プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

お正月に九州旅行~準備プロセス

あけましておめでとうございます。

昨日、九州への3泊4日の旅行から帰ってきました。

秋の早い段階で中学同窓会開催の知らせをもらった僕は、当初は同窓会の開かれる大分県佐伯市へ1泊2日でのとんぼ返りも考えました。

新幹線の予約が取れれば、多少きついスケジュールではあるけれど可能な日程です。

ただ、九州へ行くと会いたい人(向こうは会いたくないかもしれないが)がいるので、今回も北九州で1泊、福岡で1泊、計3泊4日の旅になりました。

腎臓が悪いことを知らなかった頃は、ギターを抱えて行ったり、それはもう、気ままな旅でしたけれど、食事療法を始めてからは、この「自炊のできない所に泊まる」と言う事が悩みの種になっています。

食事療法をしている人たちの中には低たんぱくの食材を持ち歩く人、旅の間は食事療法を中断する人、様々です。実際、2010年暮れに僕が福岡で4泊5日の旅をした際は、キッチン設備の付いた客室のあるホテルを利用しました。

今回は毎日違う所に泊まるので、そう言った選択はできませんでした。

知人宅にお世話になる時はパックご飯を温めたり、手製のパンやワッフルをトーストしてもらうことはできること。朝食が利用できるホテルでは、お願いすればパックご飯は暖めてもらえるであろうこと、などの前提と、パンやワッフルが、加熱せずにどの程度「食べられるのか」をテストする、事を考慮して荷物に入れる食材を選びました。

着替えなどは最小限にしましたけど、食材が結構かさばって重い荷物になる事になりました。キャリア・ケースに詰め込んで、後はメッセンジャー・バッグ一つと言ういでたちでしたが、さすがにギターが無いと楽だ。(笑)

いつもは旅行前日は遊んだりしないのですが、今回は大晦日という事で(それでも飲まなきゃいいのですが…)ちょっと飲み過ぎちゃって、当日朝は結構バタバタして、「あれはどこだどこだ…」とかなり焦ってました。(笑)

往きの新幹線は予約をしていたので、指定席で二日酔を冷ましつつ、お昼ご飯は低タンパクご飯パックと「ちらし寿司の素」で作ったお弁当を食べました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント