プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メニュー開発中(でんぷん米)

主食を全て「でんぷん製品」にしてから2ヶ月ほどたちます。

炊飯器で炊くでんぷん米は、以前に比べると格段に食べやすくなりましたけど、やはり、麻婆茄子や丼ものにした方が食べやすいことには変わりありません。

これまで、旅行に行くときは「低たんぱく米」のパックを持参して、宿泊先で温めてもらうケースが多かったのですが、やはり、荷物が重くなったり不便を感じていました。

これからでんぷん米を中心に食事を考えていくとなると、このご飯パックも最小限に抑えたいと思います。

そして旅行が1週間を超えるとなると(実は今年九州旅行を考えています)、もう少し工夫をしたほうがいいのではと考え、最近、でんぷん米と何か手軽に入手可能な食材との組み合わせで簡単な朝食、及び昼食のメニューができないかと試行錯誤しています。

条件としては、宿泊先で電子レンジが利用できること、でんぷん米を使用すること、食材は軽量で入手しやすいもの。特殊食品のレトルトパックは使用しない。と言ったことです。

ホテル宿泊での朝食、あるいは昼食を想定し、おかずはコンビニで買える惣菜、食材を検討していますが、基本的に1日に1~2回は外食があることから、たんぱく質5g以下を目指します。

でんぷん米はご飯パックに比べ容量も重さも価格も有利です。

現在、採用が決まったのが、クノールカップスープ・シリーズの「完熟トマトまるごと一個分」。たんぱく質1.5g、塩分1g程度です。

耐熱容器にでんぷん米(使用量80~100g)の約1.5倍の水を先に入れ、カップスープの素を入れて混ぜます、この時にお好みでオリーブオイルを混ぜてもいいでしょう。

そこへでんぷん米を入れて、出来るだけ混ぜないで2~3時間、あるいは一晩置いておきます。

IMG_0967.jpg

電子レンジは500Wで3~5分。これはある程度、試行錯誤して、でんぷん米がかたまり過ぎないようにする工夫が必要です。

この時、ウィンナーやマーガリンを加えたり、コンビニで売っているようなお惣菜を少し混ぜることも出来るでしょう。今回私はウィンナー1本(たんぱく質2g、塩分0.2g)とマーガリンを入れ、トッピングは刻みパセリです。

image_20130721122127.jpg

出来栄えはというと、でんぷん米であることを忘れさせてくれるほどの美味しさでした。

これで、たんぱく質5g以下、塩分1.5g以下が十分達成されています。ウィンナーの代わりにパルメザン・チーズもいいでしょうね。ただ、ウィンナーやチーズは宿泊先に冷蔵庫があることが条件ですが。

このクノールカップスープのシリーズ、これから別のタイプのものも試していこうと思います。

image_20130721122128.jpg
スポンサーサイト

コメント

美味しそう♪

カップスープでご飯を炊く、なんて発想はありませんでしたけど、美味しそうですね。
それになんといってもおしゃれでいいなぁ。
トマト味だとトマトリゾット風って感じかな。
余裕のあるときにチャレンジしてみます(^-^*)

Re: 美味しそう♪

みっちさん、こちらまでお越しいただき恐縮です。

みっちさんに比べると、家族の世話も大してせず、2年前の震災以降は仕事も激減している私のような暇な人間だから、いろいろと試してみることができるのかもしれませんね。

お忙しい中、わざわざコメントまで頂いてありがとうございます。
どうぞ、お体お大事に、ご無理なさいませんように。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。