プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Can we all get along?

"Can we all get along?"

これはキング氏の言葉です。と言ってもみなさんご存知のマーチン・ルーサー・キングJr牧師でなく、ロドニー・キング氏の方ですが。彼のこの言葉が出されたロスアンゼルス暴動事件についてはこちらを

マーチンに比べるとロドニーは、それはそれはダメな男でしたけれど、彼だって恵まれない環境、差別のある社会、そして運命に弄ばれた被害者だったかもしれません。

さてさて、世の中は竹島だ尖閣列島だと騒いでいますね。

私はアメリカ人ですから、あまりとやかくは言いたくありません。が、ちょっとだけ。

地球で人間が依存する資源、土地、水、空気は無尽蔵ではなく、その蓄積量、あるいは再生サイクルは制限されています。

人間はそう言った地球の生態系の持つリズムと調和のとれた生活スタイルを取らなくてはいけないと思います。

その時、重要なことは「優位性を得るための資源獲得」よりも「切り捨てられる人を極力減らすための共有・共存」の意識だと思っています。

いくら、その周りや地下に資源が眠っているからといって、小さな島を巡って大騒ぎしているあいだにも、食料や薬がなくて死んでいく人、内乱や圧政で死んでいく人たちがこの世界のあちこちにいることを忘れてはいけないと思います。

自分がそのことを忘れないためにも、毎月、何らかの難民救済や子供たちのための寄付をしてみることをおすすめします。クレジット払いで1,000円ぐらいからできるものもあるはずです。

限り有る地球の資源を、先を争うように専有に走ることよりも、排他的な考えを改めて、できるだけ多くの「ハブノット」の人間が、人間らしい生活を送るために、どこまでの不便さを「ハブ」の人間側が受け入れ可能なのか考えてみて、資源の効率的共有の道を探した方がいいと思います。

このままいけば、いずれ世界的に食料も不足してくるでしょう。今のような排他的な姿勢が続くなら、それこそ戦争すら起こりかねません。それはとても安易で愚かしい選択だと思います。

Can we all get along? Can we?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。