プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所詮、「仮設」なのだ

循環式冷却システムが今日午後、運転開始、したと思ったら、またホースからの漏水で停止。

原子炉建屋をすっぽり覆う構造筐体を作ってかぶせる計画が進んでいる。これもいろいろな障害が待ち構えている事だろう。

仮に、冷却システムが問題なく稼働して、建屋がすっぽり覆われたところで、それらは本設ではなく「仮設」だ。

耐震性、耐候性、防水、防風、耐衝撃性能などなど、一般の建設構造物よりはるかに信頼性が低い。

そんな危なっかしいものを組み合わせて、何が「冷温停止」なのか。勝手に言葉の定義をでっち上げないでほしい。

最初に炉内にあった燃料は、程度の差はあるかもしれないけど何らかの形で環境に放出される。放出され続ける放射能を「箱詰め」にしたはいいが、その「箱」が何かの拍子に壊れたら、どうなるか「想定」していることを切に願う。

仮設の構造物にしか守られていない核燃料の20㎞圏内に住民が戻ることを、政府も東電も認めるのだろうか?

各地で原発を再稼働しろだの、停止させろだの、いろいろと議論されているが、この際、原発の運転は現地自治体や当該県の問題だけではないことを認識すべきじゃないだろうか。

福島原発だって、その立地に発言権の無かった自治体や個人までが巻き込まれてしまっているのだから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。