プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

益田洋さん、東北ボランティア演奏の旅

CDやライブ、そしてアレンジ譜などでなじみの深いギタリスト、益田洋さん(かつてはSketchと言うステージ・ネームでした)が7月10日から東北地方の老人介護施設でのボランティア演奏をされてきました。

7月11日から20日にかけて、計7か所でボランティア演奏をされてきたそうです。

いつもはビートルズ、サイモン&ガーファンクルの楽曲中心の演奏なのですが、今回は「鉄道唱歌」「ふるさと」などの唱歌から「炭坑節」や「荒城の月」などお年寄りになじみのある曲を選んで演奏されたそうです。

これを機会に、活動の軸を施設巡りに移していかれるようです。





ボランティア演奏と言っても、他のボランティア活動同様に、受け手側と供給側のミスマッチ、理解不足の問題もありがちのようで、「慰問演奏家はもうたくさん」という言葉をもらったこともあったようです。益田さんは、演奏会場まで出て来れないお年寄りの部屋まで行って、演奏をしたりもしたようですが、そういう演奏環境では難色を示す演奏ボランティアもあったと聞いたそうです。

僕は益田さんのように(メジャーである無しにかかわらず)、プロ、あるいはプロに準じる演奏のできる方がボランティアで演奏を披露するのは賛成ですが、「お金をもらわないんだから、この程度でもいいだろう」と思っている(プロ・アマチュアにかかわらず)音楽家がいるとしたら、余りいい気持ちはしません。

確かにボランティア活動にはアマチュアの精神は大事かもしれないけれど、提供する演奏、サービスの品質が一定の基準を満たしていないならば、それこそ供給側の自己満足だけに終わってしまうと思います。

ボランティアと言っても施設での演奏の際には、聴衆は一応、その場にとどまる事をお願いされているのですから、そんなに大したこともない演奏を聞いてもらうことは避けるべきだと思っています。

それは聴衆への配慮と、同時に自分が大事に思う音楽への配慮でもあると思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。