プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰のための「避難解除」なのか?

原子力安全委、避難解除の考え方提示

確かに避難されている方たちの苦労は大変なものであることは理解できる。

しかし、例え放出放射能が低くなったとしても、福島第1原発は所詮「防護されていない」原発だ。

今、日本全国で再稼働するだのしないだのと騒いでいる原発は、たとえ問題があるにせよ、今の福島原発よりは防護されている。特に建屋と格納容器に関して言えば。

さすがにゴジラがやってきたらどうするとは言わないが、今のような不完全な防護状態で、もう一度東日本大震災レベルの地震が来たらどうなるか説明しているのか?

非常に強い台風や竜巻が来たときに周辺に放射能汚染が広がらないと保証できるのか?

汚染水貯蔵タンクが破壊を起こして揮発性の放射能が広域に拡散しないことをどう保証するのか?

これまで散々、公衆を口車に乗せてきた政府、東電、経産省、原子力安全委員会、安全保安院が「安全です」と言って、それを信用する人がいるとすれば、それは積極的にそれを信用することによって、とりあえずの苦しみから逃れたい」と思う、とても弱い立場にある人たちなのかもしれない。

そう言う弱い立場にある人たちの足もとを見て「避難解除」をちらつかせる奴らは詐欺師としても一流になれる素質があるのではないか。

もうこの政府は国民を見捨てているように思えてならない。

そうそう、最近読んだ本に、自衛隊に救助された元共産党員が「僕はこれまでずっと自衛隊は憲法違反だと言い続けてきたが、今度ほど自衛隊を有難いと思ったことはなかった」と言ったことが書いてあって、興味深かった。

救助された人にとって見れば、政府や東電よりも自衛隊により好意を感じて当然であろう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。