プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通院日

今日は2か月に一度の通院日。

6月、8月の2回ともクレアチニン値が自己最高値を続けていたので、今回も「高止まり」なのか「記録更新」なのかビクビクしていました。

主な検査結果は以下の通り。

クレアチニン:1.53(1.63からダウン)H
尿素窒素:7(9からダウン)L
尿酸値:7.3(7.6からダウン)H

クレアチニンは腎機能低下による血中老廃物の量の代表的な指標。これを基に腎機能を推定すると、おおよそ正常腎臓の38%の機能。

年齢と共にこの数値も落ちていくのですが、年間1%にできるかどうかが透析に入るか入らないかのボーダーライン。15%を切ると透析を視野に入れます。

尿素窒素は、腎機能が低下するとタンパク質由来の尿素窒素が血中で増加し、尿毒症の症状を引き起こすことになります。普通の人は10くらいです。20を超えると注意が必要。僕は低すぎるぐらいの値。

普通は「栄養失調」が疑われる数字ですが、僕の場合その症状は出ていないようです。これは低たんぱくの食事療法が、だいたい狙った通りに実行できていると思っていいでしょう。

尿酸値も高くなると腎臓を傷めるので注意が必要ですが、ここの所、小康状態と言っていいでしょう。

2回続けて、あまりいい検査結果ではなかったので、今回、少しとはいえ数値が改善したのはうれしい知らせでした。

これからも、低タンパク食事療法を続けていこうと思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。