プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安心」できる数値などない。「安全」な被ばくなどない

様々な農作物や肉用牛などへの放射能被ばくの測定が行われつつあり、そして福島県の人達にも内部被ばく、外部被ばくの検査が始まったようです。

消費者や、福島で被爆した人たちにとっては、「これは安全です」とか「あなたの被ばく量は少ないので安心してください」と言う言葉を聞きたいのは理解できる。

だが、この要求を満たすためには、検査結果に「しきい値」を設定しなければならなくなります。今日のNHKの「クローズアップ現代」では内部被ばくが1ミリシーベルトを超えないと判断された場合は「安心してください」と言う検査グループの医師が放送されましたけれど、これは「放射能被ばくの量とその影響は『線形』であり『しきい値』を設けない」と言うアメリカの学術団体の判断と異なっており、国際放射線防護委員会も「しきい値」の存在には疑問を投げかけています。

更に言えば、放射線による汚染はこれからも起こりうるわけで、「今、検出されない」からと言って、これからも被ばくしないとは言えません。必ず、定期的に検査を続けるべきです。

食品に関しても、「暫定」と言う名前を持った基準値を下回ったものは「安全」としているようですが、これも同じ考え方をすれば、小さい値でも測定数値を表示することは義務付けるべきです。

「そんなことをしたら、売れなくなる」と言う反論もあるかもしれませんが、これは「風評被害」ではなく、消費者が正確な情報に基づき、購買判断をするために必要なことだと僕は信じます。

原発が一か所事故を起こせば、一つの県、それ以上の範囲の人や動植物が、長い期間にわたって影響を受け続けるのです。そうまでて欲しい電力ってなんなんでしょう? 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。