プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

「言葉狩り」と言うよりも、「雰囲気づくり」

原発周辺を「死の町」と言った出来たてホヤホヤの大臣が引責辞任だそうだ。まぁ、確かに言葉の使い方はとても大臣になれる人間のレベルではないが、政治家なんてこの程度のもんだろう。

「あれは英語のゴーストタウンを和訳したから」とか言う書き込みも見たけれど、多少翻訳をかじっている人間から言わせてもらえば、「Ghost Town」の和訳は「ゴーストタウン」であって「死の町」ではない。

政治家はことあるごとに「原発の被災者が一刻も早く帰宅できるように」とばかり言っているように思うけど、それを言うことが変な期待を生んで、移住をしようと言う気持ちも小さくなることを期待しているのだろうか?

僕は福島第一原発は廃炉が完了するまで半径20~50キロは居住を認めるべきではないと思う。

例え、どんなに放射能放出が抑えられたとして、現在の福島第1原発は「仮設構造建築物」のレベルでしかない。

仮に、むき出しの放射能の周りに崩れかけた建屋がある状態で「運転認可」が下りる原発などない。

もしも、通常の原発設計で対応される大規模地震、強大な台風、竜巻が今起こった時に安全と言えるのか?言えないだろう。そんな原発の周りに、なんで今更人を戻そうとするのか。

更に言えば、これまでにも膨大な量になり、さらに日々大量に発生しつつある放射能汚染廃棄物の中間貯蔵をどこにすればいいか、合理的に考えれば福島原発周辺区域だと思う。

このこともチョット口に出した途端、県知事(こいつも問題の一部)や住民の攻撃に合うから言いたくない姿勢がありあり。

福島市で放射能汚染を浴びている子供たちの事を考えれば、子供とその保護者は相当な範囲で移住させるべきなのに、何故に「帰宅許可」を急ぐのか?結局、「金」だろう。

子供たちをリスクと不安にさらしてまで、守らなければいけないのが東電や原発利権なのだろう。

ふざけた話だ。日本人の倫理観は石原都知事のまばたきよりも速いスピードでなくなりつつある。


話を変えよう。

昨日の夕食は低たんぱくダイエットにしてから初めてのてんぷらにしてみました。

110909_1810tendon


具材は
- 冷凍シーフード・ミックス(1/4袋、タンパク質4~5g、塩分0.3g程度?)
- 玉ねぎ、しし唐、シメジ、スライス椎茸
- 衣は「でんぷんホットケーキミックス」と「でんぷん薄力粉」と水を混ぜたもの
- つゆは低タンパク、塩分調整の「つゆの素」使用

タンパク質は10g程度かな?塩分は1.4g程度

かき揚げ風にするよりも、割り切って、細かに揚げた方がいい感じに揚がりますね。

ご飯パック1個半使いました。

メッチャ美味しかったぁ~(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント