プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電さんの「落し物」の放射能はちゃんと持ち主に返しましょう

知られざる“都市濃縮”

NHKの「クローズアップ現代」、今日のテーマは都市圏で顕在化しつつある放射能汚染の集中化、濃縮化の問題。

千葉県のいくつかの市にある、ごみ処理施設では、焼却灰の高濃度放射能汚染により、処理できない焼却灰がたまり続けていて、いずれ、生活ごみの収集すらも危うくなるとの報告がされていた。

住民からの突き上げに対応する市の職員が気の毒に思えた。国は「どうすることもできないから自治体でやって」と言って、処理方法だけ示して、一切の支援は無し。

これらが既存の法律で想定されている「ゴミ」でないことは明らかであるにも関わらず、都合のいい理屈を展開する官僚と政治家。そうまでして東電(「とうでん」の変換第1候補が「盗電」になってた)を守りたいのか?そうまでして東電のもっている利権に群がりたいのか?

「放射能はお前の所から出たごみだ。放射能を取り出してくれさえすれば残りのゴミは処理してやる。それができないなら、全部お前の所に置かせろ」となぜ言えないのか?

NHKのキャスターも、ゲストの東大教授も、国や東電の責任には一切言及しなかった。

東大の教授(森口祐一)は「住民のコンセンサスを得ながら、長期的なアプローチをとることが大事」と言ったようなことを言っていたが、なんじゃ、そりゃ?!

自分たちが出したわけでもない放射能で、なんで住民たちが負担を負わなければならないのか?

焼却灰のドラム缶を一つ盗み出して東電の玄関前にぶちまけてやりたくなった。(やらないですよ。私はやりませんからね、そんなこと。エネルギー省からお金をもらってネットの検閲をやっている業者さん、私はそんな違法行為は絶対しませんからね。ヾ(@°▽°@)ノ)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。