プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

住みづらい日本での、過ごしやすい1日

やっと気温が10℃を超えたようです。そして快晴だった朝。掛け布団のシーツを洗って、干してから税務署へ確定申告の提出。

いやぁ、3月4月は震災の影響もあってほとんど仕事にならなかったけど、昨年は記録定期低所得でした。そしてそれは今も続いているようで…

あの世へ持って行けないお金は生きているうちに使ってしまおう、と言うポリシーは悪くないけど、どこかで計算違いをした可能性があるようです。

まあ、明日死ぬかもしれないのだから、くよくよしても始まらない。本当にジリ貧になれば体も動くのだろう。(甘いか?)

最近はスチール弦のアコースティックギターでソロの曲をいくつか練習中。昔、多分4年ぐらい前まで弾いていた岸部眞明さんのナンバーをチョコチョコと練習中。

オーストラリアから帰国したYuta君とは彼が帰国してすぐに会ったのだけど、以前に増して日本脱出への思いが強くなっていた。それでいいと思う。自分の音楽を大事にすると、周りの環境との不整合が起こることはよくある。

ただ、その道はとても難しく、先が見えない。だから多くの人は何だかんだ理由をつけて環境のリズムに自分の意識を馴染ませていく。

僕もその一人である。

彼のギターは、まだ「余裕の無い」感じが残っているけど、思いが込められた演奏だと思う。僕ほどには彼の事を評価しない人が多いのは残念だけど、それも良くあることだから仕方ない。

しかし、僕からしたら音楽とも言えないような演奏や歌を歌っている人間が褒められたり、プロ、あるいはプロ級と称されるのを目にすると、Yuta君ではないが、もうこの国はダメじゃないか、とさえ思う。(言い過ぎか(笑)?)

「いやならとっととこの国を出ていて!」と言うのは、匿名の書き込み欄で目にする言葉だけど、そういう事をいうやつに限って、逃げる事すらできず、言い訳のように、日常に折り合いをつけているだけなのだろう。

そういう人がこの国では「大人」と呼ばれる。
スポンサーサイト

コメント

No title

私も、この国は色々と間違ってると思いますが、あまり血が流れないので気づきにくいんでしょう。

Re: No title

yamiさん、こんにちは。

何だか恥ずかしい所をお見せしたような気がしています。(-_-;)

> 私も、この国は色々と間違ってると思いますが、あまり血が流れないので気づきにくいんでしょう。

その「血を流さない」文化が良くもあり、悪くもあり、と言ったところなんでしょうかねぇ。
非公開コメント