プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

NO!と言うべき時がいつか来る。

原発を維持したい人たちの中には原子力安全委員会の専門家で大学教授の奈良林ナントカとか言う学者のように「原発は日本国民全員が乗っているジェット機のエンジン。これを止めると日本は失速する」と、理屈なのか脅しなのか分かりにくい理論を持ち出す。

また、経済界寄りのコメントを出す人は「電気代が高くなれば国内産業は海外へ移転し、国内の失業者が増大する」とも言っている。

この国外へ製造機能の移転だが、こういう事をする企業の「愛国心」を問う意見が全く出てこないのは不思議だ。

「愛国教育」をぶちあげる自民党やどこかの都知事は、こういう非愛国的企業をどう思っているのか。税収が増えるなら失業率は上がってもいいぐらいに考えているのだろうか。

消費者も「安いから」と言う理由だけを購買基準にするのはやめるべき時が来ている。

「便利だから」とか「快適だから」と言う言葉は、そのまま「幸せ」には必ずしもつながらないことを自覚すべき時が来ている。

政府や企業の「脅し」にNo!と言うべき時が来ている。それが無ければ脱原発は難しい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント