プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「苛立ち」「怒り」、そして「無力感」

東日本大震災が起こった時、余りの出来事の甚大さに、最初は茫然としていたけれど、すぐに気持ちは原発事故の経過に集中していきました。

「ベントが成功」と言うニュースを聞いたときは本当に安どのため息が出ました。でも、政府、東電、そして大手マスメディアによるそれからの後の対応には本当に苛立って、怒りを覚えたものでした。

それからもうすぐ半年になろうとして、事態は収束どころか、拡散し、深刻化し、そして対応はおざなりになったままです。

東電存続を保証する「損害賠償法」を成立させ、何を基準に決めたのか決めた本人も説明できない基準値で「安全」を押し付け、毎時間何億ベクレルと言う放射能が今もなお漏えいしているにも拘らず、国会は「子ども手当」を「児童手当」と言い換えるの言い換えないので時間と税金を無駄遣いしている。

福島の子供たちや、どこまで汚染しているか誰も知らない、いや知ろうとしない食品汚染を口にしている子供たちの将来を心配しているのは「原発ヒステリー」と石原のガキに揶揄される母親たち、と言う状況を見て、あなたは何を思うのか?

僕は無力感を感じます。

災害や事故が発生した時も、自分が現場に駆けつけて役に立ちたいという思いと、これと言ったスキルもない素人が混乱を増大させること、もう人並みの体力も健康もないという事実から、それもできない苛立たしさに苦しみました。

今は、この国は、結局、権力の側にいるものは、東北にいる人たちは守るに値しない人だという事実を見るに至りました。

最近、日本国籍を捨てたのは間違いではなかったのかもしれないと思うようになりました。

この国の政府は北朝鮮や中国、そして宗教的マイノリティを弾圧し続けるシリア、飢饉にさらされる国民を見捨てるソマリア政府などと大して変わりはしない。

せめて、「困っている人を助けたいのだけど、今この国の政府、行政機関、地方自治体には、それが出来る人材もお金も知恵もありません。本当にごめんなさい。みんな自分で何とかしてください」とでも言えば救いもあるのかもしれないのに。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。