プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小心者

金曜日の夜、10時ごろに登録している翻訳会社の一つから電話があり、建築関連文書の和文英訳の仕事が入りました。納期に対して作業量はそれほど多くないのですが、この週末から来週にかけていくつか予定が入っていて、チョット厳しいスケジュールと思いました。

チェックではなく、和文英訳の翻訳依頼があると、いまだに冷や汗が出ます。果たして納期内に仕上げることができるかどうか、という不安より、1日12時間も翻訳作業をすることになったら、気持ちも体もおかしくなってしまうのではないかと言う、仕事に対する自信の無さが冷や汗の原因です。

そういう事情もあって、作業開始時点では、いつも追われるような気持で仕事に向かいます。金曜日の夜も、結局12時過ぎまで作業をしました。土曜日は午後から作業を開始したけど、何だか疲れを感じて、夜の9時までで切り上げました。

今日も午後からは「たまプラーザ」で娘とラーメン食べて、そのまま夕食の用意(唐揚げ)をしたのですけど、ノートPCを持って行って、空いた時間は翻訳をしていました。自分で揚げた唐揚げは食べられませんでしたけど、1週間か2週間に一度の豚骨ラーメンは美味しかったです。麺と具はスープを出来るだけ切って、別のお椀に移して食べるようにしているので、スープは殆ど飲まないのだけどね。

いつまでたっても、自分が翻訳をしていることに自信が持てないというか、「翻訳の様な仕事をしている」ぐらいの感覚しかありません。こんな程度なので、とてもまともに利益を出せる仕事にならないのが当然と言えば当然です。

あ~、書いててドンドン落ち込んできたよ…

今日までの進捗具合で、何とか納期に間に合わせることはできそうだけど、この原文の日本語、分かりにくくて、分かりにくくて。日本人の文章の書き方の癖なのか、書き手が素直な気持ちで書いていないのか、読んでいて「もっと、ハッキリと書かんかい!」と言いたくなります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。