉田劇場の後に建てられた「らびすた新杉田」にあるホールです。

少し遅れた入ったので、もうすでに10人ほど弾き終えていましたが、まず、PA無しのギターの生音がとてもいい感じで響いているのに少々驚きました。あまり大きくないホールですが、ギターの演奏にはとても向いているように思えました。

知っている人も何人か出場されていましたが、小学生の男の子が「すごい」演奏をしてビックリ。だいたい毎年、こういうスーパーキッズが出てくるものなのでしょうけれど、まぁ、すごかった(笑)

Kさんは残念ながら本選に残れなかったので、江部先生、Kさん、Kanaiさん、それと僕の4人は軽く「バーミヤン」で会食をして、夕方には解散となりました。

たまにはこういう緊張感のあるギター演奏を聴くのもいいものです。ホールの音響、ギター自体の品質、弾き方、それぞれがいい感じで組み合わさると本当に心地よい音楽になります。

あれぐらいいい音が自分で出せるだろうか、どれくらいの差があるのか、他人に比べてもらうことは可能でも自分で聴き比べが出来ないのは残念です。

まぁ、録画とか録音とかいう手もありますが、あれはテレビ画像が本当の姿形・色を再現できないように、所詮、「~のようなもの」でしかないですからね。

Kさんはまたチャレンジされるようです。Kanaiさんにも、だいぶお誘いがかかっていましたけれど、どうやら来年の本選の課題曲「アメリアの誓い」はKanaiさんの好きな曲ではないようで…どうなることやら。(笑)

コンテスト出場者は明らかにプロを目指して、その「通過点」ととらえているであろう人、自分のギターの一つのマイルストーンを築くことを楽しみに参加しているであろう人、いろいろだったでしょう。

でも、応募段階でテープ審査のようなことをしない割には、全体的にレベルの高いコンテストだったと思いました。

みんな、自分なりのベースと目標を持って弾いたのでしょうから、その成果には拍手(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント