プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民公開講座に行ってきた

昨日は、少し肌寒い午後でしたが、ツイッターで知った腎臓病がテーマの市民公開講座を聴きに、みなとみらいの「はまぎんホール ヴィアマーレ」まで出かけてきました。

「臓器提供・移植を考える神奈川の会」主催
市民公開楮2012(10月27日)
「腎臓の大切さを知ろう!~慢性腎臓病から腎移植まで」

臓器移植に関する情報提供・理解促進を目指しているグループが主体となっている関係上、腎不全保存期の治療や食事療法に関することよりも、腎臓病の原因、進行過程、透析・移植に関するトピックが主体でした。

ロビーには「低たんぱく食事療法」ではよくお世話になっている企業やNPO法人のコーナーもあり、少しですがサンプルも頂いてきました。

セミナーの前半は腎臓専門医による腎臓病に関する解説、その治療、透析、移植に関するデータの解説が主でした。

この中で、日本の透析はレベルが高く、透析導入2年後の生存率が欧米の70~80%に比べ、90%を超えることが紹介されました。しかし、これは、それぞれの国における透析の実態が大きく異なることから単純な比較は危険だと思います。

僕の知る限りでは、欧米では透析は移植をするまでの「中継ぎ」としての位置づけがあり、日本のように移植が極めて難しい(15年の待機年数はザラ)国に比べ、透析自体に重きが置かれていない状況があるのではないでしょうか。

そして、透析導入後、さまざまな合併症により、生存率は10年を超えるとかなり低くなってくること、腎移植をしたとしてもおおよそ10年で透析再導入が想定されることなどが興味を引いた点でした。

セミナーの後半は移植に関すること、臓器提供意思表示カードに関すること、医師・医学生・看護師によるオープントークが中心でした。

臓器提供意思表示に関しては、僕は保険証の裏に、その意思表示の欄があるので、ここに署名して持っていますが、この意思表示カード、一元的な登録者データ管理もなく、カードの形式もまちまち(保険証、免許証、異なるデザインのカードなど)です。

IMGP0730

配られたパンフレットにはインターネットで個人情報を登録するものもあるのですが、それが必須なわけでもなく、ネットで登録することのメリットもよく分かりません。

本人の臓器提供意思を確認する際に複数の意思表示カードが存在する場合も考えられます。これについて質問をしたところ、一つでも提供を拒否する意思表示がある場合、臓器提供は行われないそうです。

でも、もし臓器提供をしてしまったあとに、臓器提供を拒否するような本人のカードが見つかったりしたらどうするんでしょうね?

臓器提供は日本では余り行われていないのはよく知られていますが、これがこれから増えていくことは増えていくのでしょうけれど、そのスピードはそれほど早いものではないような気がします。

臓器売買とか臓器ツーリズムとか、嫌なイメージがまだまだ残っていることもその原因の一つなのでしょうか。

僕の体で死後、使えるところはぜひ使って欲しいと思っています。まぁ、腎臓は無理だけど・・・(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。