プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天野享さんのコンサートに行ってきました。

kanngeikan090916


昨日の夜は荻窪の「かん芸館」で開かれた、テノール歌手の天野さんのコンサートに行ってきました。

クラシック音楽はギター関連以外、素人の僕にとって、食わず嫌いとはいえ、歌とピアノだけのサロン・コンサートのようなものは、何だか、「シロガネーゼ」と言われる有閑マダムの趣味的な響きがあったので、正直言って、少しばかり敷居の高さを感じていました。

でも、コンサートが始まると、そういう懸念は消えてなくなり、フランス語の歌詞の意味は分からないけれど、天野さんの体から発せられる音色が織りなす音楽模様となって、僕の耳に入ってきました。

時折、ギターの演奏も含めて、演奏の後に疲労感を感じるコンサートも経験したことがありますけど、天野さんのコンサートは疲れることなく、最後まで楽しむことができました。これは僕にとって新しい経験でした。

そして、コンサートの最後に天野さんから、9年間天野さんと一緒に過ごしてきた盲導犬のアンディが10月9日で隠退する、とのお知らせがありました。

別にお菓子や食べ物を与えたことは無いのですけど、アンディは僕を見るといつも尻尾を振って愛想良くしてくれました。

一度、天野さんとホルモン焼きのお店で飲んだ時ですけど、天野さんがトイレで席をはずすと、アンディがむっくりと起き上がり、顔を僕に向けて尻尾を降るのです。「あ、こいつ、これまでに、ご主人がいない時に、何か食べ物をあげる人がいたんだな」と思いました。アンディにホルモン焼きはあげなかったけど、何だかその仕草が、いじらしくって、今でもよく覚えています。

アンディ、長い間お疲れ様でした。幸せな隠退生活を送ってくださいね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。