プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同調しがたい人たち

僕は原発反対の立場です。

原発ネエルギーが経済発展のため、地球温暖化のために友好であることが例え真実であったとしても、原発の上に成り立つ繁栄は、特定のグループ、国家に偏り、いずれは「疲労破壊」する繁栄でしかないと思っています。

ただ、今の原発反対運動には、時折違和感を感じます。

「なぜ、うるさい音を出さないとデモにならないの?」

もとから余り心を開いていない相手に対して、好き嫌いのある音楽や、単なる繰り返しコールをして、相手が聴く耳をもとうとするわけがありません。

一度でいいから、静かな、参加者同士が言葉を交わし合う程度の音で、デモをやってみたらどうでしょう。そういうデモなら参加したいと思う人もいるのです。

「この暑い中、幼い子をデモに連れてくるなよ」

単純に考えて、子どもが可哀そうです。子供への思いやりの無さは、福島の被災者(いろんな意味で被害者と言える)への思いやりの無さにも通じるときがあります。


僕は自衛隊の存在にも反対します。それは最終的に、同じ人間である相手を殺して自分が助かる点に、どうもひっかる点があるからです。

しかし、日本は「攻められたら、相手を殺してでも防衛する」という選択肢を、国民が選挙で選んだ国会が決めているのです。これは原発にも言えることですけれど、結局、自分たちの意思がそこには反映されているのです。

その結果としての自衛隊の存在は受け入れざるをえません。そして彼らが災害の際に救助、復旧に果たした役割は、とてもとても大きかったと確信します。それには銃もミサイルも必要とされませんでしたけど。

先日のニュースで、自衛隊員が迷彩服を着て市街地を徒歩で歩く緊急事態のための演習が行われているシーンがありました。その隊員たちに向かって、自衛隊に反対する「平和活動家」でしょうか、罵声を浴びせていました。

嫌な感じです。自衛隊員も同じ人間で、意志や感情を持っていることを考えれば、最低限のマナーはあると思います。

そういう品位に欠けることをしているから、いつまでたっても自民党や公明党、民主党しか政治を動かせないのではないのでしょうか。


原発にも自衛隊にも賛成しないけど、反対するグループも、いろいろと問題行動の多い人がいるのも事実です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。