プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「原発ヒステリー」と言われようが…

世間は脱原発だの原発維持だの、政治家や著名人や専門家がウジャウジャ話をしているみたいだけど、目の前にある問題をどうしたらいいのかと言う議論も訴えも、そういう連中からは聞こえてこない。

「不必要な線量を浴び続ける人たち」
どのようにこの人たちを苦痛を和らげるのか?不安を取り除けるのか?
「自主避難」は国家が国民を見捨てた結果に他ならない。

「広がる放射能汚染」
問題は、どれくらいのレベルがどの範囲で、どこに集中しているか分からないこと。そして、それが人や物の流通により、どこまで広がっているか分からないこと。
国は「どうせやろうとしても、技術的、リソース的に無理なんだから、出来るだけ口を閉ざしておこう」と言う態度だったのだろう。だから稲わらから肉牛への汚染がここまで広がったのではないか?

「原発さえなかったら…」
原発事故以降、農業や畜産をやめなければならなくなった人の打撃は単に「職を失った」以上の辛さがある。丹精込めて育ててきた牛を手放す畜産課の人の涙を見て、「様々なエネルギー・ミックスを冷静な頭で議論していくことが経済を失速させないためにも大事です」とかシャアシャアとのたまう専門家やエコノミストは何を思うのか?

農業を捨て、一家が分かれて避難生活を送ることになった家長の男性の「原発さえなかったら…」と言って、言葉を失った。それを聞いてでもそいつらは冷静でいられるのか?僕はいられない。

「子供たちの将来」
立ち入りに制限のある放射能管理区域と同じ線量基準を与えられている福島県の子供たちを救うことを完全に放棄した政府と東電は、これから先、彼らが背負うことになる不利益をどう補償するのか?いや、救うつもりはあるのか?とてもそうは見えない。

「負の遺産」
放射能汚染だけでなく、使用済み核燃料の最終処理方法が見つからないまま、いつまで原発を続けるつもりなのか?自分の世代に起こる問題ではないから、どーでもいいや、と言う姿勢が見え見えだ。


感情的だ、ヒステリーだと言われても構わない。その通りだ。彼らの痛みは「原発の即時停止」に値する。それで国が亡びるなら、そうなるがいい。所詮その程度の国だったと言うことなのだから。
スポンサーサイト

コメント

No title

まあこれだけ事故って人殺して
赤っ恥さらしてなお、人をこけにできる
そのつらの皮の厚さは見習って損はありません。
(ずいぶんおおざっぱな捉え方ですが
決して間違いではないと自負しております)

ヒステリー?だったらなんなんだ?
お前が言いたいのは
彼らがヒステリーに陥ってるじゃなくって
反原発がヒステリーってことじゃないのか?
こっちゃ熱くても冷めても考えは同じだぜ?
なんなら、お前がイタリアに飛んで
国民一人一人、ちゃあんとヒステリー状態じゃない
と医者の診断書とった上で投票し直させたらどうだ?

と、彼の胸倉をつかんで唾を飛ばす
そんな自分のかっこいい姿を
想像してちょっと照れた今日の午後

小気味よい分析とまとめに
しばし痛快な思いをさせてもらいました。
ありがとうございました。

Re: No title

バックメッシュさん、こんにちは。

書き込み、どうもありがとうございます。

多少のヒステリーもそれが弱い立場の人を傷つけない程度の
ものであれば、却って健全なのかもしれません。
その辺の加減を気をつけるようにしたいものです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。