プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ領事館に行ってきました

書類の公証サービスと期限切れのパスポートの更新申請のため都内のアメリカ領事館へ行ってきました。

公証サービスが11時の予約、パスポートが午後2時の予約だったので、お弁当を持っていき、溜池山王駅に着いたら、まずお昼が食べられそうな公園スペースを確認。小さいけれど、ベンチのあるスペースを見つけてから領事館へ。

言ってみたら、大半が若者の行列が領事館前にできていて、ビックリ。そう言えば、アメリカも入国ビザが必要になったのでしたね。

米国市民は並ばずに入れてもらい、11時の公証サービスを受ける時に「パスポートの申請も一緒にできますよ」と言われて、予想外に早く用事が終わり、お昼過ぎにはアパートに帰ることができ、お弁当はアパートで食べました。

領事館に初めて行ったのはいつだっただろう?

初めてアメリカに行った大学生の時は、旅行代理店にかなり任せっぱなしだったので、自分でビザを取りに行ったのが福岡だったのかどうかもよく覚えていません。

駐在員として渡米した頃も、観光目的でもビザが必要だったころで、確かいつ行っても領事館は混雑していました。多分その時だったでしょうか、同行してくれた旅行代理店の社員がお菓子を領事館職員に託けていたと思います。まだまだのんびりした時代ですね。

窓口の対応も結構横柄で、学生ビザを申請している若い人に「向こうで勉強するんだったら、これぐらい英語で書けなくてどうすんの?」とか嫌味を言っている場面に出くわしたこともあります。

僕がアメリカに行っている間に「ビザ免除」になってからは、もう領事館はいつ行ってもガラガラでしたね。

元カミさんとグリーンカードの申請を出した時もガラガラでしたっけ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。