プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

お金のある人は痛みを共有する覚悟を持ちなさい。

この国を救いたいと思うなら。

3月の初めの時点での大学4年生の内定率が80%程度とのこと。卒業生を対象にした合同面接会場の様子がニュースで流れていたけれど、学生の表情は、追い詰められている気持がそのまま出ていて、痛ましいほどだった。

自分の娘も、紙一重の差で、その場に行かずに済んだとはいえ、昨今の新卒者の離職率も高いようで、20代の若者を置き去りにしていく社会の現実が見えてくる。

面接会場に来ている学生は、確かに気が弱そうな表情を見せているけれど、どの子も優しそうな、まじめそうな、愛すべき人間であると思う。

大した仕事もせずに、ただ、単に役割上の機能を機械的に果たすだけで高給を取っている企業の幹部社員や天下りがいる一方で、こういう若者たちが辛い目に合うのを見ていると腹が立つ。

政府は「若者の雇用を伸ばさなければいけない」などと言う一方で、年金支払い年齢を上げるのに併せて、企業に定年の延長を押し付けている。そんなことするから余計若者が正規社員になる道が無くなることぐらい誰だってわかる。

消費税を10%まで上げたところで、腐りきったこの国の台所は改善しないと感じる。

働いてもいないのに、年金やら貯蓄やらで、旅行したり、デパートの物産展なんかに出歩いてる老人たちよ、働かないなら、それなりの質素な生活をすることを受入れたらどうかと思う。

今の年金制度がどれだけ国の財政を苦しくしているか、よく自覚すべきだと思う。

いっそ年金なんかなくしてしまって、その分、生活保障システムを充実させたらどうかと思う。

もう、悠々自適の老後なんか誰も期待してはいけない。

老人たちは、今、働くことが出来ずに苦しい生活を強いられている若い世代をよく見てみろ。お前たちが残した負の遺産は彼らの背中に重くのしかかっている。

企業は55歳定年にして、退職者は、若い世代と同じ労働市場で勝負してみれば、自分がどれだけ能力に見合わない給料をもらっていたか分かる奴も大勢いるだろう。

重ねて言うが、世代間格差や生活格差に目を向けずに、消費税10%でこれだけぎゃあぎゃあ騒いでいる社会に未来は無い。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント